【ジャガイモのカビ】カビても食べられる?対処法や見分け方などを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、ジャガイモのカビに関する情報を紹介しています。

 

ジャガイモのカビ

 

カレーや肉じゃが、サラダなど様々な料理に活躍してくれるジャガイモですが、芽が出たり、カビが生えてしまった!

 

と言う経験はありませんか?

 

スーパーなどで安く売られていますし、まとめ買いして使わずにそのまま。

 

なんてこともあると思います。

 

今回はカビが生えてしまったジャガイモについて詳しく紹介しています。

 

カビる原因

◆湿気の多い場所や高温の場所に保管している

ジャガイモは湿気のある場所を嫌います。

 

そのため、湿気の多い場所で保管しておくとカビが生えるだけではなく、芽が出たり腐ってしまうこともあるので注意しましょう。

 

更に温度が高い場所も苦手なので、夏場に常温保存にしているとカビが生えてしまうこともあります。

 

◆日光の当たる場所に保管している

ジャガイモは光も苦手なので、太陽の光や蛍光灯の光のある場所に保管していると、カビの原因になります。

 

これは光を浴び続けるとジャガイモが苦手な高温になってしまうからだと言われています。

 

カビの見分け方

◆白っぽくなっている

ジャガイモを取り出した際に白っぽく変色してしまっていれば、それはカビだと考えた方が良いです。

 

この場合中身が黒っぽくなっていたり、芽が出ている可能性もあるのでしっかりチェックしておきましょう。

 

◆ジャガイモの皮がぶつぶつしている

ジャガイモの皮にぶつぶつした模様が付いていることがあり、カビと勘違いされやすいのですが、実はこれはカビではありません。

 

スーパーなどで買ったジャガイモよりも、自宅で育てて出来たジャガイモに多く見られますが、これはジャガイモが病気を起こしている証拠でそうか病と言います。

 

中身がクリーム色で正常であれば、皮を綺麗に取り除いて食べられます。

 

そうか病は細菌が感染してなってしまうので、家庭菜園などをする際には注意しましょう。

 

カビの種類

◆白いカビ

ジャガイモに見られるカビで一番多いのがこの白カビです。

 

皮の部分に白カビが発生することが多く、傷が出来ていたり保存方法が間違っていると、出来やすいカビになります。

 

ジャガイモは傷が出来た部分から順番に弱っていってしまうので、なるべく傷を付けないように保存しましょう。

 

また、この白カビが見られた場合、同じ場所で他のジャガイモを保管しておくと、移ってしまう可能性があるのですぐに離して保存しておきましょう。

 

◆黒いカビ

ジャガイモを切ってみると、黒い塊があったり、皮が黒くなっていることがあります。

 

ですが、これは黒カビと言うより、先程も説明したジャガイモの病気である可能性の方が高いです。

 

取り除けば食べることも可能なのですが、味は通常の健康なジャガイモよりは美味しくないです。

 

また、更に放置すると腐るまでに時間はかからないのですぐに食べられなくなります。

 

カビても食べられる?

カビの生えている範囲にもよりますが、ジャガイモは固い野菜なので、内部までカビが浸透するのに時間がかかります。

 

その為、カビが皮のみだったり、カビの部分を削り落として残りが大丈夫であれば、調理して食べることが可能です。

 

しかし、カビの部分とその周りもしっかりと削り、そこは捨ててしまいましょう。

 

ジャガイモ全体が柔らかい感触だったり、黒や緑になっている場合は、迷わず処分しましょう。

 

また、異臭や茶色の液体が出ている場合も危険ですので絶対に食べないようにしてください。

 

カビ臭いのは大丈夫?

ジャガイモの見た目にカビが生えていなく、臭いがカビ臭いけれど食べられる?と疑問に思いますよね。

 

ジャガイモをチェックしてカビが生えていなかった場合のカビ臭さは、土が原因だと言われています。

 

臭いが気になるようであれば、しっかり洗ってそのまま調理して食べることができるので安心してください。

 

中には、「調理してからカビ臭いような気がする…」

 

と感じる方もいるのですが、こちらはアクやえぐみなどが原因と言われています。

 

調理後だと臭いを気にしながら食べることにはなりますが、健康に問題はないので安心してください。

 

できれば、調理前に水に10分~15分程度さらしてアク抜きをすると、臭いも取れますので試してみてください。

 

もちろん、ジャガイモの見た目が変わっている場合には、その部分を取り除くか、そのジャガイモは使わないようにすることをオススメします。

 


スポンサーリンク

 

カビの対処方法

カビの範囲が狭い場合

カビの範囲が狭く、包丁で切り落として他の部分がしっかり固く通常のクリーム色をしていれば、そのまま調理に使うことができます。

その場合は、カビの生えている部分とその周りだけ処分しましょう。

 

食べることは可能ですが、念の為小さい子どもやお年寄りに食べさせるのは避けた方が良いです。

 

カビの味がした場合には、残りは食べずに捨ててしまうことをおすすめします。

 

カビの他にも芽が大量に出ている

カビが生えているジャガイモは、芽も大量に出ている可能性があります。

 

芽には毒が含まれていることもあるので大量に出ていれば迷わず捨てて下さい。

 

お腹を壊したり、嘔吐や下痢などの症状がでるので危険です。

 

また、カビの範囲が狭くても異臭がする、液がでている、全体が黒くなっている場合も健康に被害が出る可能性があるので捨てましょう。

 


スポンサーリンク

 

カビの防止方法

新聞紙に包んで保存

ジャガイモは湿気や光に弱いため、新聞紙に包んで保管すると、光も遮断できますし湿気も出にくいのでオススメです。

 

不要になった新聞紙を何枚か重ねて、ジャガイモ全体を包み込むようにして保管しましょう。

 

更にそれを紙袋などに入れて保管しておくと尚良いでしょう。

 

ダンボールを使う

ジャガイモは大量に貰ったり、買ったりすると新聞紙では足りないこともあります。

 

そんな時は、ダンボールを使うと上手に保管することができます。

 

ジャガイモは床に密着させてしまうと湿気が出来る原因になるので、ダンボールの下にすのこなどの台を敷いて、空気の通り道を作ってあげると、よりきちんと保存することができます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク