【さつまいものカビ】カビ臭いのは大丈夫??対処法やカビの見分け方などを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、さつまいものカビに関する情報を紹介しています。

 

さつまいものカビ

 

さつまいもは焼き芋やスイートポテト、赤ちゃんの離乳食など様々な食べ方があるため、人気の食材の一つです。

 

常温で保存がききますし、保存期間もそれほど短くはありませんが、保存方法の状態が悪いとカビが発生してしまうことがあります。

 

さつまいもを美味しく食べる為に、さつまいものカビについて詳しく説明していきます。

 

カビる原因

◆水で洗ってから保存

カビは湿気の多い場所を好みますし、さつまいも自体も水に弱い食材です。

 

調理する前に洗うには問題ありませんが、水で洗ってから保存してしまうとカビが発生する可能性があります。

 

保存する際には洗わず、そのままの状態で保存しておくことをオススメします。

 

◆傷が付いている

さつまいもは傷があるとそこから傷みやすくなります。

 

傷がない部分に比べて痛むスピードも速いので、スーパーなどで買う際には、なるべく傷がないものを選ぶようにしましょう。

 

自宅保管の時も傷をつけないように心掛けます。

 

傷のある状態で長期保存していると、カビが発生することがあります。

 

カビの見分け方

◆ふわふわした白いもの

さつまいもに白い綿のようなふわふわしたものが付いていれば、それは白カビになります。

 

ホコリのようにふわふわしているので、見分けがつきやすいです。

 

このようなカビが発生した場合、カビの部分は絶対に食べないようにして下さい。

 

◆緑色の斑点

緑色をした斑点がさつまいもの断面に広がっていることがあります。

 

見た目はカビに似ていますし、食欲を失う色や模様をしていますが、実はカビではありません。

 

緑色の斑点はポリフェノールの一種でクロロゲン酸といいます。

 

このクロロゲン酸はアルカリ性に反応すると、変色する性質があり、害はないので安心して食べることができます。

 

◆茶色く変色している

さつまいもの切り口や断面が茶色になってしまうこともあります。

 

一見カビに見えることもありますが、これもカビではないので食べることは可能です。

 

しかし、茶色はさつまいもが低温障害を引き起こしている証拠なので、カビではなくても傷んでいますし、食感や風味も健康なさつまいもよりは落ちてしまっています。

 

さつまいもは常温保存なので、冷蔵庫や低温の部屋で長期保存をすると、このように茶色くなってしまうことが多いです。

 

カビの種類

◆白いカビ

一番多く発生するのがこの白カビです。

 

ふわふわした見た目で白かったらカビだと考えてください。

 

保存状態が悪かったり、長期間放置していると現れます。

 

白カビは口にしてしまうと、健康に被害をもたらす為注意が必要です。

 

◆黒いカビ

さつまいもの切り口や、断面に黒いカビが発生することがあります。

 

しかし黒色の場合は、先ほど紹介した低温障害が原因の変色の可能性もありますので、全てのものがカビだとは限りません。

 

その為、臭いや見た目、感触なども合わせてチェックしましょう。

 

腐っているさつまいもは水分が抜けているのでしわしわになっていますし、触るとべたべたしています。

 

また異臭も放っているので、簡単に見分けることは可能です。

 

カビても食べられる?

さつまいもは内部がギュッと詰まっている為、酸素に触れる部分が少なくなっています。

 

その為、表面だけがカビている場合は中までカビが浸透している可能性は低いので、食べられるでしょう。

 

しかし、カビが発生している部分とその周りは切り落として捨ててください。

 

さつまいもの中までぎっしりカビが発生している場合は食べないようにします。

 

食べる際に、念の為カビがいないかチェックしてくださいね。

 

カビ臭いのは大丈夫?

「臭いだけであれば食べたことがある。」という人もいるかと思います。

 

食べることは可能ですが、調理の仕方によってはカビ臭さが残ってしまい、美味しく食べられないこともあります。

 

カビ臭い部分はカットして捨ててしまった方が良いですし、できればその周りも捨ててしまいましょう。

 

周りをカットせずに調理してしまうと、臭いが残ってしまいますので、美味しくはないです。

 

またカビが見当たらなくてもカビ臭さがあれば、赤ちゃんの離乳食には使わないようにします。

 


スポンサーリンク

 

カビの対処方法

カビの部分をカットして調理する

さつまいもは中まで腐っていなければ、カビが表面にできてしまっていても食べることが可能です。

 

しかし、カビの生えている部分とその周りは広めにカットして捨ててから調理してください。

 

カビではなく変色している場合もその部分は美味しくないので、切り落としてから使ったほうが良いです。

 

捨てる

カビが中まで生えていたり、ぶよぶよして異臭がする場合は腐っているので食べずに捨てます。

 

これを調理してしまうとお腹を壊してしまったり、気分が悪くなるので、必ず捨てましょう。

 


スポンサーリンク

 

カビの防止方法

湿度や温度に気を付ける

さつまいもは冷蔵庫保存だと考える人もいますが、寒い場所が苦手な食材です。

 

そのため冷蔵庫に保存はNGです。常温かつ涼しめの部屋で保管が長持ちする秘訣になります。

 

15℃前後の部屋で保管しておきましょう。

 

寒い地域に住んでいて、室温が15℃を下回ってしまう場合は新聞紙にさつまいもをくるんでから、発砲スチロールの容器で保管すると良いでしょう。

 

洗わずに保存する

さつまいもは水に弱く傷もつきやすいです。

 

傷がついてしまうとそこからカビが生えてくることもあるので、できれば土も付けたまま保存するようにしましょう。

 

乾燥しすぎも良くないですが、水で洗ってから保存してしまうのもカビの原因になります。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク