【ヤブガラシの駆除方法】目指せ根絶!方法や除草剤(ラウンドアップなど)を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、ヤブガラシの駆除方法を紹介しています。

 

ヤブガラシの駆除方法

 

ヤブカラシは地下茎をもつつる性の植物で、繁殖力、生命力が非常に強い植物の一種です。

 

植物だけでなく、家屋や木々にも根を張り繁殖していきますのでやっかいで鬱陶しがられる雑草として知られています。

 

地表に見えているヤブカラシの葉や茎を引きちぎって刈るっても、すぐに新しい芽を出します。

 

刈ったヤブカラシを処分するのに丸める方や結ぶ方もいらっしゃいますが、すぐ根を張りだします。

 

特にヤブカラシは5月~9月の暖かい季節により繁殖しやすいので、それ以外の季節に駆除すると良いでしょう。

 

鬱蒼と根を張り芽を出すので、ヘビや昆虫類、スズメバチなども身を潜めやすくなりますので、駆除する際は編み付きの帽子、園芸用手袋、ゴーグルなどを身につけ万全な格好で作業を行いましょう。

 


スポンサーリンク

 

駆除方法

ラウンドアップ

雑草などの植物を駆除する農薬の一種でラウンドアップがホームセンターなどで販売されています。

 

ラウンドアップヤブカラシと同じ地下茎を持つ竹など様々な植物の駆除に用いられ、水で希釈して散布するタイプの除草剤です。

 

農薬を水で薄める際は、農薬専用の散布容器という道具を使用しなければなりません。

 

そのためお持ちでない方は、ホームセンターで散布容器も一緒に購入をしましょう。

 

散布容器を使用するため、ヤブカラシにピンポイントで散布できることや即効性があることが理由で人気のある商品です。

 

また植物だけに働きかけるため、動物や人体への影響はありません。

 

しかしながら小さいお子さんが誤飲したり、除草剤を撒いた後のヤブカラシに触れないように注意をしながら作業をしましょう。

 

またお庭の芝生などを枯らしたくない場合は、筆や刷毛などでヤブカラシだけに散布するようひと手間かけることをおすすめします。

 

希釈するタイプのもので、長持ちする品物です。

 

またラウンドアップは農薬ですので、保存に注意をし必ず園芸用の手袋や軍手、マスクなどを着用して作業をするようにしましょう。

 

 

サンフーロン

ラウンドアップと同じような効果のあるサンフーロンの使用もおすすめです。

 

ホームセンターやインターネットショップで販売されています。

 

竹を主に根絶させるための徐象剤なので、その効果は抜群です。

 

ヤブカラシは地下茎で繋がっていますので、広い範囲に撒くようにすると効果が期待されます。

 

サンフーロンは希釈しないタイプのものですので、そのままヤブカラシに散布していきましょう。

 

またこの際も散布容器を用いると良いでしょう。

 

 

ネコソギ

ネコソギという除草剤があります。

 

こちらも、地下茎で繋がる植物やつる性植物、竹などを駆除することが得意な商品です。

 

顆粒タイプと液体タイプがあります。

 

顆粒タイプのものは、ヤブカラシの葉をめくって直接根元をめがけて散布しましょう。

 

液体タイプのものは葉の上からでも大丈夫ですが、根元を狙うとより効果に期待できます。

 

 

 

塩でヤブカラシを駆除することができます。

 

塩害という自然災害があるように、土が塩を多く含んでしまうと植物が育ちにくい環境となります。

 

塩の成分である塩化ナトリウムが根に触れることで、植物の浸透圧の関係が崩れてしまい根が焼けるという現象になります。

 

つまり、植物を枯らしてしまうということです。

 

塩での駆除は即効性はなく、農薬などに比べ効果が現れるには比較的時間が掛かかります。

 

また塩自体も大量に必要となることから、余りおすすめできる方法ではありません。

 

更に塩は土の中で分解されない物質なので、畑に一旦撒いてしまうと他の植物や野菜も育ちにくい環境になります。

 

塩での駆除は必ず理解した上で作業をしましょう。

 

業者に依頼する

農薬や除草剤での駆除方法は、畑や庭などに繁殖したヤブカラシの駆除をお勧めします。

 

しかし、家屋に根を張ってしまったヤブカラシの駆除は、農薬などを散布してしまうと壁の変色を起こしかねませんので業者に依頼することをおすすめします。

 

◆お庭マイスター

お庭マイスターでは、ヤブカラシなどのつる性の植物の駆除や、庭の手入れなど庭に関することならほぼ何でも行ってくれます。

 

駆除費用はヤブカラシを駆除する範囲によりますが、だいたい数千円ほどで作業をしてくれます。

 

日本全国どこでも対応しているので、まずはホームぺージの専用フォームかお電話で駆除の依頼をしましょう。

 

◆園芸店

園芸店でも、ヤブカラシなどの植物の駆除を行っている場合があります。

 

ヤブカラシが繁殖している場所を整理して植木を植えたい方、庭を作りたい方などにおすすめです。

 

園芸店の情報は、地域の情報誌や新聞紙、広告などに載っていることが多いですので調べてみましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク