【トイレブラシの掃除方法】汚いブラシの洗い方やお手入れ方法【漂白・除菌で清潔に!】


スポンサーリンク

 

本記事では、トイレブラシの掃除方法やお手入れ方法を紹介しています。

 

トイレブラシの汚れ

 

ある調査では、トイレブラシから10万~1億の細菌が出たという結果もあります。

 

桁が大きくて想像しづらいですが、下水道の汚染レベルと同等だそうです。

 

トイレ掃除をした後に、ブラシを便器内で水切りする方もいるのでは?

 

実は、そうすることでトイレの壁や床に雑菌が飛び散って、トイレ内は瞬く間に危険な場所になるそうです。

 

抵抗力の低い乳幼児や高齢者にとってはアレルギー発症や腸管系の感染の原因になることも。

 

そう考えると、今すぐでも何とか対処したい!となりますね。

 

トイレ汚れの種類について

トイレブラシの洗い方を説明する前に、トイレの汚れの種類を少しお話します。

 

トイレは日々の排泄によって様々な菌が繁殖している状態です。

 

水回り特有の水垢や黒ずみは、

 

・カビ

 

・微生物

 

・ホコリ

 

などが主な原因になっています。

 

その場合は、殺菌力が高い漂白剤を使うよりも、クレンザーや擦り洗いの方が有効的です。

 

また、イヤな臭いと黄ばみは尿石が主な原因です。

 

尿石はアルカリ性になるので、酸性の薬剤を使用することで汚れを落としやすくなるでしょう。

 

トイレブラシには便器内の汚れが付着しているので、こうした汚れの宝庫であることも頭に入れておかなければなりません。

 


スポンサーリンク

 

洗い方

 

続いて、トイレブラシの洗い方をご説明しましょう。

 

実は、トイレブラシだけでなく、トイレブラシを収納している容器にも汚れが多く付着しています。

 

同時に洗うことでキレイな状態で保管することができますよ。

 

<落とし方①>クエン酸に漬け置きする

クエン酸には除菌成分が含まれており、水回りの水垢にも効果があるとされています。

 

また、尿石などのアルカリ性の汚れには、クエン酸などの酸性の薬剤が良いでしょう。

 

ただし、酸性の薬剤を利用する場合は塩素系薬剤と組み合わせると大変危険なので絶対に併用しないで下さいね。

 

◆必要なもの

・ゴミ袋4枚

 

・クエン酸

 

・バケツ

 

・40~50℃のお湯

 

手順

①バケツの中にゴミ袋2枚を重ねます。

 

 

②その中にぬるま湯とクエン酸を入れます。

 

 

③ブラシとケースを浸け、30分置きます。

 

 

④浸け置きが終わったら、袋の中のお湯をトイレに流します。

 

 

⑤バケツに新しいゴミ袋2枚を重ねて入れて、その中に水を入れてすすぎ洗いします。

 

 

⑥天日干しして、しっかり乾燥させましょう。

 

<落とし方②>漂白剤に漬け置きする

一番除菌力が高い方法としては、殺菌力の高い漂白剤を使用することです。

 

漂白剤には塩素系と酸素系があり、塩素系の方がより強い殺菌効果を期待できます。

 

しかし、塩素系漂白剤は取り扱いが難しく、酸性の薬剤と混ぜると有毒ガスを発生させてしまいます。

 

塩素系漂白剤を使用する場合は、必ず単品で使用し、ゴム手袋やマスクの着用、十分な換気が必須条件です。

 

表示内容をしっかり確認の上、注意しながら利用しましょう。

 

必要なもの

・ゴミ袋4枚

 

・酸素系漂白剤

 

・バケツ

 

・40~50℃のお湯

 

手順

①バケツの中にゴミ袋2枚を重ねます。

 

 

②その中にぬるま湯と酸素系漂白剤を入れます。

 

漂白剤の量は商品によっても異なりますので、表示を参考にして下さいね。

 

 

③ブラシとケースを浸け、30分置きます。

 

 

④浸け置きが終わったら、袋の中のお湯をトイレに流します。

 

 

⑤バケツに新しいゴミ袋2枚を重ねて入れて、その中に水を入れてすすぎ洗いします。

 

 

⑥天日干しして、しっかり乾燥させましょう。

 

バケツやゴミ袋を用意するのが面倒!という方は便器の水を利用して漂白しても良いでしょう。

 

基本的な方法は上記に記載した方法と同じです。便器に漂白剤を適量入れて、ブラシを30分漬け置きましょう。

 

トイレブラシを流水ですすぎ洗いし、天日干しして乾燥させます。

 

殺菌力や漂白力を重視して塩素系漂白剤を使用したい場合、キッチンハイターなどでも効果はありますよ。

 

掃除場所によって複数の漂白剤を用意するのは大変なので、ご自宅で利用できるものがあれば利用したいものですね。

 

洗い方の頻度は?

理想はトイレ掃除を行った後に毎回洗えば、より衛生的になります。

 

でも現実的にはなかなか難しいものです。

 

ご家庭のトイレ掃除を行う頻度にもよりますが、1~2週間に1回は洗浄してあげると良いでしょう。

 

面倒に思うかもしれませんが、掃除は後回しにすると汚れをどんどん蓄積させる一方です。

 

こまめなトイレブラシの洗浄を心がけましょう。

 

トイレブラシの種類について

トイレブラシは掃除の頻度や形状によっても特性が異なっています。

 

掃除頻度が週数回であれば、スポンジタイプのトイレブラシが良いでしょう。

 

こまめな掃除ができているので、スポンジ素材で優しく擦るだけでも十分だからです。

 

水ハネも少なくて嬉しいですね。

 

スポンジタイプは水分を吸収しやすい分、雑菌も繁殖しやすいので2か月に1回の頻度で交換が必要です。

 

逆に、月に数回の掃除頻度の場合は、こびりついた汚れをしっかり落とせるブラシタイプがおすすめです。

 

また、水切りが良く、ブラシを保管する容器内でも乾燥させやすくなります。

 

型崩れもしくにいので長期間使えて、半年に1回の頻度の交換で十分でしょう。

 

使い切りタイプのトイレブラシについて

忙しいと、トイレブラシの清掃まで行うのは大変ですよね。

 

そんな場合は、使い切りのトイレブラシを利用する手もあります。

 

掃除好きの友人の中には、トイレブラシは設置せずに別の物で代用するという人もいます。

 

ここでは、トイレ掃除=トイレブラシという認識を捨てて、自由な目線で見ていきましょう。

 

割り箸と掃除用ウェットティッシュで掃除

割り箸の間に掃除用ウェットティッシュを挟んで便器内を擦り拭きしましょう。

 

うまく挟めない場合は、割り箸の周りに巻き付けて輪ゴムで結ぶでも良いでしょう。

 

トイレ用クリーナーを利用すれば、そのまま洗い流せるので便利ですね。

 

割り箸だと細い分、ふち裏にも手が届きやすいですよ。

 

雑巾やスポンジで擦り拭き

古くなった雑巾やスポンジを利用してトイレブラシの代用にされている方もいるようです。

 

雑巾やスポンジにトイレ用洗剤をつけて、重ね履きした手袋で直接便器内を拭くという方法です。

 

直接手を使うことでブラシでは届かない箇所の清掃もでき、汚れを取り除けて快感!という声もありますよ。

 

流せるトイレブラシを利用する

使い捨てできて衛生的なのが、流せるトイレブラシです。

 

トイレブラシのお手入れが面倒な方や、不衛生なのが気になる方にはおすすめですよ。

 

場所も取らないので、狭いトイレ内でもコンパクトに収まります。

 

ボタン1つで捨てられるので、手も汚さずにすみますね。

 

 

 


スポンサーリンク

 

汚れの防止方法

 

 

トイレブラシを清潔に使い続けるためにはいくつかの注意点があります。

 

トイレブラシは便器内を直接掃除する用具なので、元々汚れが付着しています。

 

そのため、日ごろの扱い方やお手入れを工夫して、少しでも清潔な状態に近づけていきたいものです。

 

さっそく、ポイントを見ていきましょう!

 

使用後は天日干しする

水分が残った状態のトイレブラシを容器に保管すると、汚い水滴が落ちて雑菌が増えてしまいます。

 

トイレブラシをしっかり乾燥させることで、臭いや雑菌の繁殖を軽減できます。

 

トイレブラシの容器に溜まった水は流す

時間がないなどの理由で、使用後のトイレブラシをそのまま保管せざるを得ない場合は、容器内に溜まった水は、後で必ず捨てるようにして下さい。

 

容器内に水分が残れば、雑菌の温床となってしまいます。

 

ただでさえ、雑菌が多いトイレ内では繁殖が抑えられず、最悪アレルギーを発症させる危険性もあるので注意しましょう。

 

特性を見てトイレブラシを選ぶ

人によって掃除用具を選ぶポイントは異なりますよね。

 

ライフスタイルに合った商品を選ぶことで、掃除のストレスを減らせますね。

 

例えば、しっかり汚れを落として、衛生的なものが良い!

 

という場合は、下記のような商品もありますよ。

 

全面植毛ブラシなので、どの面からでも掃除しやすいメリットや、容器に保管しても底につかずに衛生的な点が魅力です。

 

衛生面をこだわるのか、掃除のしやすさを重視するのか、など自分にあった商品が何かを考えてみると良いかもしれません。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク