【里芋のカビ】カビが生えたり、カビ臭いのは大丈夫?対処法や見分け方などを紹介!


スポンサーリンク

 

里芋は煮物にしたり、ふかして食べると美味しいですよね。

 

ついつい多めに買ってしまいがちですが、残った里芋を保存したまま忘れていた…

 

なんてことはありませんか?

 

久しぶりに里芋を出してみると、買った時と見た目や臭いが違い不安になることもあると思います。

 

また、カビが生えているということもあります。

 

本記事では、里芋のカビに関する情報を紹介しています。

 

里芋のカビ

カビる原因

◆洗って保存する

里芋は洗って保存すると腐りやすく、カビの原因になってしまうので注意しましょう。

 

里芋を洗うタイミングは、調理に使う際がベストです。

 

それまでは、なるべく土をつけたまま乾燥に気を付けて保存しておきます。

 

◆温度

里芋が快適な温度は10℃から25℃の間と言われています。

 

この温度を下回ったり、上回ったりすると、低温障害や高温障害を起こしやすくなります。

 

そうなると腐ってきたり、カビの原因になるので温度にも気を付けて保存します。

 

◆傷

きちんとスーパーで買った里芋でも、傷がついていることはよくありますよね。

 

傷がついていることは特に問題ありませんが、そこから傷みやすいと覚えておきましょう。

 

傷のついている里芋は早く消費することをオススメします。

 

長期間保存しておくと傷口部分からカビが生えることがあります。

 

カビの見分け方

◆里芋が緑色に変色

里芋が緑に変色していたら、カビではないのかと疑ってしまいますよね。

 

ですが、里芋が緑色に変色するのは全く害がないので安心してください。

 

里芋が太陽の日に当たることで緑葉祖というものが出来ます。

 

これが里芋を変色させているのです。

 

風味や味は落ちてしまっていることが多いですが、問題なく食べられるので調理して使いましょう。

 

◆白いふわふわしたもの

里芋に白いふわふわしたものが付いていれば要注意です。

 

これは白カビである可能性が高く、里芋の外側に生えていることが多いです。

 

中身にまでカビが生えていることがあるので、外側にカビが生えていたら中身もチェックしましょう。

 

◆茶色く変色している

里芋が茶色に変色しているのは、カビではなく傷んでいる可能性が高いです。

 

全体的に茶色になっていたら、かなり傷んでいるので美味しくないと思います。

 

部分的であれば傷んでいる部分を切り落として、調理しても問題ありません。

 

カビの種類

◆白いカビ

白カビは基本的に害がないものだと言われていますが、里芋の場合は注意しましょう。

 

なぜなら、カビ毒というものがまれに存在するからです。

 

畑の土壌を汚染するカビが、カビ毒を発生させます。

 

まれなので、すべてのカビが生えた里芋に付着していることはないですが、口にすると食中毒を起こしてしまいます。

 

危険なので白カビが生えている里芋は、食べないように注意しましょう。

 

◆黒いカビ

白カビよりは生える確率の低い黒カビ。

 

ですが、生えると白カビよりも毒性があるので注意してください。

 

黒カビは口にすると、お腹を下したり、気持ち悪くなったりすることがあります。

 

必ず症状が出るわけではありませんが、注意しましょう。

 

◆カビても食べられる?

カビが生えてたら、食べることは可能なのでしょうか?

 

答えは辞めたほうが良いです。

 

「皮の部分にしかカビがないから、剥いたら大丈夫!」

 

と考える気持ちも分かります。

 

ですが、目に見えないカビが、中身にまで浸透している可能性が高いためオススメできません。

 

先程紹介したカビ毒の可能性も否定できません。

 

里芋の場合は、カビが生えていたら食べないでおきましょう。

 

カビ臭いけど大丈夫?

里芋がカビ臭い場合は、すでに目に見えないカビが生え始めている可能性が高いです。

 

切り口の部分が傷んでいたり、ぬめりがある場合は食べないようにしましょう。

 

洗って臭いが取れた場合は、土にカビが生えていた可能性が高いです。

 

念のため下処理をきちんとしてから食べましょう。

 

食べている際に少しでもカビの味がしたら、そのまま処分してくださいね。

 


スポンサーリンク

 

カビの対処方法

処分する

里芋にカビが生えている場合、見た目は何もない場所でもカビが根付いていることがあります。

 

問題ないこともありますが、念のためにも処分をオススメします。

 

特に小さな子どもやお年寄りがいる家庭は、必ず処分してください。

 

カビを切り落とす

カビが皮や土のみに生えていて、中身は健康な状態の場合は食べることは不可能ではないです。

 

カビの部分とその周りを切り落とすことで、食べることはできます。

 

あまりオススメの方法ではないですが、どうしてもという場合に試してみてください。

 


スポンサーリンク

 

カビの防止方法

土をつけて保存

里芋は洗って土を落としてしまうと1週間程度しか持たせることができません。

 

皮を剥いて保存した場合も同様です。泥が落ちたらすぐに乾燥して傷むことが原因です。

 

土がついたそのままの状態で常温保存することによって、乾燥が防がれて1か月持たせることができます。

 

冷凍

里芋は冷凍保存も可能です。冷凍も1か月は持つので、オススメの保存方法です。

 

皮を剥いた里芋を茹でて、粗熱を取ってからジップロックなどに入れて冷凍庫で保存します。

 

調理する際は、自然解凍でも大丈夫ですし、そのまま調理することもできます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク