【ゴムパッキンの掃除方法】黒カビの取り方を紹介


スポンサーリンク

お風呂場のゴムパッキン

 

 

カビ取り剤

カビ取り剤を使う場合、カビのある部分に水気があると効果が落ちてしまいます。

最悪の場合には、全く効果が得られないこともあります。

 

カビ取り剤を使用するときは、完全に乾いた状態であるのを確認してから作業を始めましょう。

 

カビ取り剤に記されている方法でも効果はありますが、ひと工夫することでよりカビ取り効果を得ることができるのでご紹介します。

 

■ラップをする方法

①黒カビが生えている部分にカビ取り剤を吹きかけます。

 

②キッチンペーパーを適当な大きさにしてカビ取り剤を含ませてから①の上にかぶせます。

※魚や肉を購入したときに使われているトレイを使うと便利です。

 

③カビ取り剤がついている部分をラップで覆います。

 

④しばらく放置して、ラップとキッチンペーパーを取り除いて水で洗い流します。

 

⑤まだ黒ずみが残っているようであれば、歯ブラシなどでこすります。

 

塩素系漂白剤+片栗粉

①塩素系漂白剤と片栗粉を1:1の割合で混ぜて、練ってペースト状にします。

 

②黒カビがある部分の水気をしっかりと拭き取り、漂白剤のペーストを塗ります。

※ペーストが落ちそうな箇所にはペーパーなどを使って貼り付けます。

 

③5分ほどおき、濡れたペーパーなどでペーストを取り除きます。

 

④水で十分に洗い流します。

 

漂白剤ペーストは時間が経つにつれて効果が低くなっていくので、使う直前に作りましょう。

 

塩素系漂白剤は効果が強いので、長時間ゴムに触れているとゴムが傷んでしまいます。

漂白剤に記載されている時間を目安にしましょう。

 

お湯

50℃以上のお湯90秒以上かけ続けることで、ゴムパッキンの奥まで入り込んでいる黒カビのほとんどを死滅させることができます。

 

ヤケドの恐れもあるので十分に注意して行いましょう。

シャワーでお湯をかけるのがオススメです。

 


スポンサーリンク

 

冷蔵庫のゴムパッキン

 

 

冷蔵庫のゴムパッキンにも、黒カビは生えます。

 

食品を保管する場所に、カビ取り剤のような薬剤を使うのは心配で抵抗がある方も多いかと思います。

ですので、薬剤を使う方法と、身体に安心して使えるものでカビを取る方法をご紹介します。

 

台所用塩素系漂白剤

布巾やまな板などの除菌や漂白に使われる、台所用の塩素系漂白剤を使う方法です。

 

①塩素系漂白剤を5倍に薄めます。

 

②割り箸の先に布を巻きつけたものか、綿棒に漂白剤を染み込ませます。

 

③ゴムパッキンの黒ずんでいる箇所に塗りつけます。

 

④しばらくおいてから水拭きをします。

 

酸素系漂白剤+重曹

酸素系漂白剤は塩素系よりも安全ですが、効果は塩素系ほどではありません。

 

しかし、重層と混ぜて弱アルカリ性同士のコンビを組むことで強力なカビ取り剤になります。

 

①酸素系漂白剤:重曹:ぬるま湯(約40℃)を1:1:5の割合で混ぜてペースト状にします。

 

②黒カビが生えている部分に塗り、ラップで覆います。

 

③2~3時間放置します。

※頑固なカビの場合は放置時間を長くします。

 

④水でしっかりと洗い流します。

※水で流すことができない場合は、お酢を2倍に薄めたものを付けて中和します。

 

電解水スプレー

薬局などの台所用洗剤コーナーに置かれている電解水のスプレーを使います。

これを吹きかけて歯ブラシなどでこすり、最後に拭き取るだけです。

 

重曹などと同じアルカリ性のクリーナーですが、界面活性剤が入っておらず、成分は水と塩だけです。

環境に優しいだけでなく、赤ちゃんのおもちゃなどにも使えるほど安全なものです。

 

掃除効果もしっかりあるので、冷蔵庫だけでなく台所の掃除には大活躍します。

 


スポンサーリンク

 

さいごに

 

 

黒カビの取り方といっても、それがどのような場所かによって方法が変わってきます。

 

小さなお子さんがいる家庭や、ペットを飼っている家庭はより気を使いますよね。

 

強い薬剤が使えないからといって黒カビを見逃すわけにもいきません。

それぞれのカビが生えた箇所に合った方法を選んで、きちんと取り除いておきましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク