【洗面台のお掃除】水垢・黒ずみ・黄ばみをキレイにする方法


スポンサーリンク

洗面台のお掃除はしていますか?

洗面台は毎日顔を洗ったり、手を洗ったりするため、汚れが付きやすい場所です。

しかし、掃除を後回しにすると水垢や黒ずみ、黄ばみが頑固になって落としづらくなってしまいます。

そこで、今回は洗面台の掃除方法をご紹介します。

 

お掃除方法

スポンサーリンク

洗面台は、掃除をする場所によって汚れの種類が変わってきます。

使用する道具や洗剤を使い分けることで効率良くキレイにすることができます。

■洗面ボウルと排水口

ここは水道水の中に含まれるミネラルが結晶化して出来た水垢汚れが多いです。

水垢のミネラル成分は酸に溶ける性質があるので、酸性のお酢で掃除していきましょう。

お酢の代わりにクエン酸を使ってもよく落ちます。

クエン酸は水に溶かして、クエン酸水を作って掃除しましょう。

クエン酸水は水に溶かすクエン酸の量で酸性の強さを変えられます。

ですので、お酢で落ちづらかった場合はクエン酸水も使ってみてもよいです

・洗面ボウル

洗面ボウルの軽い汚れは、浴室用の中性洗剤で落としましょう。

頑固な汚れがある場合は、クリームクレンザー重曹で洗います。

用意できるのであればメラミンスポンジで優しく擦るとキレイにできます。

・排水口

排水口には、頑固な水垢が溜まっています。

ですので、お酢とティッシュペーパーでパックして落としましょう。

排水口の汚れに合わせてティッシュペーパーを畳んで、お酢を十分に染み込ませます。

クエン酸水を使う場合は、お酢のお代りに作ったクエン酸水をティッシュペーパーに染み込ませます。

お酢やクエン酸水が染み込んだティッシュペーパーを水垢の上に置いて1時間程放置します。

時間になったら、スポンジで擦りましょう。

排水口のキャッチャー部分のゴミは、使い古した歯ブラシで取り除いて綺麗にしましょう。

最後に、排水管に重曹とお酢を入れ発泡させ、ぬめりや臭いを取り除きます。

スポンサーリンク

鏡にも水滴が付着して水垢汚れになっているので、お酢やクエン酸水で掃除しましょう。

お酢やクエン酸水を鏡にスプレーして、マイクロファイバークロスで磨きます。

曇り止め加工がされていなければ、メラミンスポンジで擦っても大丈夫です。

■蛇口

蛇口の汚れの原因は、カルキ汚れと石鹸カスです。

体を洗う時に使うナイロン製のタイルを使って、蛇口を包みながら磨きます。

その後まだ汚れが残っているようであれば、使い古した歯ブラシで細かい部分を擦ってキレイにしましょう。

最後に乾拭きすると、より綺麗になります。

■水栓金具

こちらも水垢汚れが溜まっていますので、お酢またはクエン酸水をかけた後、ナイロン製のタオルで包むように洗います。

細かい部分は、使い古した歯ブラシで擦りましょう。

■棚

左右に小物入れの棚がある場合は、一緒に掃除しましょう。

上から順番に、小物をどかしてゴミや汚れを取り除きます。

重曹を水に溶かして重曹水を作り、重曹スプレーを作ります。

作った重曹スプレーと使い古した歯ブラシで棚を擦り、汚れを落としましょう。

歯ブラシ置き場の凹凸の部分は、絵の具の筆にお酢またはクエン酸水を染み込ませて、汚れに塗りこむとよいです。

しばらくして汚れが柔らかくなったら、使い古した歯ブラシで擦って綺麗にしましょう。

 

さいごに

毎日使用している洗面台ですが、お掃除を怠っている方は多いかと思います。

上記の内容を参考に、洗面台とその周辺をキレイにお掃除してみてはいかがでしょうか。

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク