【食器用洗剤の代用品】重曹や石鹸などで食器洗い!【台所洗剤の代わりになるもの】


スポンサーリンク

 

ストックしていたはずの食器用洗剤がない!

 

と来客前に気付き、その場は熱湯で洗って何とかしのいだことがあります。

 

洗剤が切れてしまったとき、何か代用品があれば助かりますよね。

 

本記事では、食器用洗剤の代用品を紹介しています。

 

食器用洗剤

 

代用品をご紹介する前に、食器用洗剤の成分についてお伝えします。

 

食器用洗剤は何性?

食品を扱った後の食器や器具の汚れは、油汚れや皮脂汚れなどの「酸性の汚れ」になります。

 

この酸性の汚れに有効的なのが「アルカリ性」の洗剤になります。

 

汚れの特性に対して中和できるような洗剤を使えば効果があるということですね。

 

しかし、酸性やアルカリ性の洗剤は、手荒れなどの影響を及ぼす可能性があります。

 

そのため、食器用洗剤では手肌への影響が低い中性洗剤や、弱酸性や弱アルカリ性に程度を下げて洗剤として販売されている場合が多いです。

 

食器用洗剤に含まれる成分は?

先の説明で、食器用洗剤には中性洗剤や弱アルカリ性が多いということが分かりましたね。

 

食器用洗剤の成分としてよく耳にするのは「界面活性剤」の存在でしょうか。

 

油がついた食器と水は通常だと反発しあってうまく混ざり合いません。

 

そこで、界面活性剤を入れることで、油と水を混ざりやすくして洗浄力を高める効果が出てきます。

 

しかし、油を落とす分解力があるということは、手肌の皮脂も取り除いて手荒れを発生させる危険も含んでいます。

 

そのため、食器用洗剤を使うと手荒れがひどいという方は、弱アルカリや中性などの液性を確認し、天然洗浄成分が配合された洗剤を選ぶようにすると良いでしょう。

 

 


スポンサーリンク

 

食器用洗剤の代用品

 

続いては代用品を紹介していきましょう。

 

汚れの種類によっては代用できるものを違ってきます。

 

ご家庭にある身近な物もたくさんあるので一度試してみて下さいね。

 

重曹

水に溶かすとアルカリ性を示す重曹は、食器用洗剤の代用品として使用することができます。

 

食器はもちろん、キッチン周りの油汚れには強い効果があるのでオススメです。

 

また、効果を実感してもらうためにも、重曹を使用する際の注意点をお伝えした上で方法をご紹介していきます。

 

注意

・アルミニウム製の調理器具は色が剥げて腐食されてしまうので、使用しないようにしましょう。

 

・お肌の弱い方は、手荒れ防止のためにも必ずゴム手袋を着用して行いましょう。

 

・洗い残しがある場合、重曹と水に含まれる硬水成分とが反応して、白い粉が残ることがあるのでしっかり洗い流しましょう。

 

・界面活性剤の様な成分がない分、油が再付着するとべたつきが残る場合もあるので、しっかりと汚れを洗い流しましょう。

 

◆重曹水に浸ける

①水1Lに対して重曹大さじ3杯を入れ、汚れを落としたい食器をつけ置きします。

 

 

②30分~1時間程度つけ置きした後、スポンジで擦り洗いします。

 

 

③水でしっかりすすぎ洗いしましょう。

 

粉末を振りかけて擦る

①水で濡らした食器に直接重曹を振りかけます。

 

 

②スポンジで汚れた箇所を擦り洗いします。

 

 

③洗い残りがないように、水でしっかりすすぎましょう。

 

重曹ペーストを塗る

①重曹に水を少量ずつ加えて、ペースト状にします。

 

ペースト状にすることで汚れへの密着度を高められ、汚れを浮かしやすくなります。

 

 

②汚れに①の重曹ペーストを塗り、数十分時間を置きます。

 

 

③時間が経ったら、水でしっかりすすぎましょう。

 

重曹水を加熱する

揚げ物の頑固な油汚れで取れない場合は、沸騰したお湯に重曹を溶かしたものでつけ置きしてみて下さい。

 

重曹にお湯を組み合わせることでアルカリ性が高まり、強アルカリに変化します。

 

注意
ただし、アルカリ性が高まることで手肌への影響も強くなるので必ずゴム手袋を着用して下さい。

 

固形石鹸

 

固形石鹸もアルカリ性に属し、皮脂汚れなどに強いとされる存在です。

 

注意点として、手洗い用などは香料が含まれていることが多いため、洗った後に食器へ匂いが移る可能性があります。

 

そのため、香料抜きの石鹸を使用しましょう。

 

また、「ケイ酸塩」や「炭酸塩」が配合されている石鹸は、汚れ落ちが良くなるのでオススメですよ。

 

①油汚れの箇所はキッチンペーパーなどであらかじめ取り除いておきましょう。

 

 

②スポンジを水に濡らして石鹸をつけて、泡立たせます。

 

油汚れがひどい場合は泡立ちが悪くなりますが、泡をたくさん作ってつけることが重要です。

 

 

③スポンジで汚れた箇所を擦り洗いします。

 

汚れが落ちていないようであれば何度か作業を繰り返して下さい。

 

 

④しっかりと水ですすぎ洗いしましょう。

 


スポンサーリンク

 

クリームクレンザー

クリームクレンザーは研磨剤が含まれており、細かい汚れを掻き落とすのが得意です。

 

そのため、食器洗いにも使うことができます。

 

スポンジや布につけたクリームクレンザーで汚れた箇所を磨き、しっかりと流水で洗い流して下さい。

 

水分が残ったスポンジだとクレンザーの成分がスポンジの間に入り込んでしまうので、固く絞ってからつけるようにしましょう。

 

布巾を使う方法でも良いでしょう。

 

また、クレンザーの種類によっては、食器を傷つけてしまうことがあります。

 

特に、プラスチック、漆器、フッ素樹脂加工の食器は注意が必要です。

 

ただし、ジフのクリームクレンザーであれば研磨剤として天然成分の「カルサイト」が使用されているので、食器洗いにも安心して使用することができますよ。

 

 

パスタのゆで汁

乾麺のゆで汁は界面活性作用をもっていますし、乾麺からお湯に溶け出たデンプン質が油汚れを吸収・分解する働きがあります。

 

ゆで汁がない場合は、小麦粉をお湯や水で溶かして、汚れた箇所に塗り込んでも洗う方法でも効果が期待できますよ。

 

お米のとぎ汁

お米のとぎ汁は掃除や洗濯などにも万能とされています。

 

お米が持つ酵素や分解力の高さから、油汚れや食品の臭い取りにも効果が期待できます。

 

とぎ汁に汚れた食器をつけおきして、スポンジで擦り洗いしましょう。

 

ただし、プラスチック製容器の場合は傷める可能性があるので避けて下さいね。

 

 

茶渋や鍋の焦げ付きには塩を使うと良いです。

 

マグカップぐらいの大きさであれば、塩ひとつまみと水を少量入れてスポンジで磨いていくだけです。

 

水を入れすぎると塩が溶けてしまうので注意して下さい。

 

クレンザーと同じように、塩自体が研磨剤の役割を果たしてくれますよ。

 

また、焦げ付きに含まれる成分に塩が組み合わさると石鹸と似た成分が発生するため、取れやすくなるようです。

 

さらに、塩は雑菌などの水分を吸い上げて、繁殖を抑えるため殺菌力が高い食品でもあります。

 

木製まな板などは塩でふりかけてこすることで除菌にもなりますよ。

 

ご家庭にある身近な調味料なので、試してみる価値がありそうですね。

 

 

野菜などの焦げ付きが鍋についた場合は、野菜から溶けだしたアルカリ成分の汚れが主な原因です。

 

アルカリ性の汚れには酸性が有効的です。

 

水1Lに対して酢70mlを入れて煮立てます。

 

その後、荒熱を取ったらスポンジで汚れを洗い流しましょう。

 

ちなみに、お肉やお米の場合は酸性の汚れなので、アルカリ性の重曹の方が適していますよ。

 

お茶パック

 

使用済みのお茶パックは、フライパンや鍋に付いた汚れを落とすのに効果的です。

 

使用方法は簡単で、濡れた状態のお茶パックで汚れを拭き取るだけです。

 

お茶パックだけで全ての食器を洗えるわけではありませんが、目立つ汚れを食器洗い前に落としておくのに便利です。

 

酸素系漂白剤

 

酸素系漂白剤の主成分である過炭酸ナトリウムの酸化力が汚れを落とすのに効果的です。

 

また、たんぱく質を分解するアルカリの力も持ち合わせているので、酸化力とアルカリの力で汚れを分解して落としてくれます。

 

使用する際は、食器の目立つ汚れを落とした後、酸素系漂白剤を加えたぬるま湯(40℃以上)につけ置きしましょう。

 

注意
注意点として、鉄や銅などの金属製や漆器には酸素系漂白剤は使用できません。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク