【側溝の掃除方法】やり方や道具・機械(高圧洗浄機など)、泥(ヘドロ)の処理方法など



 

側溝掃除とは「どぶさらい」という言葉にあるように、汚くて大変なイメージがありますよね。

 

本記事では、側溝の基本的な掃除用具・掃除方法、誰が行うのか?などについて紹介しています。

 

側溝掃除は誰がやる?

 

側溝掃除で一番悩ましいともいえるのが、誰がどこまでやるのか?ということではないでしょうか。掃除範囲は市道や私道によって実施すべき人が異なるため、複雑なイメージを生み出しているかもしれません。私道の場合はその道路に対して、税金を払う管理者が掃除するのが一般的です。市道に関しては市役所などが対応することになっていますが、実情できておらず各自治体で任意で実施している場合が多いでしょう。清掃範囲に悩む場合は、お住まいの役所へ相談しましょう。

 

自治体

 

自治体が組まれている地域では自治体活動の一環で、定期的に地域住民で清掃する場合もあります。ボランティア参加が基本となり、参加しない人が多くなるトラブルを避けるために、欠席した人に対しペナルティを課す自治体も存在します。

個人的に行った清掃で出た汚泥は、自治体が回収をサポートしてくれることもあります。

 

個人

自治体の一環として組み込まれていない場合、各個人で掃除を行う人もいるでしょう。高齢者が多い地域や何らかの理由で出席率が低い場所では、平等性を図るために自治体による溝掃除を止めたという所も多いのが現状です。

 

役所

公道の場合は、地域の相談課に連絡すると対応してくれる場合があります。ただし、地域全ての側溝を清掃するとなると、多くの税金を投入しなければならず現実的ではありません。私道の場合は対応してくれないケースが多く、自分で清掃しなければならない場合がほとんどです。役所に対応をしてもらいたい場合は、お住まいの役所のホームページを確認し、担当の課へ相談してみましょう。

 

業者

側溝の清掃は非常に重たいフタを外す作業や、泥上げ作業などは重労働になります。女性や高齢者の場合は極めて困難で、不衛生なため男性でもやりたくない作業ですね。その場合は、側溝清掃を専門とする業者に頼むと良いでしょう。機材や掃除範囲も業者によって異なるため、確認が必要です。清掃の費用は、大体10メートルで1万円~2万円が相場です。清掃の際に出た汚泥の回収に別料金がかかることもあり、こちらは数千円ほどです。

 

 

必要な掃除用具は?

 

始める前に必要な掃除用具を用意しておきましょう。ホームセンターや通販などでも販売されています。住む地域によっては役所で掃除用具を貸し出しされている場合もあります。上手に活用しましょう。

 

安全靴

汚れても良い運動靴でも構いませんが、側溝の中に入った場合は泥や土がついて取れづらいので、後処理が簡単な安全靴があると安心です。

 

スコップ(ジョレン)

通常のスコップを使っても構いませんが、水切り機能がないため作業が大変になります。すく部分に穴が開いた「ジョレン」を使うことで足腰に負担がかからずにすみます。ステンレス製でできたものを使えば丈夫ですよ。

 

 

側溝の蓋を外せる道具

側溝の蓋は50kg以上を超えるものもあり、開ける途中に足に落としては大事故になります。安全を期して側溝蓋を挙げる道具は準備しておきましょう。下に紹介した商品はシンプルですが、テコの原理を利用して重い蓋を持ち上げます。

 

 

プランター、砂利

水分を含んだままの泥は水切り・乾燥後、重量を減らした状態で捨てることが望ましいです。持ち上げた泥をプランターに入れて水切りしましょう。100円ショップやホームセンターの園芸用品コーナーで購入できます。

 

 

 

高圧洗浄機

 

自動車やベランダ、窓ガラスの清掃など様々なシーンで活躍する高圧洗浄機ですが、側溝の汚れを落とすのにも大活躍してくれます。女性が持ちやすいコンパクトで軽量なタイプ、静音性が高く水圧も高いものなど様々です。予算が足りない、側溝掃除にしか使わないという方には、高圧洗浄機のレンタルサービスをオススメします。ゴミや汚れが多くない場合は、手尺やバケツで水を流しながら作業したり、ホースの先端をすぼめて使えば、汚れを取り除くこともできます。