【洗面器の掃除方法】水垢や汚れの落とし方を紹介


スポンサーリンク

洗面器の掃除方法

 

 

毎日汚れを落とすことが大切です。

曲面などは汚れが溜まりやすいので、注意して掃除しましょう。

 

こすり洗いする

お風呂用洗剤をスポンジにつけてこすります。

 

また、重曹の細かい粒子が汚れを落としてくれるので、重曹をスポンジにつけてこする掃除方法もおすすめです。

 

つけ置きする

残り湯につけ置きして洗う掃除方法です。

 

①浴槽の残り湯にお風呂用洗剤か重曹を入れます。

 

②洗面器や椅子、ふたなど汚れを落としたいものを全体が浸かるように入れます。

 

③一晩つけ置きしてから、シャワーで洗い流します。

 

掃除する際に便利な道具

こする際、スポンジやブラシ以外にも便利な道具があります。

 

■ストッキング

洗面器をしっかり乾かしてから、ストッキングでこすります。

 

水気がついていないことがポイントになるので、ドライヤーで乾かすのもおすすめです。

 

■アクリルたわし

アクリルたわしは細かい汚れをからめとってくれます。

 

■メラミンスポンジ

メラミンスポンジは、プラスチックに細かく傷がついてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

傷ついた部分には、さらに汚れが溜まりやすくなるので、頻繁に使用するのは避けた方が良いでしょう。

 

汚れの防止方法

 


スポンサーリンク

 

熱めのお湯で洗い流す

水よりもお湯の方が汚れが落ちやすいです。

 

使用後には、髪の毛や皮脂、石鹸やシャンプーの残りなどを洗い流しておきましょう。

洗面器に汚れを残さないことが大事です。

 

乾かす

水気をきっておくことも汚れやカビの対策になります。

 

床にそのまま置いておくよりも、吊るす方がいいですね。

 

タオルなどで一拭きしておくとさらに効果があります。

 

また、浴室全体の湿気にも気をつけましょう。使用後の換気が大切です。

 

水垢の落とし方

 

 

クエン酸を使う

■こすり洗いする

①スポンジにクエン酸をそのままつけるか、クエン酸水を作り洗面器にふきかけます。

※目安としては水200mlに対しクエン酸小さじ1杯程度です。

②水垢をこすります。

 

■湿布をする

①クエン酸にお湯を加えシャーベット状にします。

 

②キッチンタオルなどにシャーベット状にしたクエン酸をつけて、水垢の部分に湿布をします。

 

③2時間ほどおいてからはがしてこすります。

※クエン酸の濃度が高いほど、おいておく時間が長いほどよく落ちます。

 

④シャワーで洗い流します。

 

重曹とクエン酸を使う

水垢だけでなく湯垢や石鹸カスが含まれている場合、クエン酸だけでは落ちないことがあります。

 

重曹とクエン酸の両方を使ってみましょう。

 

①クエン酸水を作ります。

濃度が高いほどよく落ちます。

 

必要に応じてクエン酸の量を増やしましょう。

 

②クエン酸水をスポンジにつけたら、その上から重曹を粉のままつけます。

 

③クエン酸水と重曹をつけたスポンジでこすります。

 

カビの落とし方

 


スポンサーリンク

 

片栗粉と漂白剤を使う

片栗粉に漂白剤を混ぜて作ってペーストを塗る掃除方法です。

 

①漂白剤に片栗粉を混ぜてペースト状にします。

1:1が目安ですが、片栗粉を少し多くするとちょうど良いです。

 

②カビにペーストを塗り、5分ほど放置します。

 

③5分おいたら、キッチンタオルやティッシュ、古布などで拭き取ります。

 

この落とし方でカビが残っている場合は、放置する前にラップを湿布のように貼ってください。

ラップで密閉することで、カビが落ちやすくなります。

 

漂白剤に浸ける

漂白剤につけ置きしてカビを落とします。

 

洗面器がすっぽりと入るところ(浴槽など)に、漂白剤を薄めて入れて、つけ置きします。

 

残り湯を利用するのもいいですね。

 

さいごに

 

 

洗面器につく水垢には、皮脂や石鹸カスなど他の汚れが含まれていることが多いです。

 

お風呂用洗剤や重曹、クエン酸など一つの方法で落ちないこともあるかもしれません。

色々な掃除方法を試してみてください。

 

また、汚れやカビがこびりつく前に、使用後に洗う、乾かす、の基本的な対策をしておくといいですね。

 

カビが発生した時には、漂白剤の使用が効果的です。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク