【クローゼットの消臭】オススメの臭い取り方法を紹介!


スポンサーリンク

クローゼットの臭いは大丈夫ですか?

知らないうち臭っていることありますよね。

今回は、そんなクローゼットの消臭方法をご紹介します。

 

臭いの原因

スポンサーリンク

■クローゼットから臭いがするのはなぜか

クローゼットは色々な物が収納されているため、複数の臭いが集まり異臭となっていきます。

主な原因はこちらです。

  • カビ
  • 体臭(加齢臭も含む)
  • タバコ
  • 食べ物
  • 皮脂
  • 衣服やカバンに付着している汚れ

 

消臭方法

■全ての物を出して掃除する

臭いは汚れからも発生します。

奥底でカビが気づかないうちに発生していることもあります。

まず一度全ての物をクローゼットから出しましょう。

その後、掃除機などでホコリを吸い取り、拭き掃除をします。

■しつこい臭いには重曹がオススメ

料理に掃除に万能だと言われている重曹

家庭に1つあると便利なのでオススメです。

重曹を溶かした水で拭き、臭いを落としていきます。

酷い箇所はペースト状にした重曹(重曹:水 = 3:1)を使用します。

ペースト状の重曹を使用して、歯ブラシでこすって拭き取ります。

その後、水拭きしてよく乾燥させます。

■臭いがついた服の処理

クローゼット内の臭いが取れたとしても、収納する洋服に臭いが残っていたら意味がありません。

洗濯できるものは一度洗濯しましょう。

洗濯出来ないものについては、陰干ししましょう。

■消臭剤を使用する

〇エステー 消臭力 収納空間用

こちらの商品は、パイプに吊るしておくだけで最長3ヵ月も消臭してくれます。

効果が無くなったら交換するだけなので、お手軽に効果を発揮してくれる優れものです!

■業者に依頼をする

上記の方法を行っても臭いやカビが残ってしまう場合は、ハウスクリーニングに依頼をしましょう。

 

臭いの予防方法

スポンサーリンク

■換気を行う

クローゼットは臭いがこもりやすいです。

クローゼットの中でも食べ物の臭いやタバコの臭いが入って、洋服に染みついてしまうことがあります。

ですので、できるだけドアを開けて換気をしましょう。

■除湿剤を使用する

〇エステー ドライペット クローゼット用

こちらの商品はクローゼット内に吊るしておくだけで、最長2ヵ月除湿・消臭してくれます。

■素材別に収納する

素材によっては、カビが生えやすかったり湿気に弱かったりします。

収納する際は、出来るだけ同じ素材を一緒に収納すると管理しやすいです。

下にいくほど湿気が溜まりやすいので、下のほうには比較的強い綿(コットン)や化学繊維。

カシミヤやシルクは上のほうに置くだけでも効果があります。

 

さいごに

服をしまっておくのに便利なクローゼットですが、臭いの対策は必ず行いましょう。

また除湿も大切です。

久々に着ようとしたときに、カビが生えていたということも多々あります。

ぜひ上記の内容を参考に、クローゼットの消臭をしてみてはいかがでしょうか。

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク