【ドライアイスの捨て方】処分方法や活用方法を紹介

スポンサーリンク

ドライアイスの危険性

 

ドライアイスは、アイスクリームを購入した時などに保冷剤として商品と一緒に入っています。

ケーキなどの保冷剤としても使われているため、目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

物を冷やすためには便利なものですが、使い方を間違えると大変危険なものでもあります。

ドライアイスの特徴をきちんと把握し、安全に使いましょう。

 

非常に冷たい

ドライアイスは-79℃で気体に変わる固体です。

この特徴が保冷剤として活用される要因です。

直接素手で触ると火傷します。

触る際は、軍手または保護手袋を使いましょう。

 

常温で体積が増加

固体から気体に変化する際に、体積が大きくなるという特徴があります。

 

ドライアイスを密閉容器に入れてしまうと、容器が破裂してしまう危険があります。

密閉容器に入れないようにしましょう。

 

二酸化炭素を放出する

ドライアイスは固体状態の二酸化炭素です。

狭い空間で、なおかつ換気が出来ない状態で気化すると、酸欠になる危険があります。

ドライアイスは外で扱うか、換気をきちんと行ったうえで行いましょう。

 

ドライアイスの処分方法

 

スポンサーリンク

 

ドライアイスを捨て方は2種類あります。

 

自然に気化させる

ドライアイスを放置しておけば、自然に気化します。

その際は、風通しの良い場所で行いましょう。

 

二酸化炭素が大量に発生した場合、酸欠状態になり、窒息してしまう危険性があります。

 

水に入れる

短時間でドライアイスを処分したい場合は、水に入れるという方法があります。

 

この方法の注意点は、水が非常に冷たくなっているので触らないようにすることです。

 

ドライアイスの活用方法

 

スポンサーリンク

 

蚊取り

ドライアイスの意外な活用方法として蚊取りがあります。

蚊は二酸化炭素に寄ってくる習性があります。

 

ドライアイスは二酸化炭素でできているため、置いておくと蚊が寄ってきます。

ドライアイスで蚊が凍ってしまうため、簡単に退治することが出来ます。

 

デザート作りに使用する

ドライアイス、好きなフルーツをクーラーボックスに入れ、そのまま4~5時間待ちます。

その後、フルーツを食べると、シュワシュワした食感を楽しむことができます。

この食感は二酸化炭素がフルーツに吸収されるために起こる現象です。

 

皮の固いフルーツは二酸化炭素が吸収されにくいのでオススメしません。

 

  • ブドウ
  • スイカ
  • メロン

などは食感を楽しむことができるのでオススメです。

 

科学実験に使う

子供がいる家庭では、理科の実験としてドライアイスを活用することができます。

 

■煙が発生

実験の方法はとても簡単です。

ドライアイスをコップに入れ、そのコップに水を入れるだけです。

 

そうすると、コップから煙のようなものが発生します。

子供にとってはとても楽しい実験です。

 

注意していただきたいのは、ドライアイスを直接触らないことと、換気をして行うということです。

 

■色の変わる液体

ドライアイスの他に、ウスベニアオイという花から作られた”マローブルーティー“というハーブティーを用意します。

このハーブティーを水に出して作った液体は、酸性、中性、アルカリ性で色が変化します。

 

ドライアイスはハーブティーの中で二酸化炭素を発生させて、液体を酸性にするので色が徐々に変化していきます。

アルカリ性にしたい時は、お豆腐を作るときに使用する”にがり“を使用しましょう。

 

この実験は、科学に興味を持つきっかけになるような面白い実験です。

小学校低学年は楽しむことができて、高学年は実験を通して勉強することもできます。

 

さいごに

 

ドライアイスは身近なものですが、扱い方を間違えると危険な一面もあります。

特徴をしっかりと理解した上でご活用ください。

 

また、ごみとして捨てる必要はなく、自然に気体になり見えなくなります。

処分方法活用方法も覚えておくと便利です。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク