【食器用洗剤の代用品】重曹や石鹸を使った食器の洗い方


スポンサーリンク

重曹

 

 

水に溶かすとアルカリ性を示す重曹は、食器用洗剤の代用品として使用することができます。

 

ただし、アルミニウム製の調理器具は腐食されてしまうので、重曹は使用できません。

 

お肌の弱い方は、必ずゴム手袋を着用して行いましょう。

 

重曹水に浸ける

①水1ℓに対して重曹大さじ3杯を入れ、汚れを落としたい食器を10分間つけ置きします。

茶渋などの頑固な汚れは30分ほ、どつけておくと良く落ちます。

 

※熱湯は使用しないでください。

熱湯に重曹が加わると、強アルカリ性の水溶液となってしまいます。

 

②つけ置きした後、スポンジ軽くこすり、よくすすいで完成です。

 

粉末を振りかけてこする

①水で濡らした食器の汚れている部分に、重曹を粉末のまま振りかけます。

 

②スポンジでこすり洗いをし、水でよくすすいで完成です。

 

重曹ペーストを塗る

①重曹に水を少量ずつ加えて、ペースト状にします。

 

②汚れに①の重曹ペーストを塗り、10分経ったら水でよく洗い流します。

 


スポンサーリンク

 

固形石鹸

 

 

泡立てて洗う

香料の入っていない、ベーシックな石鹸で代用することができます。

 

また、「ケイ酸塩」や「炭酸塩」が配合されている石鹸は、汚れ落ちが良くなるのでオススメです。

 

①スポンジを水で濡らして石鹸をつけ、スポンジを揉むことで泡立たせます。

 

②①のスポンジで、軽くこするように食器を洗い、水ですすいで完成です。

※油汚れは残りがちなので、必ず先に拭き取りましょう。

 

重層と組み合わせて使う

食器に重曹を振りかてから、石鹸を泡立てたスポンジで洗います。

 

重曹によってアルカリ性がさらに強くなり、研磨作用もプラスされます。

 

タッパーや弁当箱のしつこい油汚れには、特に効果的な洗い方です。

 

食器洗いに使用できるもの

 

 

クリームクレンザー

研磨剤は含まれているクリームクレンザーは、食器洗いにも使うことができます。

 

注意点として、研磨剤の種類によっては、食器を傷つけてしまうことがあります。

特に、プラスチック、漆器、フッ素樹脂加工の食器は注意が必要です。

 

ただし、ジフのクリームクレンザーであれば、研磨剤として「カルサイト」が使用されているので、食器洗いにも安心して使用することができます


ジフ クリームクレンザー 270ml×4個セット

アクリルたわし

洗剤の要らないイメージがあるアクリルたわしですが、油汚れには向いていません。

 

ですので、油分を拭き取ってから使いましょう。

 

その他の汚れであれば、アクリルたわしは食器用洗剤の代わりにできます。

 

特に、ガラスのコップなど磨き洗いが必要な食器には、是非アクリルたわしを使ってみてください。

洗剤がなくても、ピカピカに仕上がります。

 

米のとぎ汁・麺のゆで汁・小麦粉

米のとぎ汁や麺のゆで汁、小麦粉を水で溶いたものには、でんぷん質が含まれています。

 

このでんぷん質が油分と結合して、汚れが落ちやすくなります。

 

使用する際は、大きめの容器に米のとぎ汁を入れ食器をつけ置きし、スポンジで軽くこすって水ですすぎましょう。

 

お茶パック

使用済みのお茶パックは、フライパンや鍋に付いた汚れを落とすのに効果的です。

 

使用方法は簡単で、濡れた状態のお茶パックで汚れを拭き取るだけです。

 

お茶パックだけで全ての食器を洗えるわけではありませんが、目立つ汚れを食器洗い前に落としておくのに便利です。

 

茶渋や鍋の焦げ付きには、塩を使用してこすると効果的です。

 

まな板も塩でこすると、臭いも落としつつ洗うことができます。

 

酸素系漂白剤

酸素系漂白剤の主成分である過炭酸ナトリウムの酸化力が、汚れを落とすのに効果的です。

 

また、たんぱく質を分解するアルカリの力も持ち合わせているので、酸化力とアルカリの力で汚れを分解して落としてくれます。

 

使用する際は、食器の目立つ汚れを落とした後、酸素系漂白剤を加えたぬるま湯(40℃以上)につけおきしましょう。

 

注意点として、鉄や銅などの金属製や、漆器には使用できない方法です。

 

食洗機を使用する際は、食器洗い機用洗剤の代用品になります。

 


スポンサーリンク

 

さいごに

 

 

食器用洗剤が無くなってしまっても、家にあるもので代用できます。

 

重曹や石鹸はもちろんですが、米のとぎ汁や麺類のゆで汁、小麦粉も利用できます。

 

ただし、食器の材質によっては向いていないものもあるので、気をつけましょう。

 

食洗機については、酸素系漂白剤が代用できます。

注意点に気をつければ、汚れがよく落ちるので一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク