【サンダルの消臭・匂い対策】臭いの取り方(脱臭)や殺菌する洗い方(洗濯)【取れない臭いを落とす!】



 

本記事では、サンダルの消臭方法や嫌な匂いの対策方法を紹介しています。

 

臭いを予防するお手入れ

ウェットティッシュ

ウェットティッシュで、サンダルに付いた足汗を拭き取ってみましょう。会社や外出先で、サンダルがヌルヌルしていると感じたとき。足底部分をさっと拭き取るだけで、サラッと心地良くなります。ウェットティッシュなんて持ち歩いていないという人は、コンビニのお手ふきシートでもOKです。ただし、ウェットなまま履いてしまうと、足が蒸れやすくなるのでご注意を。少し乾かすか、ティッシュで拭いてから、サンダルを履くといいです。

 

除菌シート

ウェットティッシュの中でもお薦めなのが、アルコールタイプの除菌シートです。アルコール成分の入ったシートは、乾きが早く、拭いてすぐに履いても、足が蒸れにくいです。そして、除菌シートには、臭いの元となる雑菌を繁殖しにくくする作用があります。普通のウェットティッシュで拭くよりも、汗や雑菌を取り除く効果が高く、臭い防止につながります。

 

消臭スプレー

◆臭いが強くなる前に消臭スプレーを

サンダルから、薄々と臭いを感じてきたときには、消臭スプレーを吹き掛けてみましょう。使うのは、リセッシュやファブリーズなどの、ごく普通の消臭スプレーです。ソファーやベッドなどに使えるスプレーならば、布地やビニール地のサンダルに使っても、ほぼ大丈夫です。ただし、皮革素材などの場合は、あらかじめ目立たない場所にちょっとだけスプレーして、シミや色落ちが起きないかを確認してください。

 

◆やり方

①サンダルは必ず、脱いだ状態で行います。履いたままスプレーすると、肌に負担となります。

②臭いが気になる部分を中心に、まんべんなくスプレーします。とくに、足が当たる内側に、よくスプレーしてください。

③ティッシュなどで、水気を軽く拭き取り、乾かします。

 

 

サンダルを履く前の臭い対策

サンダルを履く前に…

サンダルを履く前に・・・ちょっと待って! 足から、独特の嫌な臭いがしていませんか? このままサンダルを履くと、嫌~な臭いが移ってしまいますよ。先に足を消臭してから、サンダルを履くことで、サンダルが臭くなるのを防ぐことができます。

 

足を洗う

自宅にいるときには、とにかく足を洗いましょう。流水で洗い流すだけでも、臭いは和らぎます。もし時間があれば、洗面器にお湯を張って、足湯をすると効果的。温まってふやけた足を、石けんでゴシゴシ洗えば、臭いはほとんど消えます。

 

フットスプレー

フットスプレーとは、足用の制汗スプレーです。汗を吸収して蒸れにくくするとともに、殺菌作用で、臭いの元である雑菌が繁殖するのを抑えてくれます。お出掛け前に、シュッとスプレーしておくと、一日中さらさらな状態を保ち、臭いが発生しにくくなります。ちなみに、フットスプレーは、清潔な足に吹き掛けるのが理想的。すでに臭い足にスプレーしても、効果は半減しますのでご注意ください。

 

フットクリーム

足独特の臭いが強烈な人は、フットクリームを使ってみましょう。フットスプレーよりも、皮膚にぴったりと密着するので、効果が長持ちします。たとえば、フットスプレーのパウダー成分が、汗で流されやすいのに比べると、フットクリームは持ちがいいです。そして、足の指の間や、爪と皮膚の間など、臭いが発生しやすい細かな隙間にも塗り込みやすいです。サンダルを履く前だけでなく、毎日の臭いケアとして、塗っておくと安心ですよ。

 

 

 

サンダルを履いた後の臭い対策

10円玉

毎日の臭い取りに便利なのが、10円玉です。10円玉の材料である銅には、わずかながらも消臭作用があります。そのため、履いた後のサンダルに、10円玉をコロンと転がしておくだけで、臭いを取ってくれるというわけです。帰宅後、サンダル一つに付き、2~3枚の10円玉を入れておき、次に履くときには取り出してください。

 

木炭や竹炭には、臭いを吸い取る作用があり、脱臭剤としてよく活用されています。ですので、履いた後のサンダルに、炭を置いておくと、嫌な臭いを取ることができます。

 

コーヒーかすやお茶殻

コーヒーの粉や、お茶の葉っぱにも、臭いを吸い取る作用があります。臭い取りに使うときは、ペーパーフィルターで入れた後のコーヒーかすや、お茶を煎れた後のお茶殻で充分。美味しくいただいた後に、リサイクルで消臭できるので、とてもエコです。なお、コーヒーかすなどをそのまま、サンダルにぶちまけるのは止めてくださいね。お茶パックなどに詰めたものを、サンダルに入れて使いましょう。

 

重曹

重曹は、消臭作用が高いため、臭い取りに重宝がられています。サンダルに使うときには、使い古しのソックスなどに詰めてください。ちなみに、重曹は、粒子が細かいため、お茶パックなどに詰めても、中身が飛び出してしまいます。

 

消臭剤

市販の消臭剤を、サンダルの近くに置いたり、サンダルの中に入れておく方法です。たとえば、靴用の消臭バッグは、サンダルの中にもすっぽり収まるので使いやすいです。臭いと湿気を取ってくれ、型崩れなどを防ぐ効果もあります。

 

 

消臭スプレー

素早く臭いを消し去りたいときには、靴用の消臭スプレーがお薦めです。サンダルを履く前にスプレーすれば、一瞬で臭いがなくなります。毎日、サンダルを履く前と履いた後、こまめにスプレーをすることで、臭いがほぼ気にならなくなります。