【トイレのタンクのお掃除】手洗いで洗浄する方法を紹介!


スポンサーリンク

トイレ掃除って面倒ですよね。

掃除してもすぐ便器が汚れてしまうし、臭いも気になります。

トイレ掃除というと便器中心に考えがちですが、実はトイレタンクに汚れと臭いの原因が隠れています。

そこで今回は、トイレのタンクのお掃除方法をご紹介します。

 

トイレのタンク

スポンサーリンク

タンクの中には常時、数リットルの水が入っていて常にジメジメの状態です。

その中に空気中のカビ菌が侵入し、黒カビ赤カビの温床になります。

また、タンクの上に付いている手洗い器で手を洗うと、手の雑菌までタンクに侵入してきます。

タンクの汚れはそのまま便器へ流れるため、便器の汚れの原因にも繋がります。

タンクの中までしっかりキレイにして、清潔なトイレを目指しましょう。

 

タンクの中の掃除

〇用意するもの

■中性洗剤

■スポンジ

■歯ブラシ

■柄の長いブラシ

■バケツ

■マイナスドライバー(必要に応じて)

まず、トイレの止水栓を閉めます。

タンク近くの止水栓をマイナスドライバーで閉めます

これをしないと、フィルターを外したりした時に、水が勢いよく出てくる事があるからです。

②次に、洗剤を使って擦り洗いをします。

大抵のトイレタンクの注意書きに、酸性洗剤・アルカリ性洗剤は使用不可と書いてあるものが多いです。

ですので必ず中性洗剤を使いましょう

洗剤は、トイレ用・浴室用・台所用など中性であれば何でも大丈夫です。

先にスポンジを使って、大まかな所を擦り洗いしましょう。

部品がたくさんあるので丁寧に掃除します。

細かい所は歯ブラシなどで磨いていきましょう。

研磨剤入りのたわしや紙やすりを使ってしまうと、傷が付いてしまうので使用は控えた方がいいです。

もし落ちにくい頑固な汚れがあれば、重曹を使うと落ちやすいです。

③ある程度汚れが落ちたら水を流しましょう。

その後はタンクの底を中性洗剤を使ってスポンジや歯ブラシで磨いていきます

手が届かない所は柄の長いブラシを使うと便利です。

底の方が細かい部品が多いので、丁寧に磨いていきましょう。

汚れが落ちてきたら、バケツやじょうろで水を汲んで中をすすぎます。

レバーを引けば水が流れるので、洗剤が残らないように何回かすすぎます。

フタを戻して止水栓を開け、水が流れるか確認して元に戻れば完了です。

 

タンクの中の黒カビ

スポンサーリンク

黒カビ退治は、夜就寝前にカップ1杯の重曹をタンクに入れて一晩置きます。

そして翌朝に水を流します。

重曹は消臭効果もあるので、臭いも消してくれます。

 

タンクの表面(手洗いボウル)

■水垢

タンクの手洗いボウルは水垢で汚れている場合が多いです。

水垢は水道水のミネラルが原因のアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸水やお酢を使うと効果的です。

クエン酸水やお酢をスプレーした後、スポンジで擦り水拭きしましょう。

頑固な水垢は、トイレットペーパーやティッシュにクエン酸水やお酢を染み込ませて、汚れに置いてラップでパックします。

30分程馴染ませて、スポンジで擦り、水拭きしましょう

■黒ずみ

黒ずみは水垢にススなどの汚れが混じったものなので、さらに頑固で落ちにくい汚れになります。

浴室用クレンザーなどをスポンジに付けて、擦り落とすのが効果的です。

スポンジの代わりに、ラップを丸めて擦るのもおすすめです。

その後、しっかり水拭きします。

クレンザーがタンクの中に入ると故障の原因になることがあるので、お掃除中はタンクの穴に雑巾などを詰めておきましょう。

 

金属部品(タンクのレバー・手洗い器の水栓金具など)

トイレ用中性洗剤を柔らかい雑巾にスプレーして、ホコリなどを綺麗に取り除きます。

金属部分は、水拭きした後に乾拭きすると「つや」が出てピカピカになります。

 

さいごに

おトイレ掃除のとき、意外とタンクの汚れは盲点ですよね。

ぜひ今回の内容を参考に、便器だけではなくタンクもキレイにしてみてはいかがでしょうか。

【トイレのお掃除】おすすめグッズや使い捨てブラシを紹介!

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク