【スマホの画面の掃除方法】指紋や手垢、皮脂の拭き取り方


スポンサーリンク

 

スマートホンの画面は指で触れることが多いため、知らないうちに指紋や手垢、手の皮脂で汚れることが多いですよね。

 

他にも耳につけて通話することで、ファンデーション、顔の皮脂も付着してしまうことがあります。

 

今回は、スマートホンの液晶画面をピカピカにする掃除方法をご紹介します。

 

スマホの画面の掃除方法

 

 

クリーニングクロス・メガネ拭き

力を入れて拭くのではなく、優しく円を描きながらなでるように拭きましょう。

 

画面を拭き取った後のクロスには油汚れが付着しているので、洗濯しましょう。

 

特にマイクロファイバー製のクロスは、油分をよく落としてくれるのでオススメです。

 

液晶専用のウェットティッシュ

拭き跡を残さずに、油汚れを掃除することができます。

 

使用後は捨てるだけなので、お手入れも必要なく楽です。

 

液晶用のクリーナー

メガネ用など液晶以外のクリーナーだと、液晶画面にダメージを与えることがあります。

必ず液晶専用のクリーナーを使用しましょう。

 

液晶用のクリーナーをクロスにつけて拭きとります。

 

液体やスプレー式のクリーナーを使う際には、必ずクロスに含ませてから拭きましょう。

誤って画面以外のボタンやマイク、電源端子から内部に液体が侵入してしまうと、故障の原因になってしまいます。

 

防水機能のあるスマホでも、クリーナーは防ぎきれない場合があるので、注意しましょう。

 

水洗い(防水機能付きのスマホのみ)

防水タイプのスマホは、注意が必要になりますが水洗いも可能です。

 

①電源ケーブルの差込口やイヤホンジャックを水が侵入しないようにしましょう。

取り扱い説明書を確認しながら行うことをおすすめします。

 

②常温の水で流しながら、指で優しく洗います。

洗剤を使用する場合は、必ず中性洗剤を使用しましょう。

 

③最後に柔らかいタオルで水分を吸い取ります。

ティッシュや固いタオルで拭いてしまうと傷つけてしまうことがあるので、柔らかいタオルで挟んで水を吸収しましょう。

 

NGな掃除方法

■アルコール

指紋や手垢、皮脂はタンパク質の汚れなので、通常であれば消毒用アルコールが効果的です。

 

しかし、スマホの画面の場合は、アルコールやアルコールを含むウェットティッシュの使用を控えましょう

 

アルコールがプラスチック部分を劣化させてしまうことがあります。

 

■ティッシュ・タオル

ティッシュやタオルで拭くのは止めましょう。

 

画面に付着した油分が広まってしまう上に、繊維で液晶画面やフィルムを傷つけてしまう可能性があります。

 

【イヤホンジャックの掃除方法】

 

スポンサーリンク

 

画面のベタベタ汚れ対策

 

 

指紋防止フィルム

指紋防止フィルムを使用することで、画面に油汚れが付着しにくくなります。

 

フッ素コーティング剤

フッ素コーティング剤を使用することで、油汚れやファンデーションなどの化粧汚れを効果的に防止することができます。

 

ただし、使用後はスマホが高温にならないように、十分に注意する必要があります。

 

使用上の注意点も多いため、玄人向けの汚れ対策になります。

 

防指紋ワックス

防指紋ワックスを画面に塗っておくことで、指紋や汚れを防止することができます。

 

ワックスが落ちると効果が無くなってしまうため、こまめに塗ってあげる必要があります。

 

スポンサーリンク

 

さいごに

 

 

スマホは使用頻度が高いため、とても汚れやすいです。

 

使用することが多いからこそ、清潔に使用したいですよね。

 

こまめに掃除するのが面倒な場合は、汚れないように対策してみることをおすすめします。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク