【土鍋の手入れ】焦げを落とす方法やカビの落とし方を紹介!


スポンサーリンク

土鍋のお手入れ

 

 

使用前のお手入れ

使い始める前に、米のとぎ汁を煮ましょう。

土鍋に空いている小さな穴がコーティングされた状態になります。

 

ひび割れ防止だけでなく、汚れや臭い防止に効果的です。

おかゆや小麦粉を溶いたものでも代用できます。

 

①土鍋にお米のとぎ汁を入れます。

 

②沸騰させます。

 

③土鍋が冷めたら、洗います。

 

使用後の洗い方

①中に残っている汚れを拭き取り、土鍋を冷まします。

 

②柔らかめのスポンジと食器用洗剤で洗います。

 

③水気を拭きます。

 

④土鍋内部の水分もしっかり乾くように、風通しの良いところで自然乾燥させます。

 

注意点

■傷つけない

クレンザーや金属たわしの使用は避けましょう。

傷から汚れが入ってしまったり、ひびの原因ともなります。

 

■汚れを残しておかない

汚れが残っていると、土鍋が吸収してしまいます。

臭いの原因になるので、食べ残しの放置などはしないように気をつけましょう。

 

■水分を残したまま収納しない

カビが発生しやすいので、しっかり乾燥させてから収納しましょう。

 

新聞紙にくるんで保管すると、新聞紙が土鍋の代わりに湿気を吸ってくれるのでおすすめです。

定期的に出して、風を通すことも大切です。

 

■急激な温度変化を避ける

土鍋は急な温度変化に弱いです。

必ず中火以下で火にかけましょう。

 

また、濡れたまま火にかけることや、使用後すぐに水をかけること、空焚きもひび割れの原因となります。

 

焦げを落とす方法

 


スポンサーリンク

 

お湯を使う

①土鍋がまだ温かいうちはお湯をはる。

お湯をはってしばらく置いておきます。

 

焦げがふやけてきたら、スポンジでこすりましょう。

 

②土鍋が冷めてしまっているときは水を入れる。

水を入れて火にかけ沸騰したら火を止め、そのまま冷めるまで待ちます。

最後にスポンジで焦げを落とします。

 

重曹を使う

重曹を使って焦げを落とす方法です。

 

■重曹でこする

土鍋をぬるま湯に浸したら、キッチンタオルなどに重曹をつけて、焦げを優しくこすります。

 

重曹の細かい粒子が、土鍋の小さな穴に入った焦げもかき出してくれます。

 

■重曹を入れて煮る

麺類やご飯、お肉、お魚など酸性の焦げに効果的です。

 

①重曹と水を入れて火にかけます。

 

②沸騰させたまま5分ほど煮ます。

 

③数時間そのままにしておきます。土鍋が冷めたらお湯を捨て、スポンジなどで焦げを落とします。

※一晩そのまま置いておくと、より焦げを落としやすくなります。

 

お酢やクエン酸を使う

お酢やクエン酸で焦げを落とす方法で、アルカリ性の焦げに効果があります。

アルカリ性の食べ物は、野菜やキノコ類、果物などです。

 

①焦げをスポンジなどでこすり、落とせる焦げは落とします。

 

②土鍋に水とお酢50cc位入れて沸騰させます。

 

③火を止め、数時間おいておきます。

 

④スポンジなどを使って、焦げをこすり落とします。

 

天日干しする

①焦げに日光が当たるようにして、1週間ほど日干しします。

 

②焦げがしっかり乾いたら、傷がつかないもので焦げをはがし取ります。

 

③焦げを落としたら、スポンジと食器用洗剤で洗います。

 

カビの落とし方

 


スポンサーリンク

 

カビの落とし方ですが、キッチンハイターの使用はやめましょう。

土鍋に空いている小さな穴にハイターが染み込んでしまい、使用時にハイターが内部から滲み出てくる可能性があります。

 

お酢を使う

①土鍋に水とお酢を大さじ3杯ずつ入れます。

 

②弱火で沸騰させます。

 

③そのまま15分くらい煮ます。

 

④火からおろし、お湯を捨てます。

 

⑤土鍋が冷めてからスポンジで洗います。

お酢以外に、レモン汁クエン酸でも代用できます。

 

カビの臭い取り

お茶茶殻を使います。

 

お茶もしくは水と茶殻を土鍋に入れて弱火で煮立たせます。

 

②10分くらい煮ます。

 

③その後、通常通りに洗います。

 

カビの落とし方と合わせて知っておくといいですね。

 

さいごに

 

 

土鍋のお手入れは、そう難しいものではありません。

 

土でできているので小さな穴が無数にあり、水分や汚れを吸収しやすいことを覚えておきましょう。

使用前にコーティングをしておく、温度の変化、水分や汚れを残さないなどに気をつけるといいですね。

 

お手入れについては、焦げを落とす方法や、カビの落とし方についても、体に影響のない重曹やお酢などの素材で落とすということも大事です。

 

また、湿気も吸収しやすいので保管方法にも気をつけましょう。

新聞紙にくるみ、湿気の少ない場所に保管するといいですね。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク