【コピックの収納方法】ケース(おしゃれ,持ち運び可能)や棚、手作り方法など



 

美しい発色が人気のコピック。

 

日本の会社が開発したカラーマーカーで、今では全世界で販売されています。

 

漫画家やイラストレーター、デザイナーなどのプロが使う他、スケッチやクラフトなどの趣味を楽しむ一般の方にも愛用されていますね。

 

この色も良い!と思ってどんどん買い込んでいくと、置き場がなくなって困ったという声もチラホラ聞こえてきます。

 

本記事では、コピックの収納方法について紹介しています。

 

コピックの収納方法

コピックの種類

コピックは漫画家などのプロ仕様な商品であることから、細かい配色やマーカー先端の太さなど種類が様々です。太さの違うマーカーを持ち合わせることで、目や鼻、髪の毛など描きづらい部分も塗りやすく、キレイに表現できると名高いですね。

 

そんなコピックですが、王道ともいえるコピックスケッチは全色揃えると、なんと350種類以上にもなります。コピックスケッチの他にもコピックチャオ、コピッククラシックなど、塗りたい箇所や用途に合わせて使い分けできる豊富さも兼ね揃えています。

 

収納のポイント

大量のペンを収納するには、「一目でパッと分かりやすく、取り出しやすい」環境を整える必要があります。

 

できれば1つのペンに1区画の収納スペースを持ち(格子状の区画)、定位置を決めれば、置き場所に困ることはありません。また、定位置が自分の中で習慣づけられると、使い勝手が格段に上がります。

 

しかし、一方で、この方法は十分な収納スペースが必要になるほか、新しくペンが増える度に定位置がずれてしまうなどのデメリットもあります。

 

見やすさを重視するのか、使い勝手を重視するのか、もしくは持ち運ぶ必要がある人なら持ち運びやすさも重視するのか…検討するチェックポイントになりますね。

 

自分がどんな点を重視して収納したいかを意識して、収納方法を考えましょう。

 

 

縦置きと横置き どっちがいい?

 

一般的なペンケースだと横置きが多いですよね。コピックの色を判断できるのはキャップ部分です。このキャップ部分とマーカーの色が一致するようにデザインされているため、使いやすさを考えると縦置きも捨てがたいです。ちなみに、コピックを販売する会社でも縦置きと横置きのどちらが良いかというQ&Aがあったので、紹介します。

 

「使用していく中でインクが減っていくと、立てて置いている場合インクが下方に寄ってしまいます。そのため、どちらからというと横置きが向いています。」

引用元:コピックの置き方は、縦?横?

 

 

インクの状態によっては、横置きを推奨しているそうです。

 

ただし、インクが十分に残っている状態であれば、縦置きも横向きも影響はほとんど出ないとも書かれていました。非常に細やかで集中したい絵を描くなら、インク量が大切になるので、横置きした方が良さそうですね。