【チェキの保存方法】劣化を防ぐ保管の仕方(ケース、アルバムなど)を紹介!



 

本記事では、チェキの様々な保管方法を紹介しています。

 

チェキの劣化対策

 

芸能人やアイドルとの撮影会に参加すると、チェキ限定なことが多々あります。

 

また、今日ではチェキが再流行しており、結婚式などで使用する若者が増えています。

 

しかし、チェキで撮る写真は劣化しやすいのが現状です。

 

撮ったままにしてしまうと、数ヶ月~1年たらずで劣化していまい、きれいなままを保てる期間は短いです。

 

そこで劣化しないようにするための対策をいくつかご紹介します。

 

劣化の原因

チェキなどの写真類が傷みやすい原因は大きく分けて二つあります。

 

一つ目は『湿気』です。

 

湿気が原因で、梅雨の季節やその環境にある部屋にチェキで撮った写真を置いておくと、自然に写真が湿気を吸収してしまい気が付いた時には色がにじんでしまったり、カビが生えてしまったりします。

 

二つ目の原因は太陽光や蛍光灯による『紫外線』です。

 

紫外線を長時間浴びてしまった写真は色あせてしまい、何を撮ったのか分からなくなるほど風化してしまいます。

 

人間でも紫外線を長時間浴び続けてしまうと、日焼けをしたり、シミやシワができてしまうほどその影響は大きいです。

 

その紫外線を写真が浴びてしまうと、写真の細胞レベルで破損が起きてしまい、色が落ちるといった色あせに繋がってしまうということです。

 

 

劣化を防ぐポイント

湿気による劣化を防ぐ

湿気から写真を守るためには、やはり乾燥した状態を保つ必要があります。

 

湿気からチェキで撮った写真を守るためには、風通しの良い部屋での保管が大切です。

 

また気になる方であれば、除湿機を稼働したりタンス用の湿気取りを写真と一緒に置いておくと良いでしょう。

 

また定期的に部屋を換気をするだけでも汚れた空気が一新しカビが繁殖することからも逃れることができます。

 

紫外線による劣化を防ぐ

紫外線から写真を守るためには、写真を紫外線に当てない環境で保存をすることが大切です。

 

なるべく窓際ではなく、日当たりの悪い部屋や日陰で保管したり飾ったりすることが求められます。

 

紫外線を直で浴びている写真と比べて、そのような部屋で保管をするときれいな状態で保存をすることができます。