【パンプスの臭い対策】パンプスの臭いを消す消臭方法を紹介

スポンサーリンク

パンプスの臭いの原因は?

 

仕事にプライベートに、女性のファッションに欠かせないパンプス

 

機能性にも実用性にも優れているパンプスですが、臭いに困っている方が多いというのも現実です。

パンプスが臭う原因を知って、臭い対策をしましょう。

 

雑菌の繁殖

パンプスの中で雑菌が繁殖することで、臭いが発生します。

 

雑菌は高温多湿が大好きです。

足にかいた汗の湿気と体温がこもるパンプスの中は雑菌にとって絶好の場所です。

 

ということは、パンプスの中が高温多湿でなくすことが、臭いを消す方法となりますね。

 

パンプスをはくときの臭い対策

スポンサーリンク

 

中敷きを使う

パンプスを購入する際に、中敷きを入れて丁度良いサイズのものを買います。

中敷きを数足分用意して、使う度に洗濯してしっかり乾かしましょう。

 

また、よく汗をかいたときや臭いが気になるときは、外出中でも中敷きを取り替えて臭いを消しましょう。

 

五本指ソックスをはく

ストッキングの中に、五本指のソックスか、フットカバーをはきましょう。

ストッキングは汗を吸収しませんので、パンプスに移る汗をソックスで抑えます。

 

数足をローテーションではく

毎日同じパンプスをはいていると、乾燥している時間が少なく、どうしても臭いが気になるようになってしまいます。

 

できれば毎日パンプスをはく場合は、何足か用意してローテーションではきはいていないものはしっかりと乾かしておくようにしましょう。

一日干してしっかりと乾燥できれば、臭いを消すことができます。

 

はいている時間をできるだけ減らす

デスクワークなどでパンプスをはいている場合は、席についている間はスリッパなどにはき替えましょう。

 

パンプスを脱いでいるときの対策

 

脱いだら殺菌

家に帰ってパンプスを脱いだら、すぐにお手入れをしましょう。

市販の除菌スプレーを吹きかけたり、消毒用エタノールを吹きかけたりして殺菌します。

 

乾燥と消臭

脱いで殺菌や除菌をしたら、次にはくまで、なるべく乾燥させて消臭対策をしておきましょう。

 

<新聞紙と10円玉>

湿気を吸い取ってくれる新聞紙と、臭いを消してくれる10円玉をパンプスに入れておきましょう。

 

<コーヒーの出がら>

コーヒーの出がらを自然乾燥させたものを、お茶の袋やコーヒーフィルターに包んでからパンプスに入れておくと臭いを消してくれます。

 

<重曹>

使わなくなった靴下やストッキングに重曹を入れたものを、次にはくときまでパンプスに入れておくことで、消臭効果が期待されます。

 

<>

竹炭備長炭など、消臭効果のある炭をパンプスに入れておきます。

乾燥剤とともに入れることでより消臭効果がアップします。

 

足の臭い対策

スポンサーリンク

 

はくことによって、パンプスの臭いが発生してしまいます。

ということは、そもそもは足が原因ということでもありますので、パンプスの消臭方法だけでなく足の臭い対策もしてみましょう。

 

足をきれいに洗う

足の角質は雑菌のエサになり、より良い環境を与えてしまうことになります。

軽石などで角質を取り除き、石けんで指の間もしっかりと洗うようにしましょう。

 

制汗剤を使う

ドラッグストアなどにある制汗剤を足に使ってみましょう。

 

また、パンプスをはいているときに臭いや汗が気になる場合、制汗シートウエットティッシュなどで足をふくのも、臭いを消すのに有効です。

 

パンプスを洗って臭いを消す

 

本革のパンプスなどは、家庭で洗うこともできなくはありませんが、取り扱いに不安がある場合はやめて専門店に持って行きましょう。

 

合皮のパンプスは家庭で簡単に洗うことができますので、きれいに洗ってしっかりと乾かします。

洗うことが、一番の消臭方法といえます。

 

【パンプスを洗う方法】汚れの落とし方や洗い方を紹介!

 

 

人間ですから、汗をかかないわけにはいきませんし、履物をはかないという訳にもいきません。

臭いの原因を理解し、それに対する正しい消臭方法を行って、上手に臭いを消していきましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク