【スーツの寿命】何年着たら寿命?目安などを紹介【女性用スーツ対応】


スポンサーリンク

 

本記事では、ワイシャツの寿命の目安を紹介しています。

 

寿命の見極め

 

スーツの寿命は、夏物のスーツで平均3年、冬物のスーツで平均4年と言われています。

 

毎日きちんと手入れをしている方であれば上記の平均年数以上で着ていただけますが、その逆で手入れを怠っている方や同じスーツを毎日着るなどと着る回数が多ければ多いほど平均にも満たない年数での処分に繋がってしまいます。

 

また年数だけではなく、物理的な『汚れ』、『穴あき』、『生地のテカリ』を生じた場合、買い替えのタイミングとも言えるでしょう。

 


スポンサーリンク

 

スーツの汚れ

 

スーツには知らず知らずのうちに、皮脂や汗が染み渡ったり、ほこりや湿気が原因で頑固な汚れと化してしまいます。

 

特に袖や襟などは要注意で直接肌に触れている部分はより汚れやすくなってしまいます。

 

スーツは、ブラックやネイビーなど濃い色の物が一般的で比較的その様な汚れは目立ちませんが、確実に汚れは付いていると自覚しましょう。

 

汚れているままだと、特に夏場は異臭を放ったり、汚れやほこりがダニ・ノミの餌となりますので虫食いされてしまいます。

 

汚れだけではなく、生地を傷ませる可能性がありますので、定期的なクリーニングをするようにしましょう。

 

スーツを着る回数

 

同じスーツを毎日連続で着ていると、それだけで摩擦によって生地が傷んだり、皮脂や汗が着床してしまいます。

 

皮脂や汗が空気と触れて酸化し、段々と異臭がするようになってしまいます。

 

そのため同じスーツを毎日着るのではなく、複数のスーツを交互に着るなどと、一着当たりスーツの着る回数を分散しましょう。

 

それにより、生地の傷みを防ぐことができます。

 

最低でも1日置きに着るスーツを変えることをおすすめします。

 

スーツのテカリ

 

長い期間スーツを着ていると、普段激しい行動をしていないのにも関わらず生地と生地の摩擦力によって生地にテカリが生じてしまいます。

 

摩擦力によって生じる熱で、生地の表面が溶けてしまう状態がテカリです。

 

特に、肘や膝どんなに良い生地を使っていても、自ずと劣化してしまいますのでテカリに関しては仕方ないと思いましょう。

 

また、スーツにテカリが生じていると手入れをしていない、だらしがないという印象を相手に与えてしまいますので、最低限大切なビジネスシーンに着用するのは控えるよう心掛けましょう。

 

女性の場合

 

女性用のスーツの寿命も同じで、平均3~4年と言われています。

 

男性物に比べてスカートスーツは使用している生地が少ないため、その分寿命は長くなりますがパンツスーツに関しては男性物と同じ理由で寿命は変わります。

 

クリーニングの出し過ぎ

 

スーツをクリーニングに出すことはとても大切です。

 

しかしその回数に注意をしましょう。

 

1か月に何回もクリーニングに出してしまうと、ウールなどの生地によってはくたびれてしまって残念な印象を与えてしまいます。

 

また機械による強いプレスによっても生地を傷めやすくなりクリーニングに出しているはずなのに月日が経つとよれよれになってしまう可能性があります。

 

クリーニングは1シーズンに1回程度で十分ですので、出し過ぎに注意をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

寿命をできるだけ長くするコツ

毎日のお手入れ

◆ブラッシング

スーツを着終えた後に、ブラッシングをおすすめします。

 

ブラッシングをするとほこりやフケなどを落としてくれますので、異臭や汚れを防ぐことができます。

 

また、僅かな毛並みも整いますのでスッキリとした印象になります。

 

ブラシの毛に着目すると、馬の毛がおすすめです。

 

比較的やわらかく、生地に摩擦によるダメージを軽減することができるからです。

 

安いものはその分毛が人工的なものであったりすることから生地を傷めやすくしてしまいます。

 

◆アイロンスチーマー

アイロンスチーマーをスーツに当てると、シワが伸びるだけでなく、除菌消臭にも効果的です。

 

そのためアイロンを出す手間は掛かりますが毎日のお手入れにはおすすめのアイテムです。

 

ハンガーに掛ける

当たり前のように思いますが、意外と大切で基本的なことです。

 

ハンガーに掛けるだけでシワや型崩れを防ぐことができます。

 

ジャケットとパンツは分けて、間隔を空けてクローゼットに収納しましょう。

 

風通しを良くする

衣類が一杯に詰まったクローゼットには、湿気が密集しダニやノミの宝庫となります。

 

そのため衣類と衣類の間隔を空けて収納するようにしましょう。

 

更に、定期的に部屋の換気をしたり、除湿機を稼働させることも大切ですのでぜひお試しください。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク