【ベニヤ板の塗装方法】道具(塗料、スプレーなど)や防水方法なども紹介!【DIY】


スポンサーリンク

 

本記事では、ベニヤ板の塗装方法を紹介しています。

 

塗装前の処理

汚れ取り

◆油汚れ

ベニヤ板に付いた汚れを、水拭きなどで拭き取ります。

 

水拭きだけでは取れない油汚れなどには、中性洗剤が利用できます。

 

洗面器に張った水に、ごく少量の食器洗い洗剤を溶かし、その中に雑巾を浸してから、固く絞って使います。

 

ベニヤ板の汚れた部分を、雑巾でゴシゴシとこすり、拭き取ってください。

 

汚れが落ちてきたら、きれいな雑巾で水拭きをして仕上げます。

 

簡単な油汚れや手垢汚れなどは、この方法できれいに落とせます。

 

◆生活の汚れ

壁や床、雑貨などの一部として使われているベニヤ板では、生活をしている中でさまざまな汚れが付着しています。

 

とくに、壁や床でよくあるのが、鉛筆などがこすれた跡や、汚れた手で触ったときの手形、雑貨や家具がこすれたときに付着する色素などの汚れです。

 

これらの汚れには、消しゴムを使うのがお薦めです。

 

やり方は、汚れた部分を消しゴムでこするだけ。

 

びっくりするほど簡単に、表面の汚れが落とすことができます。

 

なお、ベニヤ板は紙よりも摩擦が強いので、力を込めて根気よくこするようにしましょう。

 

シールやテープなどを剥がした跡の、粘着性のある汚れを落とすときにも便利な方法です。

 

◆その他の掃除

水拭きができないものについては、から拭きを行って、ホコリなどの汚れを落とします。

 

また、塗装するベニヤ板の周りに、他の材質が接している場合には、その部分についても、から拭きで掃除しておきましょう。

 

掃除をしておくことで、ベニヤ板に接した部分からホコリなどが飛んできて、塗装中に貼り付いてしまうことを防ぐことができます。

 

マスキング

◆マスキングテープ

塗装したくない部分を、マスキングテープなどで覆い隠します。

 

マスキングテープは、養生テープとも呼ばれ、ホームセンターや100均などで購入することができます。

 

なお、身近にあるものとしてガムテープを使用する人がいますが、ベニヤ板に使うときにはあまりお薦めできません。

 

というのも、ガムテープは粘着力が非常に強いため、ベニヤ板から剥がれにくく、表面を傷つけてしまうことがあるからです。

 

一方、マスキングテープは、粘着力を抑えてあり、剥がしやすい性質を持っているので、ベニヤ板にも安心して使用できます。

 

◆やり方

塗料が付いてほしくない部分を、マスキングテープで覆ってください。

 

テープの境目は、塗料が漏れることがあるため、何重かにテープを重ねておくと安心です。

 

角や隅などの部分は、テープを小さく切り取り、細かく重ね貼りすると、漏れやにじみが少なくなります。

 

◆壁でのマスキング

ベニヤ板の壁に塗装するときには、床や天井との境目にまっすぐ、マスキングテープを貼り付けましょう。

 

塗装しない床や天井などは、ビニールシートなどで覆ってから、テープでしっかりと密閉してください。

 

なお、壁で忘れがちなのが、コンセントや配線口のマスキングです。

 

設置されている家具などについても、ビニールシートですっぽりと覆ってから、テープで閉じておきます。

 

傷などの補修

◆パテ

ベニヤ板に、小さな傷やつなぎ目などがある場合には、パテと呼ばれる補修剤で埋めておきます。

 

パテは、材質や用途により種類が分かれており、ベニヤ板には木工パテを使います。

 

木工パテは、チューブ型容器などの中に、あらかじめ錬った状態で装填されています。

 

少量ずつ絞り出しながら、傷やひび割れ、つなぎ目や段差を埋めるように塗って使用してください。

 

なお、木工パテは、テクスチャーが柔らかく、乾きが遅いので、DIYでも扱いやすいです。

 

 

◆やり方

浅い傷やひび割れなどには、パテを直接、指に取って塗るのが楽です。

 

ゴム手袋をはめてから、少量のパテを指先に取り、傷やひびの中になすり付けていきます。

 

指でグリグリとパテを押し込み、穴を埋めるようにして馴染ませましょう。

 

また、板のつなぎ目やビス跡など、大きめの穴を埋める場合には、ヘラなどを使用すると便利です。

 

やや多めにパテを取り、ヘラを使って平らに均しながら、パテを馴染ませてください。

 

パテは乾燥すると、やや目減りします。

 

そのため、少し盛り上がるくらいたっぷりと、パテを塗り付けても大丈夫です。

 

その後、数時間置いて、よく乾燥させます。表面が乾いたら、パテの上からサンドペーパーを掛けます。

 

パテがはみ出した部分やデコボコした箇所をこすって、表面を滑らかに整えてください。

 

サンドペーパー

ベニヤ板の表面全体に、軽くサンドペーパーを掛けます。

 

パテを使った補修を行わない場合でも、板の表面には、微細な傷やデコボコが残っていることがあります。

 

サンドペーパーを使って、つるつる滑らかな表面に整えましょう。

 

目止め

◆目止めとは

ベニヤ板は、木材の表面にたくさんの隙間があるため、水分を吸い込みやすい材質です。

 

水分を吸い込みやすいということは、塗料をよく吸い込むということ。

 

目止めをしていないベニヤ板では、そのまま塗装を行うと、塗料をどんどんと吸い込んでいきます。

 

そうなると、無駄に塗料を使ってしまうだけでなく、発色が不鮮明となったり、色付きにムラが出るなど、きれいな仕上がりにならないことがあります。

 

そのため、ベニヤ板の塗装では、目止めという作業を行っておくことが肝心です。

 

◆方法

目止めには、主に3つの方法があります。

 

一つ目が含浸シーラーを使うこと、二つ目が砥の粉を使うこと、三つ目がペンキの下塗りをすることです。

 

この中で、砥の粉を使う方法は、やや専門的で時間も掛かるため、DIYで行うには面倒かもしれません。

 

ペンキの下塗りについても、日頃からペンキを扱っている人でないと、下塗りの調整がしにくいです。

 

そのため、DIYで手軽に行う目止めとしては、含浸シーラーを使用するのがお薦めです。

 

◆含浸シーラー

・含浸シーラーとは

含浸シーラーを下塗りしておくと、ベニヤ板に余分な塗料が吸い込むのを防ぐことができます。

 

ベニヤ板の表面を滑らかに整えてくれるので、塗料の密着性が高まるという効果もあります。

 

DIY用の含浸シーラーは、ホームセンターなどで、千円~数千円程度で販売されています。

 

 

・やり方

容器をよく振り、中身をかき混ぜてから使います。

 

小さな雑貨などの塗装では、刷毛で塗るのが扱いやすいです。

 

壁などの広い範囲に塗るときには、刷毛とローラーのダブル使いが便利。

 

壁の縁などの細かい場所は刷毛で丁寧に、大きな面はローラーで一気に塗ることができます。

 

なお、壁など、立てたままのベニヤ板に塗る場合は、シーラーが垂れやすいです。

 

ゆっくりと刷毛やローラーを動かして、よく馴染ませましょう。塗り終わったら、数時間置いてよく乾かします。

 

塗料

ベニヤ板に塗るときは、水性塗料が使いやすいです。

 

スプレータイプの塗料よりも、ペンキのような溶液タイプの塗料がお薦めです。

 

というのも、ラッカースプレーやアクリルスプレーなどは、木材に塗料が染み込みやすく、色ムラができやすいからです。

 

溶液タイプの塗料を、刷毛やローラーで塗るほうが、格段にきれいに仕上がります。

 


スポンサーリンク

 

道具と使い方

刷毛

◆下準備

水性塗料を塗るのに、一番扱いやすいのが、刷毛で塗る方法です。

 

刷毛は、ホームセンターなどで販売している、ペイント用のものを用意してください。

 

最初に、刷毛の毛並みを整えます。

 

地面などで軽くしごいてから、抜け毛や飛び出した毛を取り除きましょう。

 

塗装中に毛が抜けると、塗装に抜け毛が貼り付いてしまいます。

 

指などで取り除いても、色落ちや汚れなどの原因となります。

 

そのため、始めにできるだけ、抜け毛予備軍を取り除いておくことが大切です。

 

 

◆塗料を含ませる

塗料をプラカップなどに注ぎます。

 

塗料が濃いと、テクスチャーが固くなり、刷毛で塗りにくいです。

 

ごく少量の水を加えて、塗料を薄めましょう。

 

次に、刷毛の下半分にだけ、塗料を付けます。

 

プラカップなどの縁で刷毛をしごき、余分な塗料を落としてください。

 

◆塗料を塗る

塗装するベニヤ板の表面に、数カ所、刷毛で塗料を置いていきます。

 

10㎝ほど間隔を開けながら、やや盛るようにたっぷりと、塗料を置いてください。

 

次に、置いた塗料を、刷毛で広げていきます。

 

均等な厚さになるように意識しながら、ジグザグと刷毛を動かして塗り広げます。

 

ムラなく広がったら、最後に刷毛を同じ方向に動かして、塗料を馴染ませます。

 

一定方向に塗り終えることで、刷毛の跡が目立たない、きれいな仕上がりになります。

 

ローラー

◆下準備

大きな面を塗装するときには、ローラーで塗ったほうが、手早くきれいに仕上がります。

 

まず、ローラーを塗料に浸してから、余分な塗料をそぎ落とします。

 

持ち手部分まで塗料が付くと、そこから塗料が垂れ下がってくるので注意してください。

 

次に、塗料をローラーによく馴染ませます。

 

不要なダンボールや新聞紙を用意し、その上でローラーをころころと転がしましょう。

 

 

◆塗料を塗る

ベニヤ板の表面に、ローラーを軽く押し当てながら、ゆっくりと転がしていきます。

 

一度塗った場所には触れないようにして、少しずつ塗り広げていきましょう。

 

ローラーは、幅の狭いWを描くようにして、ジグザグと転がしていきます。

 

または、上から下へなど、同じ方向に向けて一直線に転がしてください。

 

なお、塗料が乾く前に塗り重ねると、ローラーに塗料が戻ってしまい、色ムラの原因となってしまいます。

 

塗り残しや色ムラがあったとしても、乾いてから重ね塗りをすることで、きれいに仕上がりますので大丈夫です。

 

◆重ね塗り

重ね塗りを行う場合、一度目の塗装を乾かしている間に、まだ塗っていない塗料が乾いてしまうことがあります。

 

ローラーは塗料の容器に浸したまま、ラップやフタで覆っておくと安心です。

 

ベニヤ板の表面をそっと触ってみて、色移りがないようでしたら、二回目を塗り重ねていきます。

 

色の付きや仕上がりを見ながら、2~3回塗り重ねてください。

 

なお、色付きが良かったり、淡い発色が好みのときには、一度だけの塗装でももちろんOKです。

 

一度塗りでは、ベニヤ板の質感や木目を活かした、薄付きの塗装に仕上がります。

 

◆広い面に塗装する場合

壁のように広い面に塗装するときには、ベニヤ板の表面を、複数のブロックに分けて行うのがお薦めです。

 

ブロック分けでは、実際に線引きなどをする必要はなく、頭の中だけでざっくりと分けるだけで充分です。

 

複数のブロックを、どのような順番で塗装していくかについても、イメージしてから塗装を行うとスムーズです。

 


スポンサーリンク

 

防水したい場合

 

DIYで手を出しやすいのが、塗装の上からニスを塗る方法です。

 

簡単な防水しかできず、数年程度しか持ちませんが、何もしないよりは効果はあります。

 

ニスには防虫、防カビ効果があり、表面をコーティングしてくれるため、塗装した面を長持ちさせることができるでしょう。

 

ニスには水性と油性のものがありますが、DIYで使うときには、水性ニスが扱いやすいです。

 

なお、ニスを塗るときには、刷毛を使ってください。

 

ローラーでは気泡ができやすく、ニス塗りには向いていません。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク