【竹の駆除方法】道具(除草剤、塩、農薬など)や伐採方法、業者などを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、竹の様々な駆除方法を紹介しています。

 

竹の駆除方法

 

竹は地下茎をもつ代表的な植物なため、生えていると地盤が強くなり土砂災害が軽減されたり防風林として役に立ちます。

 

土地の拡張や増殖により竹を処分したい方は、以下の方法を試してみましょう。

 

除草剤

 

ホームセンターやインターネットショップで『サンフーロン』という竹駆除専用の除草剤が売られています。

 

竹の地上から30㎝程の高さにドリルで穴をあけ、そこにサンフーロンの原液を10ml注入します。

 

穴をガムテープで抑え、2~3カ月経つと竹の葉が落ちますので、そこが根まで枯れたという印になります。

 

あとは電動のこぎりなどで伐採すれば竹を駆除することができます。

 

竹は地下茎で繋がっています。

 

除草剤を使用した場合は、周辺に生えているタケノコ(半径15m以内の竹)の食べないように注意しましょう。

 

農薬

 

 

サンフーロンと同じようなタイプで『ラウンドアップマックスロード』という農薬も販売されています。

 

こちらは様々な植物の駆除に用いられ、希釈して使用するタイプです。

 

ラウンドアップマックスロードで竹を駆除する方法は、まず節から2~3cm下に穴を開けます。次に原液を10mlほど穴から注入します。

 

そして穴をガムテープ等でしっかりと蓋をします。

 

すると2~11カ月ほどで竹の葉が枯れ落ち、根まで枯れたということになります。

 

ラウンドアップマックスロードを使用した際も、周辺のタケノコを食べないようにしましょう。

 

塩を竹の根元に撒いて駆除することができます。

 

塩の成分である塩化ナトリウムが根に触れると、根が焼けてしまい枯らすことができます。

 

しかし、農薬に比べ非常に時間が掛かる上に塩も大量に必要となる方法なので、おすすめできる方法ではありません。

 

灯油

除草剤や農薬の代わりに灯油を活用して竹の駆除をすることができます。

 

その方法も同じで、地上から30㎝ほどの高さに穴をあけます。

 

そこに灯油を入れて穴をガムテープで塞ぐと、数ヶ月で竹が枯れてきます。

 

100%安全な方法ではないので、灯油の取り扱いに不安のある方は使用を控えてください。

 


スポンサーリンク

 

伐採方法

道具と手順

竹を伐採するには、重機や電動式の器具を用います。

 

竹の破片が飛び散ったりしますので、防護メガネと軍手を着用しましょう。

 

また、なるべく腕や足も保護できるような作業着で行うことをおすすめします。

 

竹を駆除するには駆除する適切な季節を選択します。

 

タケノコが生え終わる初夏に駆除をすると、竹の栄養分が一番低い時期なので効果が期待されます。

 

そして、竹は地下茎で繋がっておりますので、竹を駆除した後に根こそぎ掘り起こします。

 

竹を伐採するための道具を2つご紹介いたします。

 

チェーンソー

一般的なのがチェーンソーを用いた方法です。

 

チェーンソーだと、多くの竹を時短で伐採できますのでおすすめの道具です。

 

ただし、誤って怪我をしないように十分に注意をしましょう。

 

チェーンソーを所有されていなくても、ホームセンターで貸し出しを行っている場合があります。

 

島忠ホームズやコメリでは、1080円~チェーンソーや電動のこぎりなどの工具をレンタルすることができますので、ぜひご利用ください。

 

鋸(ノコギリ)

 

手軽に使用できるのがノコギリです。

 

ノコギリであれば素人でも簡単に竹を切ることができます。

 

しかし時間がかかるため、大量に竹を伐採する際にはチェーンソーなどの電動器具を用いて行いましょう。

 


スポンサーリンク

 

業者に依頼

 

竹の駆除を行ってくれる業者に依頼することができます。

 

費用は掛かってしまいますが、竹を駆除するには確実な方法です。

 

費用・料金

『お庭マイスター』では、庭の事なら何でも行ってくれます。

 

木の伐採であれば1本3000円~行ってくれます。

 

全国どこでも対応可能なため、まずはホームぺージから駆除依頼を行いましょう。

 

補助金

孟宗竹など森林の保全に役立たない竹は、都道府県の自治体から補助金が支給され駆除することができます。

 

1ha当たり15万円ほどの補助金が支給されるため、駆除をお考えの方は都道府県の自治体へ問い合わせをしましょう。

 

依頼方法

都道府県の自治体のホームページにアクセスをし、電話で環境科などへつないで貰います。

 

そしてその旨を伝えると、竹が群生している面積の大きさによって補助手続きをしてくれます。

 

竹の活用方法

竹炭

 

 

竹で作られた炭は多気孔のため、土の浸水性、保湿性、保水性などが改善されます。

 

土壌改良資材の他にも調湿材、水質浄化、消臭用など様々なメリットがあります。

 

また竹炭を畑に混ぜることで土壌改良され作物の根はりが良くなります。

 

竹粉

竹を粉砕機で粉砕した竹粉は、土壌改良剤として用いることができます。

 

ペットや家畜の肥料としても利用できるためマルチに活用できる便利アイテムです。

 

竹粉を食した動物は、整腸作用が働き毛並みや肉質が良くなると言われています。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク