【サンダルを履くとき】素足と靴下のどちらいいの?


スポンサーリンク

夏のオシャレと言えばサンダルですよね。

サンダルは素足で涼しげに履くものだという認識が強いですが、サンダルを履く際にも靴下を履く人が急増しております。

サンダルに靴下を合わせる方の中にはオシャレのためや、素足に抵抗があるなど理由は様々です。

今回はそんなサンダルを素足で履く・靴下を合わせて履くメリット、デメリットをご紹介します。

 

素足で履くメリットとデメリット

スポンサーリンク

サンダルは素足でも気軽に履けるのがいいです。

夏ならではのオシャレである可愛いペディキュアを見せることができることも大きなメリットです。

また、サンダルによっては靴下が似合わないものなど素足だからこそ楽しめるデザインもあります。

しかし暑い夏場は、素足で直接履いてしまうと必然的に汗で蒸れて臭いの原因になってしまいます。

さらにサンダルに黒っぽい汗染みができてしまうこともあります。

他にも、素足で直接履くと靴と足の間に摩擦が生じて靴擦れを起こしてしまうことがあります。

 

靴下を合わせて履くメリットとデメリット

靴下が汗を吸収してくれるため足の裏がべたべたして気持ち悪いということや、蒸れからくる足の臭いも防ぐことができます。

またお店などの室内では冷房が効いているため、直接冷気が足元に当たる事を防ぎ冷えを防止してくれます。

さらに友人のお宅を訪問する事になった場合も、裸足だと失礼にあたるため靴下を履いておくと安心です。

他にも靴下を履いておくことによって靴擦れを防ぐことができるなど、意外にも靴下をサンダルに合わせることはメリットが多いのです。

ではデメリットはと言うと、靴下をサンダルに合わせることに違和感のある人がいることです。

やはりサンダルと靴下をオシャレに合わせることは難易度が高いため、センスに自信がない方は要注意です。

 

サンダルに合う靴下とは?

スポンサーリンク

サンダル×靴下のコーディネートは数年前にプラダのファッションショーでも紹介され、オシャレの1つとして認識されています。

挑戦しやすいのは、シンプルな白のクルーソックスサンダルと靴下のトーンを統一させたコーディネートです。

また、シースルーの靴下はどんなサンダルにも合わせやすいのでオススメです。

最近ではサンダルの下に履く事を想定し作られている靴下もあります。

抗菌防臭5本指セパレーター

汗をかきやすい足裏や足の指をこっそりとカバーしてくれます。

指先がないため熱がこもりにくく、オープントゥのサンダルやパンプスにぴったりです。

■麻のかかとカバーソックス

こちらはサンダルに合わせるかかとカバーです。

ひび割れしがちな”かかと”を、乾燥や冷えから守ります。

表面は麻100%を使用し吸収力、通気性ともに抜群で、足首からかかとを包み込むようにフィットします。

■クッション付きレーストングタイプ

サンダルに合わせて履くトングタイプのパーツソックスです。

足底部分にクッションがついていて衝撃を吸収してくれるため、疲れやすいヒールスタイルにぴったりです。

繊細なレースをサンダルからチラ見せさせてもお洒落です。

 

■おわりに

サンダルを素足ではくメリットは

・気軽に履けて涼しげに見える

・ペディキュアを魅せることができる

デメリットは

・汗で蒸れて、臭いの原因やサンダルの汗染みの原因になる

・靴擦れになることがある

 

サンダルに靴下を合わせるメリットは

・靴下が汗を吸収してくれるので清潔

・足の冷えを防止してくれる

・人様の家へ上がるときでも失礼にならない

・靴擦れを防止してくれる

デメリットは

・”サンダルに靴下を合わせること”に理解のないがいる

・オシャレに履きこなすのが、人によっては難しい

サンダルは素足で履いても靴下を合わせてもそれぞれにメリットがあります。

自分なりの個性をだせる夏ならではの足元のオシャレをぜひ楽しんでみてください。

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク