【バナナのカビ防止法】カビても食べられる?原因や見分け方、対処法など


スポンサーリンク

 

季節を問わずに安価で手に入りやすいバナナ。

 

ねっとり甘くて手軽に栄養摂取ができますし、利用方法も豊富なので、常備するご家庭も多いでしょう。

 

そんなバナナが保管中にカビが生えていた…という場合、食べていいのか悩んでしまいますよね。

 

本記事では、バナナのカビに関する情報を紹介しています。

 

バナナのカビ

 

カビる原因

 

バナナといえば、冷蔵保管も可能ですが、常温保管のイメージが強いですよね。

 

そのまま置いておくと、真っ黒になってカビができていた、という経験をされて方もいらっしゃるでしょうか?

 

バナナに限らず、どんな食品にもカビが発生するには、温度、酸素、湿度、栄養素の4つの条件があります。

 

それぞれについて簡単に説明していきます。

 

<カビが発生する必須条件>

◆温度

カビが好む温度帯は約25~30℃です。

 

私たち人間も過ごしやすいと感じる温度帯です。

 

常温保管で食品が腐りやすくなるのは、こうした理由からですね。

 

◆酸素

カビの多くは酸素がない状態では成長することができません。

 

そのため、酸素量が少ない冷凍や冷蔵状態だと、カビの発生・進行を遅らせることができます。

 

◆湿度

カビは湿度が大好きです。梅雨時期に食品やお風呂場がカビてしまうのは、この理由からです。

 

◆栄養素

カビは植物のように自ら栄養を生み出すことができません。

 

そのため、食品などに付着して栄養分を利用することで、成長を繰り返していきます。

 

上記に加えて、バナナがカビる原因としては下記のことが挙げられます。

 

<その他原因>

 

◆根元や茎は酸素を通しやすいため

ヘタや茎・根などは栄養の通り道として、栽培中に果物の成長を促してくれます。

 

しかし、一度切り落としたバナナは、根元から空気が入り込みやすいため、カビやすくなります。

 

◆接触面は重みを受けて、腐りやすいため

房になったバナナは重さがあるので、直に置いた接触面は重みを受けて傷みやすいです。

 

また、接触面は空気が通らず、湿気やすい傾向にあります。

 

 

カビの種類と見分け方

 

カビは色や形など種類も豊富で、専門家でない限り見分けがつきませんよね。

 

バナナにはカビやすい箇所と色とで、おおまかな特徴がありますので、ご紹介します。

 

◆根本や茎にカビが生えていないか

先述した通り、バナナの果肉部分は酸素が少なく、カビが生えづらいです。

 

また、どんな食品でも、空気と接する表面が最初にカビていくことが多いでしょう。

 

バナナの場合は、空気が接しやすい根本や茎に、カビが生えていないか確認するようにしましょう。

 

◆接触面にカビが生えていないか

キッチンなどカウンターに直置きしていれば、接触面に問題ないか確認してみましょう。

 

果物や野菜は、重さを受けた部分から傷み始める場合が多いためです。

 

◆付着物がないか

バナナに生えやすいカビは、ふわふわした綿状の白いカビや青緑色のカビです。

 

いずれも果物に発生しやすいカビの代表です。

 

根本や茎、接触面に、こうしたカビが生えていないか確認して下さい。

 

また、バナナは追熟していくと「シュガースポット」という黒い斑点状のものが表面にできます。

 

これは黒いカビが発生したわけではなく、成熟して甘くなっている証拠ですので、心配ありません。

 

皮を剥いても中身は白い果肉のままだと思いますので、美味しく食べてしまいましょう。

 

 

カビ臭くなるのはなぜ?

 

バナナと言えば、においが強い果物ですよね。

 

そんなバナナがカビ臭いにおいを発していたら心配になってしまいます。

 

カビ臭くなってしまう理由はなぜでしょうか。

 

◆未成熟のため

未成熟の果肉が硬いバナナは、野菜や果物特有の青臭さがあります。

 

その青臭さを人によってはカビ臭いと感じる場合も。

 

追熟して皮の色が変化していけば、においは消えますし、問題なく食べられるので安心して下さい。

 

◆輸出時の防カビ剤が残っていたため

バナナは熱帯アジアなどの特産物です。

 

輸出入してから私達の手に届くまでには時間がかかるため、防カビ剤を使用している場合があります。

 

輸入時の農薬検査などもありますし、人体に影響のない程度で使用されていると考えられますが、残留していた可能性があります。

 

◆腐り始めている

本来であれば、バナナは独特の甘い匂いがしますが、腐り始めると生ごみを連想させる臭いを発生させます。

 

普通と違う臭いが発生している段階になれば、カビが発生していたり、汁が出ていることもあるので、気付くことができるでしょう。

 


スポンサーリンク

 

カビの対処方法

 

どの程度のカビであれば食べても大丈夫か、判断に迷うことがありますよね。

 

カビの生える範囲で対処方法が変わってきますので、簡単にご紹介いたします。

 

根本や茎がカビている場合は、多めに切り落として使用

バナナのカビは、根元や茎の表面上だけに生えていることが大半です。

 

バナナの果肉は酸素量が少ないため、果肉内部までカビる可能性が低いからです。

 

実際皮を剥いてしまえば、中身は白い果肉のままである場合が多いので、食べても問題ありません。

 

バナナは離乳食など、赤ちゃんのご飯として使う機会もあるかと思います。

 

皮を剥いて果肉に問題なければ、カビが生えた周辺を多めに切り落として使用できます。

 

ただし、赤ちゃんの体調によっても、やはり影響は異なります。

 

カビの生え方や赤ちゃんの状態によっては、使用せずに捨ててしまいましょう。

 

どうしても使用したい場合はパウンドケーキに使うなど、加熱調理すると安全性が高まります。

 

全体的にカビが発生している場合は、捨てる

根本や茎だけではなく、全体にカビが発生していたり、極端に柔らかくなっている場合は捨てて下さい。

 

表皮のカビに加え、果肉内部も過剰成熟して腐り始めている可能性が高いです。

 

そうなると、中身は茶色く変色して果肉がただれており、食べられる状態でありません。

 

残念ですが、早めに捨てるようにして下さい。

 


スポンサーリンク

 

カビ防止対策

バナナは夏場の常温保管で2~3日、冬場だと7~10日ほどもつと言われています。

 

少しの工夫をプラスすることで、更に長期保管が可能になります。

 

今回はカビを防止して、長持ちさせる方法をいくつかお伝えします。

 

実際試してみて、美味しいバナナを食べましょう。

 

袋に入っている場合は取り出す

スーパーで販売されるバナナは、袋に入っていることが多いですね。

 

バナナが袋に入っている状態だと、空気・湿気が籠りがちです。

 

バナナは果肉を成熟させるエチレンガスを発しています。

 

袋に密閉されたままだと、袋内でどんどん過熟してしまいます。

 

袋から取り出して保管しましょう。

 

房ごとバナナホルダーにかける

バナナは接触面が多いと、重さを受けてそこから傷み始めます。

 

バナナホルダーにかけると、果肉部分に負担をかけずに保管が可能です。

 

最近では100円ショップでも販売していますし、オシャレな印象も与えてくれます。

 

利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

◆1本ずつ分けて、根本をラップで包んで保管

酸素が入りやすい根本をラップで包むと、空気を遮断できてカビづらくなります。

 

面倒な場合は全体を包んでも構いません。

 

房のまま包むと、その内の1本が過熟気味だった場合に別のバナナにも影響を及ぼします。

 

1本ずつ分けて保管するのがベストです。

 

まだ果肉が硬い状態であれば常温保管、シュガースポットが出ている場合は冷蔵保管でも大丈夫です。

 

バナナは25℃以上で腐りやすく、13℃以下だと低温障害が発生したり、追熟機能が停止してしまいます。

 

果肉が硬い場合は、常温で少し追熟させてから冷蔵庫に保管するといいですよ。

 

◆長期保管であれば、冷凍保存

冷凍用容器に入れて保管すれば、約1か月の保存が可能です。

 

皮を剥いてそのまま1本ずつラップに包む方法や、カットして保管する方法があります。

 

レモン汁をかけて保存すれば、黒く変色することも防げて見た目も綺麗です。

 

解凍後はそのまま食べても、ミキサーにかけてジュースにしても美味しいのでおススメです。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク