【塩を使った浄化方法】やり方や効果、オススメ(粗塩、岩塩)など【お部屋を浄化】


スポンサーリンク

 

本記事では、塩を使った浄化方法を紹介しています。

 

塩を使った浄化

 

塩を使った浄化は、水晶などのパワーストーンと同じくらい一般的で、ご存知の方も多いです。

 

袋に入れて持ち歩くことができるため、塩による浄化は多くの方が利用する方法です。

 

塩は昔から防腐作用があるとして世界中の多くの方に大切に扱われてきました。

 

主に食品の防腐に役に立ち、飢餓を防いできたと言われています。

 

その為、諸説は様々ありますが、腐敗を防ぐ効果があるということは神様の生き霊ではないかと考えられるようになりました。

 

そのようなことから、儀式で塩が崇められるようになり、徐々に怨霊や災いをを供養するなどといった浄化効果として知られるようになりました。

 


スポンサーリンク

 

塩の浄化効果

 

風水的に言うと塩は『陽』の気をもつと言われています。

 

陽の気は時計回り(好転回転)でエネルギーが回転しており、その遠心力によって邪気を舞い込み浄化に繋げています。

 

そのようなことからも塩の浄化というものは信ぴょう性が高くなってきました。

 

また、今現在でも仏教徒のお葬式では塩が使われており、葬式後に帰宅される方に塩を渡し、家に入る前に塩でお清めする文化があります。

 

これも、亡くなられた方が付いてこないように、供養するためにも改めて体に塩を振りかけるという理由で行われています。

 

更に相撲の世界でも、土俵に上がる力士が塩を撒いていますね。

 

これも、単純に力士が怪我をしないようにするためでもありますし、清らかな場所で戦うために行われていると言われています。

 

粗塩の浄化効果

 

塩の中でも特に、粗塩を用いると浄化の効果が高まると言われています。

 

なぜ粗塩かというと、一説によれば物理的に粒の大きさが大きいため怨霊や災いなどを取り込みやすいからと言います。

 

また、人工の塩よりも天然でできているタイプで、伯方の塩などの粗塩のものを購入し使用することをおすすめします。

 

岩塩の浄化効果

 

岩塩は、粗塩よりも高い浄化効果をもちます。

 

岩塩は天然でできる塩で、たくさんのミネラルが含まれており、特に強い好転回転をもっているためより多くの悪運を取り込みます。

 

世界各地で岩塩は採取することができますが、特にヒマラヤ産のピンク岩塩が人気を集めています。

 

ピンク岩塩は見た目にも美しく、単純にインテリアとして玄関やお部屋に置いておくだけでも良いアイテムです。

 

直射日光が当たる場所やお風呂や洗面台付近の湿気を多く含む環境にあると溶ける可能性があります。

 

万が一溶けてしまったら、その都度交換してより良い気をもつ岩塩に変えましょう。

 


スポンサーリンク

 

塩を使った浄化方法

体に振りかける

一般的な浄化方法として、塩を体に振りかける方法があります。

 

特に身体の背面、肩や背中に悪運や怨霊が溜まる宿ると言われているため、肩や背中に振りかけると良いでしょう。

 

他にも、膝が悪かったりする場合には痛む個所に塩を振って清めることもできます。

 

盛り塩

盛り塩も一般的な浄化方法の一つです。

 

清潔なお皿に、塩が円錐型になるように盛ります。

 

円錐型にする理由は様々ありますが、塩のもつ陽エネルギーを最大に生かす形と言われています。

 

玄関の外に扉を挟むようにして2か所置いておいたり、家の中の気になる個所に置いておきましょう。

 

粗塩・岩塩が含まれているシャンプーや洗顔を使う

先ほども述べましたが、粗塩や岩塩はたくさんのミネラルが含まれているので、美容効果も高いです。

 

そのため、粗塩や岩塩を用いたシャンプーや洗顔、ボディーソープなどが女性に関わらず男性にも人気です。

 

ドラッグストアでも販売されていますのでチェックしてみましょう。

 

オーガニック製品を扱っているLUSHでは、粗塩を含むシャンプーが販売されています。

 

洗い上がりもさっぱりとしていて、美容効果に関わらず風水学を気にされる方にも好まれる商品です。

 

パワーストーンと併用する

パワーストーンも浄化効果があるアイテムです。

 

そんなパワーストーンを粗塩や岩塩の上に置いておくと、パワーストーン自体の負のエネルギーが吸収され、更にパワーアップをすると言われています。

 

そのため塩とパワーストーンを組み合わせて、より浄化することで運気アップを図りましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク