【珪藻土のカビの取り方】バスマットやコースター、壁のカビの除去・対策方法を紹介


スポンサーリンク

 

「簡単なお手入れで長期間使える」と人気の珪藻土ですが、しばらく使用しているとカビが生えていたということがあります。

 

本記事では、珪藻土バスマットやコースター、壁のカビの除去方法や、カビ対策・お手入れ方法を紹介しています。

 

珪藻土にカビが生えたのはなぜ?

 

珪藻土は無数の細孔(極々小さなという穴)を持っており、湿気を吸い、また吐き出すといった吸放湿性能を持っています。

 

速乾性に優れた珪藻土なのでカビとは無縁のイメージですが、環境や手入れ方法によっては、珪藻土のもつ性質が上手く機能せずにカビが生えてしまうこともあります。

 

吸い取った湿気をしっかりと吐き出すことで衛生的に繰り返し使えるのですが、お風呂場や梅雨の時期など湿度が高く上手く湿気を放出できない状態が続くと、カビが生える原因となってしまいます。

 

最近の住宅は気密性が高いため、湿度の高い日本では湿気が溜まってカビが繁殖しやすい環境になっています。

 

ですので、油断するとあっという間にカビが生えてしまうこともあります。

 

珪藻土は普通のバスマットと違いお洗濯をすることはできませんし、珪藻土の細孔を塞いでしまうので石鹸などで洗うこともNGです。

 

そのため、どうしても汚れが蓄積しやすく、その汚れが原因でカビが生えることもあります。

 

珪藻土の中にはパルプを混ぜて割れにくいように加工してある製品もありますが、一般的なものと比べるとカビやすい傾向があります。

 

お手持ちの珪藻土の成分を確認してみましょう。

 


スポンサーリンク

 

カビの除去・対処方法

 

珪藻土の、すぐに乾いてサラサラになる使いやすさは、一度使ったらなかなか手放せません。

 

繰り返し使えるはずなのに、カビが生えてしまったらショックですよね。

 

カビが原因で処分するか悩んだときは、ぜひ下記の「カビの対処」を試してみてください。

 

カビキラー

 

 

珪藻土は漂白剤を使えるものが多く、「吹きかけるだけ」なのでカビが生えたときは、まず試していただきたい方法です。

 

カビキラーは次亜塩素ナトリウムや水酸化ナトリウム、界面活性剤などが主な成分となっています。

 

強力な殺菌作用と汚れを溶かして落とす力があるので、カビのお手入れには最適です。

 

◆手順

①カビが生えた部分にカビキラーを吹きかけます。

 

 

②数分放置しカビがなくなったら、流水で洗い流しましょう。

 

長時間水に浸すと珪藻土が脆く割れやすくなるので、時間をかけずサッと洗い流すのがポイントです。

 

製品によってはカビキラーを使用できない場合もあるので、必ず確認をしてから行いましょう。

 

カビ取りスプレー

 

 

珪藻土にカビが生えてしまった時は、カビに特化したカビ取りスプレーもオススメです。

 

成分はカビキラーなどとと変わりませんが、濃度が2倍~と高く、効果も強力です。

 

徹底的にカビを除去したいという方は、カビキラーよりも業務用のカビ取り剤がオススメです。

 

製品によって長所・短所があり、取扱いの注意点も異なるので、目的や用途にあったカビ取り剤を選びましょう。

 

サンドペーパー

 

 

珪藻土のお手入れには、薬品(カビ取り剤など)を使う以外にも、サンドペーパーで削り落とす方法もあります。

 

◆消毒

消毒用のアルコールスプレーでカビ菌を殺菌します。

 

市販されている除菌スプレーではアルコール濃度が低くカビには効かないこともあります。

 

ですので、濃度が80%に希釈されている消毒用エタノールでカビをやっつけましょう。

 

消毒用のエタノールスプレーは自宅でも簡単に作ることができ、防カビにも絶大な効果を発揮するので、カビにお悩みの方には特にオススメです。

 

消毒用エタノールスプレーの作り方は、無水エタノール80ml精製水20mlを混ぜるだけです。

 

 

無水エタノールはアルコール濃度が非常に高いです。

 

そのため、ガラス瓶かポリエチレン、ポリプロペンを使用した容器でないと容器が溶けてしまうので注意が必要です。

 

 

水道水でも可能ですが、劣化を早めないためにも不純物を取り除いている精製水がオススメです。

 

◆削る

消毒用エタノールスプレーでカビを退治した後は、カビが生えた部分をサンドペーパーで削っていきます。

 

削る際カビ菌を吸い込むのを防ぐために風通しの良い所で行い、必ずマスクゴム手袋を着用しましょう。

 

珪藻土にオススメのサンドペーパーは300~400番です。

 

 

100均でも販売されているので、簡単に手に入れることができます。

 

カビが生えている所を削り取った後は、乾拭きで仕上げます。

 

水拭きをしてしまうとせっかく削った粉が細孔に詰まり、カビの原因となってしまうので注意しましょう。

 

カビ対策と手入れ

 

カビはアレルギーや喘息、肺炎などの原因になるリスクもあるので、できる限り生える前に先手を打ちたいところです。

 

珪藻土はもともと速乾性に優れているので、少し工夫するだけでカビの発生をぐっと押さえることができます。

 

バスマット

 

出典:くらべルート 珪藻土バスマット

 

家の中で最も湿度が高くなる場所といえばお風呂場ですよね。

 

そのため湿気を吸い込んでカラっと快適に使用できる珪藻土はぴったりです。

 

サラッとした使用感が人気の珪藻土バスマットですが、お手入れをサボると知らぬ間にカビが生えていたなんてことになりかねません。

 

また、皮脂などの汚れも溜まりやすく、ガビの発育を促進してしまうので定期的なメンテナンスも必要です。

 

バスマットのカビ対策としては、使用後はタオルで水気を拭き取り必ず立てかけるようにし、裏表両面から湿気の発散を促します。

 

また、月に1回は風通しの良い所で陰干しを行い、中に溜まった湿気をリセットします。

 

直射日光に当てると珪藻土が反って割れてしまうので、必ず日陰で干すよう注意をしましょう。

 

【陰干し・天日干しとは?】それぞれの効果とやり方を紹介

 

 

カビの栄養となる皮脂汚れは、サンドペーパーで軽く削るだけで綺麗に取れます。

 

汚れが溜まって吸水力が落ちてきたなと感じたら、定期的にお手入れをしましょう。

 

 

コースター

 

出典:サチ…あれ♪ ~北欧インテリア~

 

珪藻土を使ったアイテムの中でも特に人気なのがコースターです。

 

夏場は特に、グラスについた水滴をしっかりと吸収してくれ、テーブルを汚さないのでとっても快適に使えます。

 

一方で、ジュースやお酒など 飲み物や食事の際の食べこぼしで汚れやすく、吸収する水分量も多いので、気がつくと裏面にカビが生えていることもあります。

 

コースターのカビ対策としては、使用後は風通しの良いところに立てかけ湿気を溜めないことが大切です。

 

特にテーブルとの接地面である裏面に湿気が溜まりやすいので、しっかりと乾燥させるようにしましょう。

 

キッチンや食卓周りは、油汚れも多く洗剤を使って綺麗にしたくなりますが、洗剤や石鹸は目詰まりの原因となり、吸水しなくなってしまうので使用厳禁です。

 

汚れた場合は固く絞ったふきんで拭くか、サッと洗い流してしっかり乾かすようにしましょう。

 

 

 

調湿機能のある珪藻土は、昔から建材として多く用いられ、呼吸する壁として人気を集めています。

 

最近では手軽にDIYできる壁材も売っており、湿気の多い日本では重宝される素材です。

 

しかし、最近の高気密の住宅では吸収した湿度を吐き出すことが難しくなり、壁一面にカビが生えてしまったということもあります。

 

珪藻土を使った壁のカビ対策は、第一に換気することです。

 

窓を開け、定期的に空気の入れ替えて家の中の湿度を下げ、吸い込んだ湿気を吐き出せるようにします。

 

換気できない場合は、除湿器の使用も検討してみてください。

 

換気が難しい冬や、湿気の多い時期に重宝します。

 

 

ホコリはカビの栄養となるので、はたきや掃除機などで、定期的に掃除をすることも防カビにつながります。

 


スポンサーリンク

 

まとめ

 

◆カビの除去方法

・カビキラーを使う

・カビ取り剤を使う

・アルコールで殺菌した後にサンドペーパーで削る

 

◆カビの対策方法

・バスマットは使用後に水気を拭き取り、風通しの良い場所に立てかけておく

・コースターは使用後に風通しの良い場所に立てかけておく

・換気や除湿器の使用によって湿度を下げる

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク