【賞状の保管方法】収納のアイディアや便利なグッズなどを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、賞状の保管方法を紹介しています。

 

保管する際の注意点

定期的に断捨離

子供が学校から貰ってくる賞状を貯め込んではいませんか?1枚、2枚と増えていくと、どんどん嵩張ってしまい整理をすることが大変になっていきます。

 

そのため、定期的に必要かつ大切な賞状なのか、それとも捨てても良いものなのかを判断し、溜めこまないのが保存のコツです。

 

また、小中高、大学の卒業証書などは2つ折りで学校名が記載されたような立派なケースに入って渡されることが主流になってきています。

 

その際はケースを捨てて中身の賞状だけ取っておくようにするとスッキリします。

 

年度毎にまとめて断捨離をするなどと、期間を設けてチェックするようなマイルールを決めて、整理整頓してみましょう。

 

湿気に要注意

梅雨の季節やその環境にある部屋に賞状を置いておくと、湿気のせいで文字がにじんでしまったり、最悪の場合カビが生えてしまいます。

 

賞状と一緒に除湿剤を入れておいたり、除湿機を稼働させて部屋の湿気を管理しておくと、いつまでもきれいな状態で保存をすることができます。

 

 

折り曲げに注意

賞状は普通の紙よりも厚い紙で作られていることが一般的ですが、だからこそ折り曲げには十分に注意しましょう。

 

賞状の上に物を置いたり、他の書類と一緒に保管しておくと、角が折れてしまって、せっかくの称えられた栄誉の証が不格好になってしまいます。

 

気分の問題ですが価値が半減してしまいますよね。

 

可能な限り、貰ったその日に適切な保管を開始するようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

保管方法

 

子供がいる家庭の主婦に人気のある保管の仕方をいくつかご紹介します。

 

ファイル

 

賞状を整理するための必須アイテムとして、無印用品や100均で購入できるクリアファイルが非常に人気を集めています。

 

A3サイズのファイルであれば、大きな賞状にも対応しており何枚もの賞状をきれいにまとめることができます。

 

また、サイズも豊富なため保管するのに優秀なアイテムです。

 

特に無印用品のクリアファイルは、耐久性があり見た目にも機能も優れているため、おしゃれな部屋の雰囲気を壊すことなく保管しておくことができます。

 

ポリプロピレン製のファイルなため、半透明なため中身が見えることなく収納することができます。

 

その値段は200円~で、リーズナブルです。

 

インターネットショップでも購入できますのでチェックしてみましょう。

 

100均でも同じようなクリアファイルが販売されていますが、無印用品よりも造りが簡易的なためコストを抑えて収納されたい方は、100均をチェックしてみましょう。

 

ケース

無印用品では『重なるアクリルケース』という商品が販売されており、ケースを重ねることができるので、賞状の種類ごとに分類しておくことができます。

 

1枚1枚重ねて入れておくため、取り出して確認することになりますが、取り出す頻度の少ない賞状であればオススメの保管方法です。

 

ポリプロピレン製なので耐久性にも優れています。

 

お値段はサイズによって異なりますが2000円~です。

 

値は張りますがおしゃれにこだわる方におすすめの商品です。

 

インターネットショップでも購入できますのでチェックしてみましょう。

 

100均でも同じようなケースが販売されています。

 

費用を抑えて収納されたい方は、100均で確認していてはいかがでしょうか。

 

重なるアクリルケース

 

データ化して保存

賞状は”かさばる”ので、収納の敵になりがちです。

 

そのため最近では、プリンターやアプリでスキャンし、データとして保存してから賞状自体処分してしまう方も少なくありません。

 

飾るのではなく保管するだけの賞状であれば、データ化することもオススメです。

 

写真をデータ化する無料アプリの中に『フォトスキャンbyGoogleフォト』というものがあり、賞状のデータ化にも使えます。

 

方法は、アプリをダウンロードして起動し、スマートフォンなどでスキャンしてデータ保存するだけです。

 

このアプリで賞状を撮ると、光が反射しても自動的に補正されたり、賞状の端を検出して自動的にトリミングをしてくれるので優れものです。

 

さらに角度を補正する機能もついているため、スキャンした際の向きに関わらず賞状が正しい向きに調節されます。

 

どなたでも簡単にデータ化できるのでおすすめのアプリです。

 

App Storeで確認

 

Google Playで確認

 

『カメラスキャナー』というアプリも同様に、賞状を写真に撮って代用できるデータ化する機能があります。

 

ご自身が使いやすいものを選んで使用してみてください。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク