【シイタケのカビ】カビ臭いけど食べられる?対処法や見分け方などを紹介!


スポンサーリンク

 

一年中手に入れることのできるシイタケは、調理方法も多くおつまみやおかずにも最適な食材ですよね。

 

また、食感も良いので人気があります。

 

そんなシイタケですが、保存しておいたものからカビが生えているという事をよく耳にします。

 

腐りにくいイメージがあるシイタケですが、本当にカビが生えてしまうのでしょうか。

 

本記事では、シイタケのカビに関する情報を紹介しています。

 

シイタケのカビ

カビる原因

◆湿気のある場所で保存している

カビの菌は湿気がある場所に集まってきます。

 

そこから繁殖などを繰り返してカビになります。

 

シイタケを湿気の多い場所で保存すると、1週間も持たないうちにカビが生えることもあるので注意が必要です。

 

意外と思われるかもしれませんが、シイタケはほかの野菜に比べても非常に湿気に弱いです。

 

湿気の多い場所を避けて保存するように気をつけましょう。

 

◆カビの生えたシイタケと同じ場所で保存している

シイタケにカビが生えている場合、他の健康なシイタケと同じ場所で保存するのは危険です。

 

カビは移るので、せっかく健康なシイタケにも保存場所が同じであればカビが移ってしまい、最悪の場合全滅してしまいます。

 

少しでもカビの生えているシイタケを見つけたら、すぐに別の場所に移すようにしましょう。

 

カビの見分け方

◆白いふわふわしたもの

白いふわふわしたものは、他の食材であればカビであることが多いのですが、シイタケの場合はカビではなく、気中菌糸と呼ばれるものです。

 

冷蔵庫などで保存しているとよく見られるのですが、シイタケの中の水分を栄養にして菌糸が伸びてくる現象から起こるものであると考えられます。

 

害もありませんし、風味や食感もそのままであることが多いので安心して食べることができます。

 

◆青緑色のもの

シイタケに青緑色のものがついている場合、これは完全にカビになるので注意してください。湿気の多い場所に保存していると、このような色のカビが生えることがあります。気中菌糸はふわふわとした見た目ですが、カビの場合は粉っぽいことが特徴なので、見分け方は簡単にできるかと思います。茶色の傘の部分に付着していることが多いです。

 

◆傘の裏が黒く変色している

シイタケの傘の裏側は、通常綺麗な白色をしています。

 

しかし、黒っぽくなっていたり、茶色く変色していたり傘の色が通常と異なる場合、カビではないのか心配になりますよね。

 

結果的にはカビではないのですが、鮮度や風味が落ちている証拠になります。

 

やや茶色くなってきている程度であれば、早めに食べ切りましょう。

 

全体的に茶色く変色していたり、黒くなっているのであれば腐っている可能性もあります。

 

カビの種類

◆白いカビ

シイタケにみられる白いカビは、実はカビではなく気中菌糸であることがほとんどだと言われています。

 

そのため体に害はなく食べても問題ないです。

 

気中菌糸はふわふわとした綿のような見た目で真っ白な色をしています。

 

シイタケの傘の部分に付着していることが多いです。

 

白いものが粉っぽい場合や、青緑色っぽくなっている場合はカビになるので注意しましょう。

 

◆黒いカビ

シイタケに見られる黒いものは、カビではなく変色している可能性が高いです。

 

黒色にまで変色してしまっていると腐っている可能性が高いです。

 

これは、カビと同じくらい危険な状態であると言えます。

 

シイタケが黒くなってきていると、異臭などの症状も出てきますのでチェックしてみましょう。

 

◆青いカビ

シイタケに生えるカビで一番多く見られるのが、この青カビになります。

 

見た目は粉っぽく、青ではなく緑のカビが生えることもあるのが特徴です。

 

この青カビを口にしてしまうと、お腹を下したり、気分が悪くなったりすることもあるので見つけたら処分するようにしましょう。

 

カビても食べられる?

白いふわふわしたものは気中菌糸であるため、身体に害もありませんし風味や食感が落ちることもないので食べることができます。

 

しかし、青緑色のカビが生えたシイタケを食べることで、体調を崩してしまうことはあるのです。

 

そのため、青緑色のカビが生えたシイタケを食べることはオススメできません。

 

見つけたら他の健康なシイタケから離し、すぐに処分することをオススメします。

 

カビ臭いのは大丈夫?

シイタケがカビ臭い場合、見た目に変化は起きていないのかをチェックします。

 

カビの臭いがすれば、カビが少量生えていたり、傘の裏が腐りかけていたりしていることが多いです。

 

見た目が何も無く、多少のカビ臭さであれば火を通して調理することで臭いが軽減されると思いますので、試してみてください。

 

明らかな異臭やぬめりなどがある場合には食べることは辞めておきましょう。

 


スポンサーリンク

 

カビの対処方法

処分する

シイタケに生えるカビは青緑色のカビがほとんどです。

 

青や緑色のカビは、見た目からも分かるように、体調不良を起こしてしまう可能性があるカビになります。

 

白カビよりも毒性が強く口にすると下痢や嘔吐などの症状が出て、病院に行くことになりかねません。

 

無理して食べるよりも処分してしまった方が気持ちも楽ですし、身体のためにも処分をオススメします。

 

気中菌糸

気中菌糸の場合には、そのまま食べることもできますが、見た目が他の食材にできる白カビに似ているため、少し抵抗がある人もいると思います。

 

見た目が気になるようであれば水で洗い流すと簡単に落ちますので試して見てください。

 

また、気中菌糸の部分が少量であれば切り落として残りを使うことも一つの方法です。

 


スポンサーリンク

 

カビの防止方法

冷凍保存

シイタケを冷凍保存しておくと1ヶ月程度は持たせることができるので、すぐに使い切れない人にオススメの保存方法です。

 

冷凍保存の場合、軸は切り落として洗わずに密封できるビニール袋に入れて保存します。

 

シイタケは冷凍することによって栄養や旨みもアップすると言われているので、一石二鳥のカビ防止方法です。

 

乾燥させる

シイタケを乾燥させてから保存すると2ヶ月は持たせることができます。

 

完全に乾燥するまでに1週間程度時間はかかりますが、シイタケを長期間保存したい方は試して見てください。

 

カラカラに乾燥させることができれば、天日干しでも部屋干しでも大丈夫なので天気も気にせずできます。

 

丸ごとザルに並べて干しても良いですし、食べやすいサイズにカットしてから並べて干しても大丈夫です。

 

並べる際にシイタケ同士が重ならないようにすることがポイントです。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク