【プラスチックの汚れ落とし・ベタベタ除去】落とし方や防止方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、プラスチックの汚れの落とし方ベタベタの除去方法を紹介しています。

 

汚れの落とし方

水拭き

プラスチックの簡単な汚れは、水拭きで落とすことができます。

 

雑巾に水を含ませて、固く絞ってから、ゴシゴシと拭き取りましょう。

 

コーヒーなどの食べこぼしや、水性クレヨンなどが付着した着色汚れなどは、すぐに拭き取れば、水拭きだけでもきれいに落ちます。

 

キーボードやマウスなど、機器周りのプラスチックには、アルコール成分を含んだウェットティッシュがお薦め。

 

乾きが早いので、水分に弱い精密機器にも使いやすいです。

 

そして、雑巾よりも薄手なので、細かな場所にまで手が届きやすく、丁寧な拭き取りができるというメリットがあります。

 

マイペット

◆マイペットと汚れ

エアコンなど、しばらく掃除をしていないプラスチックの汚れには、マイペットなどの住居用洗剤を使いましょう。

 

 

時間が経って落ちにくくなった着色汚れや、ホコリやゴミがへばり付いた汚れ、手垢などによる汚れを落とすことができます。

 

マイペットなどには、簡単な洗浄成分が入っているため、水拭きだけよりも汚れが落としやすくなります。

 

 

◆落とし方

・雑巾で拭き取る

マイペットでは、そのままスプレーができる容器となっていますが、プラスチックに直接スプレー掛けをするのはやめたほうがいいです。

 

乾いた雑巾などを折りたたみ、その雑巾の面に、何回かプッシュしてスプレーしましょう。

 

雑巾の表面が軽く濡れたら、その面で、プラスチックを拭き取ります。

 

たとえば、エアコンほどの大きさのものならば、3~4回スプレーした雑巾で、全体を拭き取るとちょうど良いです。

 

・歯ブラシでこする

拭き取るだけでは落とせない汚れには、歯ブラシを利用しましょう。

 

歯ブラシの先に、マイペットを少量付けてから、軽くこすります。

 

歯を磨くときのように、力を入れずにリズミカルに、歯ブラシを動かすのがコツです。

 

汚れが浮き出たら、乾いた雑巾で拭き取ってください。

 

漂白剤

◆漂白剤と汚れ

家庭用の漂白剤を使って、プラスチックの黄ばみを落とすことができます。

 

とくに、手垢や着色汚れ、紫外線や化学変化が原因でできた黄ばみなどによく効きます。

 

使う漂白剤は、衣類の洗濯用として売っている、酸素系漂白剤がお薦め。

 

たとえば、衣料用のワイドハイターEXでは、過酸化水素水と漂白活性化剤が含有されており、プラスチックの黄ばみ取りにも効果的です。

 

 

◆落とし方

洗面器やバケツなどに、水を張り、適量のワイドハイターEXを入れてかき混ぜます。

 

その中に、汚れを落としたいプラスチックを浸け込み、数日から一週間ほど放置してください。

 

置いておくときには、日光などの紫外線を当てると、黄ばみを落とす効果をより高めることができます。

 

そのため、ベランダなどの日当たりのいい場所で、放置するのがお薦めです。

 

◆注意点

・金属を取り外す

漂白剤の成分は、金属などの素材によっては相性が悪く、サビなどの原因となることがあります。

 

黄ばみを落としたいプラスチック素材に、金属などが付属している場合は、あらかじめ外しておくといいです。

 

・紫外線をよく当てる

日光などの紫外線を均等に当てるには、透明な容器を使って漬け込むといいです。

 

そして、浸けたプラスチックは、たまに裏返すなどして向きを変えるのがいいでしょう。

 

また、虫などが混入しないようにフタをするときには、サランラップがお薦め。

 

透明なので、紫外線の通りを邪魔せずに、虫などの混入や、水分の蒸発を防いでくれます。

 

・触らないように注意

漂白剤は皮膚などに刺激が強く、目や口に入ると危険です。

 

汚れを落とすときには、ゴム手袋などをはめて、皮膚に直接触れないように装備してください。

 

とくに、プラスチックを浸けた洗面器を放置するときには、漂白剤の入った液体に、家族が誤って触れることがないよう、よく注意してください。

 

屋外に置く場合には、猫や鳥などが飲みに来ないような場所を選びましょう。

 

メラミンスポンジ

◆メラミンスポンジと汚れ

プラスチックにこびり付いた頑固な汚れには、メラミンスポンジを使うのがお薦めです。

 

たとえば、プラスチックの表面に染み込んだ手垢や、タバコのヤニ汚れなど、外的要因による黄ばみには、とても効果があります。

 

メラミンスポンジは、激落ちくんなどの名前で、スーパーやドラッグストアなどで販売されています。

 

元値が安いものなので、100均でも大きなサイズのメラミンスポンジを買うことができます。

 

 

◆落とし方

メラミンスポンジに水を含ませてから絞り、プラスチックの表面に当てて、軽くこすります。

 

力を入れずに、キュッキュッとこするぐらいで充分です。

 

すぐに汚れが浮いてくるので、水拭きや洗い流しを行い、汚れを取り除いてください。

 

◆注意点

メラミンスポンジは、すべてのプラスチック素材に使用できるわけではありません。

 

たとえば、表面にコーティングがされているプラスチックなどでは、コーティングが剥がれて、本来の効力を発揮できなくなるため、使用しないでください。

 

メラミンスポンジでは、表面を削り取るようにして汚れを落とすため、表面を傷つけたくないものには使用しないほうが無難です。

 

オキシドール

◆オキシドールと汚れ

オキシドールを使って、プラスチックの黄ばみを落とすことができます。

 

オキシドールには、過酸化水素が含まれているため、漂白作用があります。

 

確かに、ワイドハイターなどの漂白剤に比べると、漂白する力は弱いです。

 

しかし、オキシドールは、皮膚などへの刺激が弱いため、漂白剤よりも手軽に使用できます。

 

 

◆落とし方

オキシドールをそのまま、キッチンペーパーや薄手のクロスに染み込ませます。

 

それを、プラスチックの汚れた部分に貼り付けて、数分ほど置きます。

 

その後、水拭きなどで拭き取ります。

 

◆注意点

オキシドールは刺激が弱いといえども、多少なり、プラスチックを傷めてしまうリスクがあります。

 

そのため、オキシドールを付着させておく時間は、数分程度までにして、長い間放置するのは避けましょう。

 

長く付けておくと、変色などの原因になることがあります。

 

消しゴム

プラスチックに付いた簡単な汚れならば、消しゴムで落とすことができます。

 

たとえば、ペンなどがかすれた汚れや、シールを剥がした後など、粘着力のある汚れには最適です。

 

やり方は、普通の消しゴムを使って、プラスチックの表面をゴシゴシとこするだけ。

 

削りかすと一緒に、汚れが落ちていきます。

 

除光液

ネイル落としに使われる除光液で、プラスチックの汚れが落ちるという説があります。

 

実際、プラスチックに除光液を付けると、色が抜けたようになり、白く変色します。

 

そのため、元々が白いプラスチック素材の場合では、汚れが落ちて、白く戻ったように見えるのです。

 

しかし、本当は、汚れが落ちているというよりも、プラスチックが変色しただけといったほうが正しいようです。

 

除光液に含まれるアセトンという成分には、プラスチックを腐食させる作用があります。

 

そのため、アセトンで腐食した部分が、溶けて変色してしまった結果なのです。

 


スポンサーリンク

 

汚れの防止方法

日焼けをさせない

プラスチックの日焼けを防ぐことで、黄ばみが生じにくくなります。

 

たとえば、直射日光の当たる場所に、プラスチック製品を置かないこと。

 

ブラックライトなどの紫外線が、頻繁に当たらないようにすることなどを心がけましょう。

 

日当たりのいい場所にプラスチック素材のものを置きたい場合は、遮光カーテンやUVカットシートなどを使うと、窓辺からの紫外線を減らすことができます。

 

また、プラスチック自体に、UVカットシートなどを貼り付ける方法もあります。

 

静電気を防止する

静電気を防止することで、ホコリなどの付着を少なくすることができます。

 

とくに、プラスチック素材には静電気が発生しやすいです。

 

静電気が発生すると、ホコリをどんどんと引き寄せるので、プラスチックの表面が汚れやすくなります。

 

そのため、静電気防止スプレーなどを吹き付けることで、ホコリなどの汚れが付きにくくなります。

 

 

シートなどでコーティングする

プラスチックを使った製品によっては、汚れ防止シートなどで、表面をコーティングする方法があります。

 

これらは、粘着式の薄手フィルムのものが多く、プラスチックの表面に密着して、汚れから防いでくれる効果があります。

 


スポンサーリンク

 

ベタベタした汚れの落とし方

セスキ(炭酸ソーダ)水スプレー

◆セスキ(炭酸ソーダ)水スプレーとは

プラスチックの汚れ落としに使いやすいのが、セスキ水スプレーです。

 

聞き慣れない響きかもしれませんが、今や、ホームセンターやドラッグストアでは必ず売っているほどの人気商品。

 

セスキ炭酸ソーダを水に溶かしたものが容器に入っており、そのままスプレーして使うことができます。

 

肌に優しく、洗浄力も優れているため、主婦層にとても人気があります。

 

 

◆脂汚れにピッタリ

セスキ炭酸ソーダは、油脂によるベタベタ汚れを落とすのにピッタリ。

 

たとえば、手垢や皮脂などによる軽い脂汚れから、キッチン周りなどのベッタリした脂汚れまで、幅広く対応することができます。

 

◆落とし方

汚れたプラスチックの表面に、セスキ水スプレーを吹き付けます。

 

とにかく、シャパシャパとたくさんスプレーするに限ります。

 

ベタベタした部分が湿ってきたら、そのまましばらく置きます。

 

その後、浮き出た汚れを、雑巾などで拭き取ります。

 

水洗いできるものでは、スポンジで軽くこすりながら洗い流すと、よく汚れが落ちます。

 

重曹

◆重曹とは

掃除の万能アイテムといわれる重曹は、プラスチックの汚れ落としにも使うことができます。

 

重曹には、脂汚れをスッキリと落としてくれる効果があるので、ベタベタした汚れにもピッタリです。

 

重曹は、大袋のものでも数百円ほど、スーパーやドラッグストアなどで手軽に買うことができます。

 

◆落とし方

・水洗いできるプラスチック

水洗いできるプラスチック製品では、汚れた場所に、重曹の粉をそのまま振りかけてください。

 

プラスチックの表面が見えなくなるぐらい、多めに振りかけても大丈夫です。

 

そこに、少量の水を垂らしてから、雑巾などでこすります。

 

頑固な汚れのときには、プラスチックを傷つけない程度に、歯ブラシや固めのスポンジなどでこすってください。

 

その後、水洗いを行って、重曹と汚れを落とします。

 

・水洗いできないプラスチック

水洗いできないプラスチック製品では、重曹を薄めて使うと、拭き取り作業が楽になります。

 

水100㎖につき、スプーン1杯の重曹を入れてから、よくかき混ぜて溶かします。

 

ここに、雑巾を浸してから絞り、プラスチックの表面を水拭きしながら、汚れを落としてください。

 

なお、この溶液をスプレー容器に入れれば、スプレーしながら、拭き取り掃除を行うことができます。

 

最後に、きれいな雑巾で水拭きをして、重曹や汚れをきれいに落としてください。

 

無水エタノール

プラスチックが劣化してくると、成分が溶け出してきて、表面がベタベタとすることがあります。

 

そのような、プラスチックのベタ付きには、エタノールを使ってみましょう。

 

用意するのは、薬局などで買える無水エタノールです。

 

クロスなどに無水エタノールを含ませてから、優しく撫でるようにして、プラスチックを拭いてください。

 

拭いていくうちに、少しずつベタベタが薄れてくるのが分かります。

 

しばらく拭いてみても効果がないときには、プラスチックを傷めないためにも、すぐに使用を止めたほうがいいです。

 

 

ベタベタの防止方法

湿気のあるところに置かない

湿気のあるところにプラスチックを置いておくと、加水分解という化学反応が置きやすくなり、ベタベタが生じやすいです。

 

プラスチック素材のものは、できるだけ水気のない場所に置くほうが無難です。

 

また、水回りに使うプラスチック製品では、耐水用のコーティングをしてあることも多いので、そのような製品を選ぶのもいいでしょう。

 

脂が飛ぶところに置かない

キッチン周りなど、脂が飛び散りやすい場所に置いておくと、ベッタリとした脂汚れが付きやすくなります。

 

また、クリームなど、油性のものを触った手でプラスチックを触ると、そのまま脂汚れが付着してしまいます。

 

脂汚れがしにくい環境を整えることで、プラスチックを長く、きれいに保つことができるでしょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク