【お茶のカビ】カビの原因や種類、対処法、見分け方などを紹介!


スポンサーリンク

 

日本人といえばお茶が大好きなので、なくてはならない存在ですね。

 

急須で入れたお茶を食後に飲んだり、外出先ではペットボトルのお茶を飲む機会も多いと思います。

 

少量のお茶であれば飲み切れますが、2Lペットボトルのお茶は早々飲み切れるものではありません。

 

開封後何日か経過したお茶を飲もうとしたら、苔の様な浮遊物があった…

 

という方は私の周りにも多く居ました。

 

本記事では、お茶のカビに関する情報を紹介しています。

 

お茶のカビ

カビる原因

「宵越しのお茶は飲んではいけない」という言い伝えがあるのをご存知でしょうか?

 

お茶と言えば、殺菌作用を持つカテキンを含む分、腐りにくいと思われがちです。

 

しかし、実は、茶葉には細菌やカビが大好きなタンパク質を多く含むため、腐りやすいのです。

 

そのため、体に有害な菌を発生する危険があり、時間が経ったお茶は飲まない方が良い、とされているのです。

 

でも、ペットボトルに入ったお茶は殺菌・密閉処理された状態で私たちの手元に届きますよね?

 

そんなに衛生管理に気を配っているのにも関わらず、カビが発生するのはなぜでしょうか?

 

◆ペットボトルを直飲みする

500mlサイズだと直飲みする方が多いと思います。

 

2Lペットボトルはどうでしょうか?

 

いずれにしても、直飲みすると口の中の雑菌がお茶に移り、時間の経過とともに急速に菌が増殖します。

 

それが要因となり、カビが生えてしまう場合もあります。

 

◆開封後に冷蔵保管しない

夏場の暑い時期以外だと、開封後は常温放置してしまう方もいるかもしれませんが、それは大変危険です。

 

しっかり滅菌されたペットボトル内も、一度開封すると空気の通り道ができて、細菌が入り込みやすいのです。

 

25℃前後など私達が心地よく過ごせる常温は、カビにとっても過ごしやすい環境なため、一気に増殖します。

 

カビの見分け方

 

お茶にカビが生えた場合、どんな状態になるのか?

 

常温保管してしまった場合などは、飲む前に見分け方を知って、確認すると良いでしょう。

 

◆見た目

実際経験した方は分かるかもしれませんが、お茶にカビが生えると白いまりもの様なふわふわした物体が浮遊しています。

 

また、容器底に茶葉と思われる以外の、苔の様な沈殿物がある場合は要注意です。

 

カビの一部がお茶の中で崩れて沈殿した可能性が考えられます。

 

◆臭い

お茶が腐ってカビが生え始めると、酸っぱい臭いがしたり、カビ臭さを感じる場合があります。

 

腐り始めだと酸臭がする場合が多いようなので、一つの目安にすると良いでしょう。

 

◆とろみがある

お茶が濁って、もったりととろみがあるような状態は危険です。

 

細菌が増殖することで通常の状態と違っている証拠なので、すみやかに捨てましょう。

 

カビの種類

 

カビの種類によって色に違いがある場合があります。

 

カビは何万種と存在しますが、カビの専門家でない限り、一目で見てもカビの特性は知り得ません。

 

こんな色のカビが生えることがあるのか、と頭の隅に入れておいて下さいね。

 

白いカビ

お茶にまりもの様な白いぷかぷかしたカビが生えることがあります。

 

底部分にもまりもや、苔の様なものが沈殿している場合も、カビを疑う要素になります。

 

黒いカビ

白いカビ同様に、まりもの様な黒いぷかぷかしたカビが生える可能性があります。

 

烏龍茶などお茶の種類によっては見づらい場合があるので、臭いも同時に確認してみて下さい。

 

 

カビても飲んでもいい?

 

カビてしまったお茶は、気づいた時点で飲まないようにしましょう。

 

ペットボトルのお茶であれば、工場で充填時に滅菌されているため、万が一飲んでも軽い腹痛で済む場合が多いでしょう。

 

また、多くの場合、市販のお茶にはビタミンCなどが添加されて、日持ち効果が期待できます。

 

しかし、ご家庭で急須を使って入れたお茶などは、自然乾燥した茶葉をそのまま利用した方法なので、その分菌も増殖しやくなります。

 

小さい子供や高齢者など免疫力が低い人が飲んだ場合、胃痛や消化不良を招くこともあります。

 

飲まずに捨ててしまいましょう。

 

 

カビ臭いのは大丈夫?

 

お茶からカビ臭さを感じる場合は要注意です。

 

変化が目に見えない状態であっても、カビ菌が急激に増殖したことで臭いを発生させているので、おそらく飲める状態ではありません。

 

腐敗したお茶を飲んでしまったとしたら、チャイを彷彿とさせる様なスパイシーな味がしたり、酸っぱい味がします。

 

おかしいと感じたら、すぐに吐き出して下さい。

 

吐き出した後に、殺菌効果がある牛乳やヨーグルト、大葉やニンニクなどを摂取して、体内を洗浄しましょう。

 


スポンサーリンク

 

カビの対処方法

 

実際にカビたお茶を発見したら、どうすればいいか分からないこともありますよね。

 

対処方法をいくつか挙げてみました。

 

カビたお茶はすぐに捨てる

お茶は液体なので、カビは浮遊しながら移動してお茶全体を巡っています。

 

残念ですが、食品のように一部を取り除いて…という応急処置もできませんので、捨ててしまいましょう。

 

お茶が入った容器は滅菌処理を!

お茶が入っていたペットボトルやガラス容器を使いまわす場合は、必ず滅菌処理を行いましょう。

 

ペットボトルであれば、熱湯処理で溶ける危険性もあるので、捨ててしまうのが得策です。

 

ガラス容器は耐熱性のものであれば、熱湯を入れた後に洗浄したり、キッチンハイターでも対策になります。

 

キッチンハイターだと手荒れしてしまうという方は、厚手のゴム手袋やマスクを着用したり、市販のアルコールスプレーに変えても良いでしょう。

 


スポンサーリンク

 

カビの防止方法

 

お茶をカビさせないためにはどうすればいいでしょうか?

 

手軽な対策を実施しておくことで、捨てずに最後まで飲み切れます。

 

直飲みではなく、コップに移して飲む

私達の腔内には多数の雑菌が存在します。

 

一旦開封したら空気が入り込み、直飲みすることで雑菌がどんどんお茶の中に入っていきます。

 

直飲みしたペットボトルであれば、いつまでに飲み切ればいいのでしょう?

 

気温や保管状況によっても異なりますが、一般的には、開封後24時間以内に飲み切ると良いとされています。

 

「目に見えないだけで恐ろしい数の菌が発生している」とテレビの特番で知って以降、私自身は直飲みを避けるようにしています。

 

直接口をつけずにコップなどに移すことで、大幅に菌の増殖を遅らせることができるでしょう。

 

開封後は冷蔵保管する

またすぐに飲みから…と常温で置きっぱなしにしていれば、カビにとって好都合な環境を提供しているようなものです。

 

ペットボトルのパッケージにも記載があると思いますが、開封後は冷蔵保管することで、長持ちさせることができます。

 

お茶は開封したてが香りも味も一番良い状態です。

 

お茶の美味しい風味を楽しむためにも、なるべく早めに飲み切ることを心掛けましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク