【クォーツ時計の寿命】寿命の目安やできる限り寿命を延ばすコツなどを紹介


スポンサーリンク

 

本記事では、クォーツ時計の寿命の目安を紹介しています。

 

寿命の目安

 

クォーツとは水晶の事で、簡単に言うとクォーツ時計とは水晶を用いた時計の事です。

 

なぜ水晶を使用するかというと、水晶は電池で圧力をかけると比例して分極する性質があるからです。

 

規則的に振動するため時計に用いられています。

 

しかし、いつまでも正確な時間を刻むのではなく長く使っていればいるほど誤差を生じてしまいます。

 

そのため、クォーツ時計の寿命は10年と機械時計より短いものとなってしまいます。

 


スポンサーリンク

 

一般的なクォーツ時計

一般的なクォーツ時計は、ピンからキリまでの価格帯で販売されています。

 

手に入りやすい価格の物は、一旦クォーツの電子回路が故障してしまうと交換ができなかったり、交換にかかる費用が割高に付いてしまいます。

 

そのため、クォーツ時計は平均で10年の寿命があると言われていますが、故障してしまったら直しようがありません。

 

湿気や水没に気を付けながら大切に使用しましょう。

 

タグホイヤー

タグホイヤーはスタイリッシュでモダンなデザインから20~30代の男性に人気を集めるブランドです。

 

現在では機械式時計が一般的ですが、クォーツ時計も販売しています。

 

更に価格帯も10万円~と働き出した社会人には手の届かない価格ではないことも人気の理由の一つです。

 

また、タグホイヤーのクォーツ時計は値段の割に精度も高く年間で数十秒の誤差で済みます。

 

ブライトリング

ブライトリングの特徴はその精度にあります。

 

全ての商品を外部の公的機関で検査することから、信頼性が高いブランドになっています。

 

また、元々規則的に振動する水晶はそもそも誤差を比較的最小限で抑えることができますが、そんな水晶を用いたクォーツ時計にも公的機関での検査を通すこだわりがあるほどプライドをもって時計を作っています。

 

コックピッドレディというモデルは女性用であるため、男女問わず人気を集めるブランドです。

 

オメガ

オメガは、他社よりもより正確に、高精度を目指して時計を作っています。

 

そのため、時計に使用されるクォーツの電子回路もマスターコーアクシャルという特殊なものを使用しています。

 

中身だけではなく、見た目にもこだわりがあり中にはブレスレット感覚で使用することのできるものもあります。

 

クレドール

クレドールの時計はピンからキリまであり、2万円~数十万円まで幅広い価格帯です。

 

百貨店でも多く取り扱っていることもあり、幅広い世代に人気のあるブランドです。

 

クォーツの電子回路は一般的な精度ですので問題なく使用することができます。

 

ジャガールクルト

ジャガールクルトは時計のブランドの中でも『技術屋』と呼ばれるほど、精度やデザインにこだわりをもったブランドです。

 

それもそのはず、創業者が『将来伝説になる時計を作る』という気持ちでデザインをしたのが始まりで、デザインにはほこりをもって作られています。

 

また、時計が完成してから1カ月半もの検査をクリアしたものしか市場には出回りません。

 

そのため、信頼性が高く長年にもわたって愛されるブランドとなっています。

 

グランドセイコー

セイコーは世界で初めてクォーツ時計を作ったと言われています。

 

その高性能とシンプルさが人気で、ビジネスシーンでよく目にする時計の一つです。

 

また、スプリングドライブというセイコー独自の機能を使用しています。

 

スプリングドライブとは、クォーツ時計と機械式時計の中間の性質をもつもので、主動はゼンマイ、誤差を減らすためにクォーツが用いられているというわけです。

 

その精度にファンも多く、人気を集める理由となっています。

 

カルティエ

カルティエはアクセサリーや宝石なども扱うブランドで、他者とは違ってラグジュアリーなデザインが特徴のブランドです。

 

単純に時を刻むのではなくアクセサリーとしても女性を着飾ってくれます。

 

その中でもタンクフランセーズの美しさはひとしおで、他にはない輝きをもった宝石があしらわれています。

 

シーマスター

シーマスターはロレックスと並ぶほど非常に人気があり、特にビジネスマンに需要があります。

 

シーマスターを着用していると仕事ができるイメージをもたれるほどそのネームバリューは高くオメガの中でも1位2位を争うほど人気があるモデルです。

 


スポンサーリンク

 

寿命をできるだけ長くするコツ

 

クォーツ時計の寿命を出来るだけ長くのばすためにできることは、定期的な手入れが(オーバーホール)があります。

 

その手入れとは時計屋さんや修理専門店で時計をまるごと分解してもらい、洗浄と注油などといったメンテナンスをしてもらうことです。

 

機械時計でもクォーツ腕時計でも針を動かすのは歯車の役割となっています。

 

そのため歯車どうしの潤滑油を新しいものにできるので、歯車や電子回路の負担を減らすことができ寿命をのばすことに繋がります。

 

クォーツ腕時計の手入れは7〜8年に1回くらいが目安ですが、気になることがあれそのタイミングで修理に出しましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク