【プラスチックの汚れ落とし・ベタベタ除去】落とし方や防止方法を紹介!



 

本記事では、プラスチックの汚れの落とし方ベタベタの除去方法を紹介しています。

 

汚れの落とし方

水拭き

プラスチックの簡単な汚れは、水拭きで落とすことができます。

 

雑巾に水を含ませて、固く絞ってから、ゴシゴシと拭き取りましょう。

 

コーヒーなどの食べこぼしや、水性クレヨンなどが付着した着色汚れなどは、すぐに拭き取れば、水拭きだけでもきれいに落ちます。

 

キーボードやマウスなど、機器周りのプラスチックには、アルコール成分を含んだウェットティッシュがお薦め。

 

乾きが早いので、水分に弱い精密機器にも使いやすいです。

 

そして、雑巾よりも薄手なので、細かな場所にまで手が届きやすく、丁寧な拭き取りができるというメリットがあります。

 

マイペット

◆マイペットと汚れ

エアコンなど、しばらく掃除をしていないプラスチックの汚れには、マイペットなどの住居用洗剤を使いましょう。

 

 

時間が経って落ちにくくなった着色汚れや、ホコリやゴミがへばり付いた汚れ、手垢などによる汚れを落とすことができます。

 

マイペットなどには、簡単な洗浄成分が入っているため、水拭きだけよりも汚れが落としやすくなります。

 

 

◆落とし方

・雑巾で拭き取る

マイペットでは、そのままスプレーができる容器となっていますが、プラスチックに直接スプレー掛けをするのはやめたほうがいいです。

 

乾いた雑巾などを折りたたみ、その雑巾の面に、何回かプッシュしてスプレーしましょう。

 

雑巾の表面が軽く濡れたら、その面で、プラスチックを拭き取ります。

 

たとえば、エアコンほどの大きさのものならば、3~4回スプレーした雑巾で、全体を拭き取るとちょうど良いです。

 

・歯ブラシでこする

拭き取るだけでは落とせない汚れには、歯ブラシを利用しましょう。

 

歯ブラシの先に、マイペットを少量付けてから、軽くこすります。

 

歯を磨くときのように、力を入れずにリズミカルに、歯ブラシを動かすのがコツです。

 

汚れが浮き出たら、乾いた雑巾で拭き取ってください。

 

漂白剤

◆漂白剤と汚れ

家庭用の漂白剤を使って、プラスチックの黄ばみを落とすことができます。

 

とくに、手垢や着色汚れ、紫外線や化学変化が原因でできた黄ばみなどによく効きます。

 

使う漂白剤は、衣類の洗濯用として売っている、酸素系漂白剤がお薦め。

 

たとえば、衣料用のワイドハイターEXでは、過酸化水素水と漂白活性化剤が含有されており、プラスチックの黄ばみ取りにも効果的です。

 

 

◆落とし方

洗面器やバケツなどに、水を張り、適量のワイドハイターEXを入れてかき混ぜます。

 

その中に、汚れを落としたいプラスチックを浸け込み、数日から一週間ほど放置してください。

 

置いておくときには、日光などの紫外線を当てると、黄ばみを落とす効果をより高めることができます。

 

そのため、ベランダなどの日当たりのいい場所で、放置するのがお薦めです。

 

◆注意点

・金属を取り外す

漂白剤の成分は、金属などの素材によっては相性が悪く、サビなどの原因となることがあります。

 

黄ばみを落としたいプラスチック素材に、金属などが付属している場合は、あらかじめ外しておくといいです。

 

・紫外線をよく当てる

日光などの紫外線を均等に当てるには、透明な容器を使って漬け込むといいです。

 

そして、浸けたプラスチックは、たまに裏返すなどして向きを変えるのがいいでしょう。

 

また、虫などが混入しないようにフタをするときには、サランラップがお薦め。

 

透明なので、紫外線の通りを邪魔せずに、虫などの混入や、水分の蒸発を防いでくれます。

 

・触らないように注意

漂白剤は皮膚などに刺激が強く、目や口に入ると危険です。

 

汚れを落とすときには、ゴム手袋などをはめて、皮膚に直接触れないように装備してください。

 

とくに、プラスチックを浸けた洗面器を放置するときには、漂白剤の入った液体に、家族が誤って触れることがないよう、よく注意してください。

 

屋外に置く場合には、猫や鳥などが飲みに来ないような場所を選びましょう。

 

メラミンスポンジ

◆メラミンスポンジと汚れ

プラスチックにこびり付いた頑固な汚れには、メラミンスポンジを使うのがお薦めです。

 

たとえば、プラスチックの表面に染み込んだ手垢や、タバコのヤニ汚れなど、外的要因による黄ばみには、とても効果があります。

 

メラミンスポンジは、激落ちくんなどの名前で、スーパーやドラッグストアなどで販売されています。

 

元値が安いものなので、100均でも大きなサイズのメラミンスポンジを買うことができます。

 

 

◆落とし方

メラミンスポンジに水を含ませてから絞り、プラスチックの表面に当てて、軽くこすります。

 

力を入れずに、キュッキュッとこするぐらいで充分です。

 

すぐに汚れが浮いてくるので、水拭きや洗い流しを行い、汚れを取り除いてください。

 

◆注意点

メラミンスポンジは、すべてのプラスチック素材に使用できるわけではありません。

 

たとえば、表面にコーティングがされているプラスチックなどでは、コーティングが剥がれて、本来の効力を発揮できなくなるため、使用しないでください。

 

メラミンスポンジでは、表面を削り取るようにして汚れを落とすため、表面を傷つけたくないものには使用しないほうが無難です。

 

オキシドール

◆オキシドールと汚れ

オキシドールを使って、プラスチックの黄ばみを落とすことができます。

 

オキシドールには、過酸化水素が含まれているため、漂白作用があります。

 

確かに、ワイドハイターなどの漂白剤に比べると、漂白する力は弱いです。

 

しかし、オキシドールは、皮膚などへの刺激が弱いため、漂白剤よりも手軽に使用できます。

 

 

◆落とし方

オキシドールをそのまま、キッチンペーパーや薄手のクロスに染み込ませます。

 

それを、プラスチックの汚れた部分に貼り付けて、数分ほど置きます。

 

その後、水拭きなどで拭き取ります。

 

◆注意点

オキシドールは刺激が弱いといえども、多少なり、プラスチックを傷めてしまうリスクがあります。

 

そのため、オキシドールを付着させておく時間は、数分程度までにして、長い間放置するのは避けましょう。