【ナスのカビ】カビ臭いけど食べられる?対処法や見分け方などを紹介!


スポンサーリンク

 

ナスは煮物にしたり、漬物にしたり、様々な料理に使える野菜なので、ついまとめ買いしてしまう人も多いかと思います。

 

しかし、たくさん買いすぎて気付いた時にはカビが生えていた…

 

なんてこともあります。

 

本記事では、ナスのカビに関する情報を紹介しています。

 

ナスのカビ

カビる原因

◆ナスを濡れたまま保存

ナスには元々水分がたくさん含まれています。

 

なので、ナスを洗ってから十分に水気を落とすことなく保存してしまうと、冷蔵庫の中でも湿気ができやすい環境になりカビが生えやすくなります。

 

更に条件がそろえばかなりの速さで傷んでしまい、カビも生えやすくなるので注意しましょう。

 

例外のものもありますが、ナスなどの水分が多く含まれている野菜は、洗わずに保存が適しています。

 

◆カビの付いたナスと一緒に保存

既にカビが生えてきてしまっているナスと、まだカビが生えていない健康なナスを一緒に保存しておくとカビが移ってしまいます。

 

カビの生えたナスを見つけたら、すぐに他の健康なナスから離しておきましょう。

 

カビの見分け方

◆ヘタに付く白いもの

ナスのヘタに白いカビの様なものが付いていて不安になる人が多いですが、これはブルムと言って、ナス自身が身を守る為に粉を吹きます。

 

そうすることでヘタの部分に付着します。

 

害がないので問題なく食べることができます。

 

◆表面に白い綿のようなもの

ナスのヘタ部分でなく、表面に白いふわふわしたものが付着している場合は、カビであることが多いです。

 

表面に傷がついていたり、誤った保存方法が原因で生えます。

 

中までカビが生えていないかもチェックしておきましょう。

 

◆灰色の斑点がある

スーパーではなかなか見かけることはありませんが、家庭菜園でナスの表面に灰色の斑点がある場合、ナスのカビ病にかかっている可能性が高いです。

 

気温が28℃以上と高い環境であったり、雨が続いてしまうことが原因で栽培中にカビ病にかかります。

 

良い土を使っていないと更に病気にかかりやすくもなります。

 

カビの種類

◆白いカビ

白カビはふわふわしていて見た目が埃の様なので分かりやすいかと思います。

 

ヘタにある白いものはカビではなくブルムですが、ヘタ以外に付着しているふわふわした白いものはカビと考えて良いでしょう。

 

表面のみに付着しているように見えても、実際は目に見えないカビが中まで既に浸透してしまっている可能性もあるので注意が必要です。

 

◆黒いカビ

ナスに黒いカビが生えることがありますが、種のみが黒くなっている場合は大丈夫です。

 

見た目は悪いですが食べれるし、害がある訳ではありません。

 

しかし、通常のナスに比べると風味や味は落ちてしまっています。

 

種以外の部分が黒くなっていれば、それはカビになるので注意が必要です。

 

黒カビは白カビよりも毒性があると言われているので、見つけたら食べないようにしましょう。

 

カビても食べられる?

カビが生えてしまったナスを食べることはオススメできません。

 

ナスは表面にカビが生えやすいですが、目に見えないだけで中の奥深くまでカビ菌は侵入している恐れがあるからです。

 

カビを見つけたら一番に処分してしまうことをオススメしますが、どうしてもという場合には、自己責任でカビの部分を取り除き食べましょう。

 

流水でしっかりカビを洗い流し、カビの生えていた部分とその周りを切り落として、残りの部分を使います。

 

カビ臭いけど大丈夫?

ナスの見た目に変化はないけれど、何となくカビ臭い気がする時は、まずなすを切って中身を確認してみましょう。

 

中身も無事であれば基本的には大丈夫なので、念の為しっかり水で洗い流してから加熱調理に使いましょう。

 

明らかに異臭がしたり、ナスが茶色く変色して汁が出ていたり、中身がカスカスだった場合は腐っているので食べずに捨ててください。

 


スポンサーリンク

 

カビの対処方法

処分する

ナスは一度カビが生えてしまうと、そこから早いスピードで広がってしまいます。

 

その為、まだ目に見えていなくてもカビの菌が中にいる可能性も高いです。

 

子供やお年寄りがいる家庭では、特に処分することをオススメします。

 

更に、同じ場所で他の健康なナスも保存している場合は、移ってしまう前にすぐ移動させて別々の場所にします。

 

加熱調理

カビが少量であれば、オススメはできませんが食べることは可能です。

 

カビの部分をしっかりと洗い、カビが生えていた部分とその周りを切り落として、残りの部分を加熱調理に使いましょう。

 

加熱することで弱まる菌や死滅する菌もいるので念の為加熱して食べると良いです。

 


スポンサーリンク

 

カビの防止方法

風を避ける

ナスには水分が多く含まれていますが、蒸発もしやすいので風に当たりすぎてしまうと、しなっとして食感が落ちてしまいやすいですし、傷みやすくもなるのでカビも生えやすくなります。

 

風から守るにはサランラップがオススメです。

 

ナスを洗わずに1本ずつサランラップに包み、野菜室で冷蔵保存をします。

 

この場合は1週間程度持たせることができます。

 

冷凍保存

ナスをもっと持たせたい場合は、1か月持つ冷凍保存がオススメです。

 

冷凍する場合は、先にナスのあく抜きを済ませてからの方が、後が楽なので、薄切りにしたナスを水に10分程度浸してあくを抜いておきます。

 

そして水気をしっかりと拭き取り、フリーザーバックなどに入れて保存します。

 

使い方によって小分けにして保存したり、まとめて保存したりすると使うときに時短になります。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク