【修正液の落とし方と修正テープをはがす方法を紹介】


スポンサーリンク

修正液の落とし方

 

 

手についた修正液

ついたらなるべく早く洗うというのが鉄則です。

 

ぬるま湯石けんで丁寧に洗いましょう。

クリームクレンザーを使うのも効果的です。

 

しかし、手についた修正液は洗っても、一度に全て落とすことはできません。

固形化してから、徐々にポロポロと落ちていきます。

 

手についた修正液をすぐに落としたいという場合は、除光液を使う方法もあります。

除光液をコットンなどにたっぷりと染み込ませて拭き取りましょう。

 

人によっては除光液で肌が荒れる可能性もありますので、注意が必要です。

 

服についた修正液

服に修正液がついてしまうと、慌ててすぐ拭き取ろうとしてしまいますが、乾く前の修正液を拭き取ろうとすると逆に広がってしまいます。

 

乾くまで待って、乾いて硬くなったら手でよくもんでみましょう。

たいていの場合は固まった修正液が粉になって落ちていきます。

 

手では落としきれない場合は歯ブラシなどでこすって落としましょう。

それでも落ちない場合、修正液がついている部分に歯みがき粉を塗り込んでからもみ洗いをして、きれいに洗い流しましょう。

 


スポンサーリンク

 

プラスチックについた修正液

修正液がついたプラスチックよりも柔らかい素材のスクレーパー(削り取るヘラのようなもの)などでかき落としましょう。

もしくはエタノール除光液などで落とすこともできますが、プラスチックが変形する可能性もありますので注意しましょう。

 

紙についた修正液

 

もともと修正液は紙に書かれた文字を消す目的で作られたものです。

 

一度紙につくと顔料が溶剤と混じり合い、紙の繊維に密着して固まります。

そのため紙についた修正液を落とすというのは基本的に困難とされています。

 

紙についた修正液を落とすとなると、下の文字も消えてしまうという可能性も頭に入れてから取り組むようにしましょう。

 

紙を折ったり曲げたりして、乾いて硬くなった修正の表面にヒビが入るようであれば、修正液を落とすことができる可能性があります。

 

ナイフなどの刃先で少しずつ削ったり、紙ヤスリ爪楊枝で根気よく削ったりして少しずつ慎重に落としていきましょう。

 

修正テープをはがす方法

 


スポンサーリンク

 

粘着テープを使う

修正テープの上から粘着テープをつけて一緒にはがすという方法です。

粘着が強すぎるテープですと、他の場所に支障をきたす可能性がありますので、普通のセロハンテープで十分です。

 

修正テープにだけくっつけるように、慎重に行いましょう。

 

砂消しゴムを使う

修正テープの上からなでるようにこすっていきましょう。

ゴシゴシとこすってしまうと、修正テープ以外の場所をキズつけてしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

やさしく繰り返して行えば、何重に重なっている修正テープでもはがすことができます。

 

ハンドクリームを使う

紙以外の、机やプラスチックなど水分を吸収しない場所についた修正テープをはがす場合、ハンドクリームを使うことができます。

 

たっぷりと修正テープにハンドクリームを塗り込み、少し時間が経ってからティッシュなどで拭き取ります。

 

フリクションペンのラバーを使う

消えるボールペンなどで普及しているフリクションペンは、ペンに付属しているラバーでこすると消えるというものです。

このラバー部分で修正テープをこすると、はがすことができます。

 

さいごに

 

 

修正液や修正テープの本来の用途は、紙に書いた文字を消すことです。

そのためどのような素材のものに付着しても簡単には落としたりはがしたりできないように作られています。

 

間違ってしまってどうしても落とさないといけない場合、どこに何が付着したのかをきちんと確認して、それぞれに合った方法で落とすようにしましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク