【ビニール床のお掃除】汚れの落とし方を紹介!

スポンサーリンク

 

キッチンやトイレ、洗面所などによく使われるビニール床。

 

たくさんのメリットがある床材なのですが、床がすぐに黒ずんでくる!

雑巾で拭いても汚れが取れない!

 

そう思われている方も多いはず。

 

そこで今回は、ビニール床の汚れを落とす方法をご紹介します。

 

ニール床って何?

スポンサーリンク

 

そもそもビニール床って何?

と思われている方も多いかもしれません。

 

ビニール床とは、クッションフロアとも呼ばれ

クッション性に優れたビニール製の床材です。

 

爪などでグッと抑えると、凹み、離すとゆっくりと戻ります。

 

表面は木目や石目のプリントがされていることが多く

その模様に合わせて凹凸があったりザラつきがあったりします。

 

ビニール床のメリット

 

ビニール床には主に次のようなメリットがあります。

 

  • 食器を落としても割れにくい
  • 水をはじく
  • 立ち仕事でも疲れにくい
  • 防音性に優れている
  • 傷つきにくい

 

ビニール製なので柔らかく、傷つきにくく、水をはじきます。

 

上記のように、素材の特性が生むメリットがたくさんあります。

 

ビニール床のお掃除方法

スポンサーリンク

 

ビニール床は水をはじくので拭き掃除は簡単です。

ですが、普通の床に比べて黒ずみなどの汚れが残りやすいといった性質もあります。

 

これは、大抵のビニール床は凹凸があったりザラつきがあったりするため

その凹凸に汚れが入り込んでしまいやすいからです。

 

もしそんな汚れに悩まされている場合は、以下の方法をお試しください。

 

■食器用洗剤を使って拭いてみる

まずは食器用洗剤を含ませた雑巾で拭いてみましょう。

 

その後、お湯で濡らした雑巾をかたく絞り

ヌルヌルがなくなるまで拭いてください。

 

最後に乾拭きをして下さい。

 

汚れの原因が油汚れなどであれば、これだけで十分キレイになります。

 

■歯ブラシを使う

 

拭くだけでは取れない汚れの場合は

歯ブラシなどのナイロン製のブラシを使ってみて下さい。

 

食器用洗剤を床に塗り、汚れを掻き出すイメージで

ゴシゴシとこすり出します。

 

歯ブラシで汚れを掻き出すことが出来れば

先ほど同様、お湯で濡らした雑巾をかたく絞って拭き

仕上げに乾拭きをして下さい。

 

これで、大抵のビニール床の汚れはキレイになります。

 

注意点

 

ビニール床は静電気が発生しやすい素材になりますので

ホコリ汚れが残りやすいです。

 

拭き掃除をする前には掃除機やモップをかけることをおすすめします。

 

汚れを取るためのブラシは歯ブラシでなくても大丈夫ですが、

あまり硬いブラシを使ってしまうと床を傷つけてしまいます。

 

必ずナイロン製などの柔らかいものを使ってください。

 

まとめ

 

基本的にビニール床はとても多くのメリットを持っています。

 

黒ずみ汚れなどは雑巾では拭き取れないこともあるので一見頑固に見えますが

食器用洗剤を使ったり歯ブラシを使って汚れを掻き出せば、簡単にキレイになります。

 

定期的にしっかりとホコリ取りや拭き掃除を行えば

ほかの床材と比べてもキレイに保ちやすい床材だと言えます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク