【洗面台の掃除方法】黄ばみ・黒ずみ・水垢の取り方【汚れをキレイに落とす!】


スポンサーリンク

 

洗面台は手洗いや歯磨きなど1日に何度も使用する場所ですね。

 

使用頻度が高いからこそ汚れやすい場所ですが、洗面台を汚れたままにすると衛生的にも風水的にも良くありません。

 

逆に洗面台を綺麗に保っていれば、毎日すっきりした気分になれます。

 

本記事では、洗面台の掃除方法として様々な汚れの落とし方をご紹介しています。

 

洗面台の汚れ

効率良く掃除を行うためにも、汚れとそれに合う洗剤の種類を学んでいきましょう。

 

水垢や石鹸カス

洗面台における主な汚れは、水回りでは避けられない水垢や石鹸カスでしょう。水に含まれるカルシウム分のミネラルが結晶化してしまうことで、白いウロコ状の汚れが発生します。洗面台にザラついた感触がある場合も、同様にミネラルが蓄積して固くなったことが理由として考えられます。水垢はアルカリ性に属するので、酸性洗剤を使用することで汚れを落とすことができますよ。

 

カビ

排水溝、蛇口の縁や壁に、赤カビや黒カビが発生しやすいです。カビ菌の種類により色は異なりますが、赤カビの場合は擦れ洗いすることで比較的簡単に落とせるでしょう。黒カビの場合は、一度根を生やすと定着しやすいため、場合によっては漂白剤等の強い薬剤を使用して色素を落とす必要があります。

 

手垢や皮脂、化粧品などの油汚れ

蛇口は毎日ひねる場所なのでどうしても油汚れが付着します。また、洗面ボウルは化粧品を落とす際の油分も流れるので知らぬ間に蓄積してしまっています。手垢や皮脂などの油汚れは酸性に属するので、アルカリ性洗剤が有効的です。身近な物でいえば、重曹が当てはまります。

 

ホコリと水垢が混ざった黒ずみや黄ばみ

黒ずみや黄ばみは、複数の要因が合わさって発生してしまう汚れです。主な原因は水垢ですが、ホコリや皮脂汚れなども関係してくるでしょう。基本的にはアルカリ性の洗剤で汚れを落とすことが可能です。汚れがひどい場合は、複数の洗剤を掛け合わせて効果を高めて掃除することが大事になってきます。

 


スポンサーリンク

 

様々な汚れの落とし方

洗面台に発生する汚れを学んだ後は実践です。ここでは、色々な酸性やアルカリ性など色々な薬剤を使った汚れの落とし方を紹介しています。しかし、薬剤の組み合わせによっては有毒ガスを発生してしまうこともあります。例えば、塩素系洗剤は酸性洗剤と組み合わさると大変危険です。薬剤の使用注意事項をしっかり確認しながら1度に複数の箇所で色々な薬剤を試すことは控えて下さいね。では、汚れに合った落とし方について見てきましょう。

 

水垢や石鹸カスの落とし方

洗面ボウルや排水溝、蛇口などあらゆる箇所で発生しやすい汚れです。また、汚れを放置する時間が長くなるほど、白く固質化して取れづらくなるでしょう。できれば定期的にお手入れをしておきたいですね。

 

クエン酸を使う

水垢のミネラル成分は酸に溶ける性質があるので、酸性のお酢やクエン酸を使って掃除をしましょう。もし、あまり効果が出なかった場合は、スプレー噴射後の時間を長くしたり、クエン酸の濃度を高めてみましょう。

 

①クエン酸を水に溶かして、スプレーボトルに入れます。

水200mlに対し、クエン酸小さじ1の割合が目安です。

②汚れが気になる場所を全体的にスプレーしていきます。

③乾燥を防いで浸透度を高めるため、ラップで覆ってパックし、30分時間を置きます。

④洗面ボウルはスポンジなどで、蛇口や排水溝は歯ブラシで擦り洗いしましょう。

⑤水で綺麗にすすぎます。

 

クエン酸+重曹を使う

頑固な汚れの場合はクエン酸で汚れを中和させて浮かせた後に、研磨作用がある重曹で汚れを削り取る方法も効果的です。

上記した落とし方の作業③の後に、汚れた箇所に粉末の重曹をかけます。泡が発生し始めたら、クエン酸と重曹が反応している証拠ですよ。スポンジで擦り洗いして水ですすぎましょう。また、クエン酸と重曹はぬめり取りにも効果がありますよ。

 

お風呂用中性洗剤を使う

軽度の汚れであれば、お風呂用中性洗剤で落とせます。バスマジックリンなどの泡スプレーを噴射して、磨きましょう。メラミンスポンジを使うことで汚れをより簡単に落とせます。しかし、強く擦り過ぎると表面を傷つけてしまいますので注意が必要です。

 

カビの落とし方

カビは、排水溝や蛇口と洗面ボウルの接着面などに発生しやすいです。カビには下記の方法を試してみて下さい。

 

カビ取り剤を使う

カビキラーなどのカビ取り剤を吹き付けましょう。汚れが酷い場合はサランラップで密閉しても良いでしょう。時間が経過したら、スポンジで擦りながらしっかりと水ですすぎます。使用時は必ず洗剤に記載された表示内容に従いながら、注意して使用しましょう。

 

ミョウバン水を使う

小さい子供がいるので強い薬剤を使うのは抵抗がある…という方は、ミョウバンを使ったカビ取り法を行いましょう。ミョウバンは消臭効果が高く、海外ではデオドランドとして使用されたり、殺菌能力を活かしてウニの鮮度を保つために使われることもあります。カビの掃除だけでなく、定期的に噴射しておくことでカビ予防にもなりますよ。

 

①ミョウバンと水を1:3の割合で混ぜたものをスプレーボトルに入れます。

②すぐには溶け切らないので、2晩置きましょう。濁りや白い粉がなくなり、透明な液体になったら溶け切った証拠です。

③カビにミョウバン水をたっぷりと噴射し、2~3時間時間を置きます。

しつこいカビの場合は、キッチンペーパーやラップを上から覆って浸透度を高めます。

④歯ブラシやスポンジで擦り洗いし、水で洗い流しましょう。

 

黒ずみや黄ばみの落とし方

黒ずみや黄ばみの汚れは、水垢と混ざって発生している場合が多いとされます。そのため、基本的な汚れの落とし方は、水垢を落とす方法と同じです。水垢や石鹸カスの汚れを参考にして下さい。ここではそれでも取り切れなかった頑固な汚れを取る方法をご紹介します。

 

①クエン酸水を汚れの箇所にスプレーし、ラップを覆って30分時間を置きます。

②ラップを丸めて汚れた部分を擦り、さらにメラミンスポンジでも擦りましょう。

③水で流して汚れを落とします。汚れが落ちていない場合は④の作業へ進みましょう。

④重曹と水を3:1の割合で溶かしたペーストを塗り、30分時間を置きます。

⑤歯ブラシで優しく擦り洗いし、水ですすぎましょう。

⑥表面に付着した水を布で拭き取りましょう。

 

水気を取ることで水垢やぬめり予防になります。マイクロファイバー素材の布があれば、なお良いです。素材を傷つけることなく、微細構造でより細かい汚れを掻き落としてくれますよ。

 

鏡のくもりや汚れ

鏡は水滴や化粧、整髪料が飛び散って付着しています。また、ホコリが付着することで鏡全体がくもったような印象も与えます。軽い汚れは、ティッシュやマイクロファイバークロスで拭き取る方法で問題ありません。汚れがひどい場合は、重曹水やクエン酸水を噴射して、マイクロファイバークロスで拭き取りましょう。柔軟剤やリンス1~2滴を水で薄めたものをスプレーして拭き取れば、ホコリの付着防止に役立ちますよ。

 

壁の汚れ

壁は水のはね返りで汚れてしまうことがあります。汚れがついた時にすぐ拭き取れば問題ありませんが、時間が経つと染みになる場合もありますね。軽度の汚れであれば、重曹水をスプレーして雑巾で拭き取るだけでも効果があります。カビが発生している場合は、ティッシュなどにアルコールを染み込ませて優しく擦りましょう。壁の材質によっては破れたり、素材を傷つける危険性もあります。自宅で取り切れない時は、無理せず専門業者に依頼しましょう。

 


スポンサーリンク

 

汚れの防止方法

洗面台は使用頻度も高いため、なかなか綺麗な状態を維持するのは難しいですね。大掃除しなきゃ!とならないように、日頃の使い方に注意して汚れを防止しましょう。

 

水気を残さない

気付いた時に乾いたタオルで余分な水分は拭き取りましょう。難しい場合は1日の終わりにざっと拭くだけでも水垢やカビ防止になります。

 

湿気を溜めない

洗面台やお風呂場、脱衣所を1つの空間として扉で仕切っているご家庭も多いでしょう。お風呂を使用した後も扉を閉めっぱなしにすると、空気が抜けずに湿気が溜まりがちです。扉を開放して空気の通り道を作ってあげましょう。換気扇や窓を開けるのも大事ですね。

 

週1回はスポンジや歯ブラシで擦り洗いを

できれば毎日擦り洗いした方がいいですが、最低でも週1回はスポンジで擦ることで汚れの定着を防げますよ。排水溝はぬめりやすいので、歯ブラシを使って汚れを取りましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク