【タオルのカビの落とし方】カビの取り方や臭いの落とし方、カビる原因など


スポンサーリンク

 

タオルを使っていると、いつの間にか黒やピンク色のポツポツができていた…

 

という経験をしたことがあります。

 

まめに洗濯しているのにどうして!とびっくりしたことも。

 

実は、ポツポツの正体は「カビ」が繁殖した結果です。

 

どうしてカビは発生するのでしょうか?

 

そもそも、カビが発生するためには、温度や湿度、栄養分などの条件が揃う必要があります。

 

お風呂場などにカビが発生しやすい理由は、温度と湿度が高いからです。

 

空気中には無数のカビ菌が浮遊していますので、菌が付着し、好条件であればどんどん増殖を繰り返していきます。

 

本記事では、タオルのカビに関する情報を紹介しています。

 

カビるのはなぜ?

水分を含んだタオルで洗濯槽に入れてしまう

使用したタオルをそのまま洗濯槽に入れると、カビやすくなります。

 

皮脂汚れがついたタオルは細菌が繁殖し、洗濯槽に無造作に入れられた状態は湿気が溜まります。

 

他の洗濯物なども入れられている場合、濡れたバスタオルの水分が他の衣類にもうつってしまうことで、さらにカビやすくなります。

 

洗濯槽にカビが生えている

洗濯槽にカビが生えた状態で洗濯すると、洗濯時の振動によって、洗っている最中にカビがはがれ落ちて衣類に付着する危険性があります。

 

汚れを落とすはずの洗濯機が汚れていては、やはり洗濯物もキレイにすることはできません。

 

洗い上がった洗濯をしばらく放置する

仕事や家事に忙しい方は、洗い上がった洗濯をすぐに洗濯槽から取り出せない場合もありますよね。

 

しかし、水分を多く含んだ衣類をそのままにしておけば、カビにとって最高の繁殖場所になってしまいます。

 

また、シワをつくる原因にもなるので、早めに取り出してあげましょう。

 

乾燥機能がついている洗濯機であれば、乾燥機も同時に利用するのも一つの手です。

 

生乾きの状態だった

長い間雨が続いた場合や、洗濯物の干す時間が短い場合は、生乾きで洗濯物を畳むことがあるかもしれません。

 

生乾きの状態で保管していると、適度な湿度と水分量でカビや細菌が繁殖しやすい状態ですので注意しましょう。

 

カビ取りに有効な洗剤の種類は?

カビ取り方法を説明する前に、カビ取りに有効とされる洗剤についてお話したいと思います。

 

衣類に使用するカビ取り洗剤としては、酸素系漂白剤と塩素系漂白剤があります。

 

汚れを落とす原理は同じであるものの、実は漂白力が違います。順番にご説明していきます。

 

◆塩素系漂白剤

塩素系漂白剤は強い漂白力と殺菌力で、カビや汚れを取り除きます。

 

台所やお風呂場などのカビ取りにも使われることもあります。

 

強い漂白力が強みである一方、染料なども同時に分解してしまうので、色柄物の衣類には使用ができません。

 

独特のツーンとした臭いもありますので、苦手な方もいるでしょうか。

 

使用時には「部屋を換気しながら使用する」などの使用条件も設定されている場合が多いです。

 

また、塩素系漂白剤は酸性の洗剤と混ぜると有毒ガスが発生して大変危険です。

 

取り扱いが難しいので、基本的には複数の洗剤と組み合わせずに単品で使う、と覚えておきましょう。

 

◆酸素系漂白剤

酸素系漂白剤は適度な漂白力で、カビや汚れを取り除きます。

 

色柄物の染料を分解することはないので、柄物の衣類にも使用できます。

 

また、臭いがないこともメリットと言えます。

 

塩素系と比べると漂白力は落ちますが、衣服やタオルの繊維にダメージを与えないので、安全なイメージがありますね。

 

色柄物は酸素系漂白剤、ワイシャツなどの白い衣服や、白タオルは塩素系と使い分けると良いでしょう。

 

いずれの漂白剤を使用する際も手袋を着用することを忘れずに。

 


スポンサーリンク

 

カビの落とし方

 

一度、タオルに発生してしまったカビを取るのは難しい…と諦めてしまっていませんか?

 

生えたカビの状態がそれほど酷くなければ、下記の方法で落とせることがあります。

 

さっそく試してみましょう。

 

カビを取る方法

カビを取る方法は漂白剤などの洗剤を使用する方法以外に、その他煮沸する方法などがあります。

 

◆漂白剤で落とす(酸素系漂白剤)

酸素系漂白剤を使って落とす方法があります。

 

ワイドハイターなどが当てはまります。

 

40~50℃のお湯に酸素系漂白剤を入れて1時間ほど漬け置きします。

 

その後、通常の洗濯を行って、天日干しすれば完了です。

 

ちなみに水で漬け置きしても、正しい効果は出ません。

 

なぜなら、一番活性化する温度が約40度とされているからです。

 

使用分量は各メーカーの使用注意事項を十分に確認してから、入れて下さいね。

 

◆漂白剤で落とす(塩素系漂白剤)

塩素系漂白剤を使って落とす方法もあり、酸素系漂白剤と手順は同じです。

 

例を挙げれば、ハイターやキッチンハイター、塩素系を利用した商品であればカビキラーなどが当てはまります。

 

塩素系漂白剤は、台所やお風呂場などのカビ取りにも使われることが多いです。

 

衣類に使用すると、染料を分解してしまうので、色柄物の衣服には不向きです。

 

真っ白なタオルや白いワイシャツなど、色柄がついていない衣類には効果的でしょう。

 

また、他の洗剤と掛け合わせできないなどの制限もあるので、しっかり注意書きを確認するようにしましょう。

 

◆煮沸する

多少のカビであれば、お湯で煮沸する方法で取れることもあります。

 

沸騰したお湯に20分程度入れて煮沸するだけです。

 

ただ、カビが多く繁殖している場合だと通常の煮沸では取り切れない場合もあります。

 

その場合は、酸素系漂白剤や粉洗剤を合わせて使うと効果的です。

 

大きめの鍋に、水1リットルに対して、酸素系漂白剤と粉洗剤小さじ1ずつを入れて20分程度煮ます。

 

お湯が茶色くなっていれば、汚れが取れた証拠です。

 

そのあとは洗濯機ですすぎ、脱水をかけて天日干しすれば、作業完了です。

 

 

カビ臭いタオルの対処法

何度洗ってもタオルがカビ臭いままのことがあります。

 

原因は、タオル中に菌が増殖したり、増殖した菌の糞が残ることで臭いを発生させているからだと言われています。

 

糞だなんて聞くと、ますます早く臭いを取り除きたくなってきますね。

 

タオルの臭いを取る対処法を見ていきましょう。

 

◆レンジで温める

水に浸して絞って、1~2分電子レンジで温める方法もあります。

 

電子レンジの熱は大変高温になるので、手軽に殺菌可能です。

 

ただし、使用できるタオルは、化学繊維が混ざっていない綿100%素材に限ります。

 

また、殺菌中は電子レンジから離れないようにしましょう。

 

◆鍋で煮洗い

大きめの鍋に水を入れて沸騰させたところに、タオルを入れてグツグツ煮るだけです。

 

20~30分程度で問題ないでしょう。煮終わったら、トングなどを使って取り出し、水でこすり洗いします。

 

お湯に水を足してその中で洗う方法でも構いません。

 

その場合は火傷しないように湯加減に気を付けて下さい。

 

お湯に重曹や洗濯用洗剤を足しても殺菌力がアップしますよ。

 

こすり洗いが済んだら、しっかり水気を絞って天日干ししましょう。

 

◆酸素系漂白剤を使って煮沸する

酸素系漂白剤を使うと効果的です。

 

液体タイプよりも粉末タイプの方が漂白力は高いので、粉末タイプを使用すると良いでしょう。

 

大きめの鍋に、水1リットルに対して、酸素系漂白剤と、場合により洗濯用粉洗剤を小さじ1ずつ入れて20分程度煮ます。

 

そのあとは洗濯機ですすぎ、脱水をかけて天日干しすれば作業完了です。

 


スポンサーリンク

 

カビの防止策

 

一度できてしまったカビを取るのは、とても手間になります。

 

できれば、最初からカビの防止対策を知って、実践しておきたいものです。

 

防止策について、見ていきましょう。

 

使用済みのタオルは、乾かしてから洗濯機にいれる

濡れたタオルをそのままに洗濯機に入れると、水分を保った状態が持続しますし、洗濯槽へカビ菌がうつったり、逆に洗濯槽のカビ菌がタオルや衣類にうつる可能性が高いです。

 

市販のタオル掛けハンガーなどで乾燥させて、洗濯する前に入れると良いでしょう。

 

洗濯機の蓋部分にタオルをかけておいたり、お部屋のどこかに乾燥させるスペースがあればそこへ干す方法でも構いません。

 

生乾きにしない

洗濯物を生乾きにしないことで、カビの付着や繁殖を防げます。

 

うまく乾かせない場合は、乾燥機や除湿器を使用して、しっかり乾すようにしましょう。

 

洗濯槽の掃除をする

洗う道具である洗濯槽をキレイにしておくことで、洗濯物の仕上がりも変わってきます。

 

洗濯槽は1~2か月に1度掃除することで、カビや雑菌の繁殖を防げますよ。

 

工程が多くて面倒に思うかもしれませんが、日頃の洗濯を気持ちよく行うためにも知っておくと便利です。

 

説明が少し長くなりますが、手順を記載します。

 

①洗濯槽いっぱいにぬるま湯を入れる

ぬるま湯はお風呂のお湯焚き機能を使って用意したり、水と沸騰させたお湯を半量ずつ入れるという方法があります。

 

効果は少し落ちますが、水でも代用可能です。

 

②酸素系漂白剤をぬるま湯に溶かす

粉末であれば500g~1000g、液体であれば500ml~1000mlを溶かしておくましょう。

 

水10リットルに対して、漂白剤は100gの割合です。

 

酸素系漂白剤がない場合は、重曹でも構いません。

 

重曹は食品などにも利用されており、身近で馴染みがあるものです。

 

健康面を気にされる方でしたら、重曹を利用されると良いでしょう。

 

③洗濯コースで回す

水を流さない洗濯コースで攪拌しましょう。

 

洗濯槽がとても汚れている場合は、大量の泡が発生することがあります。

 

泡が溢れそうになった時は、一旦洗濯をストップしましょう。

 

洗面器などで、浮き上がったゴミを取り除きながら、水の量を減らすようにして下さい。

 

④一晩置いておく

 

⑥浮いているゴミを取り除き、洗濯コースで回す

一晩置いて浮いたゴミや汚れをそのまま捨ててしまうと、排水管やパイプが詰まる原因になってしまいます。

 

必ず取り除いてから、最後に水を捨ててしましょう。

 

⑦水をためて、すすぎ洗い

水をためてすすぎ洗いをしましょう。

 

汚れが追加で出てくる時は、何度かすすぎ洗いを繰り返して下さい。

 

効果を高めるために塩素系漂白剤を使用した場合、残った漂白剤の影響で、衣類が色落ちする可能性があります。

 

同様に何度かすすぎ洗いをして、しっかり漂白剤を落としましょう。

 

洗濯機によっては、全自動お掃除機能付きの洗濯機もあります。

 

その場合は元々の機能を利用して洗濯槽のお掃除をすれば簡単です。

 

メーカーによって、掃除機能の性能も異なってきますので、各メーカーの説明書などを確認して下さいね。

 

塩素系洗濯槽クリーナーを使用して洗浄

各メーカーで販売されている専用の塩素系洗濯槽クリーナーを使用すると、とても簡単に洗濯槽を掃除できます。

 

また、殺菌力・分解力が高い塩素系ならば、半年に1回の掃除でも問題ありません。

 

詳しい使用方法は各メーカーによりますが、簡単に手順をご説明します。

 

①洗濯槽に50℃前後のお湯を満量ためる

 

②洗濯槽クリーナーを適量入れる

量などの詳細については、商品パッケージ裏面の記載事項を参考にして下さい。

 

槽洗浄がある場合はそのモードで、ない場合は洗い~脱水を選択し、回して完了

 

塩素系洗濯槽クリーナーはドラム式洗濯機に使えない場合もありますが、ジョンソン株式会社が製造している「洗たく槽カビキラー(塩素系)」ならドラム式にも使用ができますよ。

 

説明書きをしっかり読んで使用して、効果を実感しましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク