【ゼニゴケの駆除方法】除草剤やその他の方法(酢、石灰、バーナーなど)を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、ゼニゴケの駆除方法を紹介しています。

 

ゼニゴケの駆除方法

 

ゼニゴケを駆除するに当たって、まず初めにゼニゴケの生態を知る必要があります。

 

ゼニゴケは、雌株と雄株に分かれ、有性生殖を繰り返し、胞子を飛ばして繁殖します。

 

そして日光が当たらない日陰かつ湿気が多いじめじめした環境を好みますので、気付かないうちに大量繁殖しています。

 

そのため簡単に言えば、日光が当たるようにし、乾燥をするなどと環境を整えてあげることで基本的にはゼニゴケなどのコケ類は駆除できます。

 

背丈の高い植物の伐採

ゼニゴケは建物の陰や、背丈の高い木々などの植物の下を好んで生殖するため、まずそれらの植物の伐採をするだけで効果があります。

 

鬱蒼としている植物を取り払うことで、地面に日の光が届きゼニゴケの生殖を防ぐことができます。

 

まずは、庭先の植物の整理をしてみましょう。

 

コケ専用駆除剤

◆ゼニゴケ退治にコケトル

『ゼニゴケ退治にコケトル』はその名の通り、ゼニゴケ専用の駆除剤です。

 

これは顆粒タイプのもので、直接ゼニゴケが生殖している範囲に撒いていきます。

 

効果の持続性はありますが、顆粒が融けるまでやや時間がかかるため、即効性には欠けます。

 

しかし、まんべんなく撒けるため確実にゼニゴケを退治することができます。

 

コケトルを撒く際は園芸用のグローブや軍手を着用して行うと、手肌が荒れることなく作業を行うことができます。

 

また風などで砕けた顆粒が粉となり体内に入って来る可能性がありますので、マスクやゴーグルも着用すると良いでしょう。

 


スポンサーリンク

 

レインボー薬品コケトール

レインボー薬品コケトールも、コケ専用の駆除剤で、こちらは水で薄めて使用するタイプのものです。

 

希釈して使うため、コストパフォーマンスに優れた商品です。

 

水で薄める際は、農薬専用の散布容器を使用しなければならないことが欠点ですが、ピンポイントで散布できることと、即効性があることが利点として挙げられます。

 

持続性の点では、顆粒タイプよりやや落ちますが気長に散布していくことで確実に駆除することができます。

 

 

レインボー薬品コケトールスプレー

こちらは、希釈することなくそのままコケに吹きかけることのできるタイプの駆除剤です。

 

水で薄める手間が省けること、農薬専用の散布容器を用意する必要のないため、素人の方や狭い範囲のゼニゴケを退治したい方におすすめの方法です。

 

スプレータイプなので、ピンポイントに散布できますが、持続性には欠けます。

 

 

土の性質を酸性からアルカリ性へ

コケ類は、日光の当たらずじめじめした場所に加え、土が酸性の場所を好み生殖しています。

 

そのため、土の性質をアルカリ性に変えればコケが根を張りにくくなるわけです。

 

そのためには、石灰やお酢、酢酸などを散布すると簡単にアルカリ性に変わります。

 

お酢の臭いが苦手な方は、石灰の使用をおすすめします。

 

また、アルカリ性の土地では、その他の植物も育ちにくい可能性もありますので理解した上で試してみましょう。

 

熱湯・バーナー除去

除草剤も石灰やお酢を使用したくない方におすすめの方法は、根こそぎゼニゴケを取り除き、熱湯をかけるかバーナーで炙る方法です。

 

除草する手間がかかりますが、確実にゼニゴケを退治することができますので、費用をかけたくない方は地道に取り組んでみましょう。

 


スポンサーリンク

 

業者に依頼する

費用は掛かってしまいますが、園芸店やよろずやなどに依頼するときれいにゼニゴケを除去してくれます。

 

◆お庭マイスター

『お庭マイスター』では、ゼニゴケの駆除に関わらず庭の事なら何でも行ってくれます。

 

費用はゼニゴケを除去する範囲によりますが、数千円ほどで作業をしてくれます。

 

日本全国どこでも対応できるため、まずはホームぺージから駆除の依頼を行いましょう。

 

◆ご家庭なんでも応援隊

『ご家庭なんでも応援隊』は、栃木県を中心に神奈川県・千葉県を除いた関東や福島県・新潟県・山形県にお住まいの方対象に、庭の手入れを依頼することができます。

 

ゼニゴケのみならず、そのたの植物の手入れや駆除も依頼すればしてくれますのでおすすめです。

 

対象の地域にお住まいの方でご家庭なんでも応援隊に頼みたい方は、ホームぺージからゼニゴケの駆除依頼を行いましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク