【金魚の水槽の掃除方法】ポンプや砂利、コケの簡単な掃除の仕方や頻度を紹介

スポンサーリンク

 

金魚を飼い始めて、「水槽の掃除方法がわからない…」とお悩みではないですか?

 

本記事では、水槽の掃除頻度の目安や、掃除方法(水槽、ポンプ、砂利、コケなど)水槽を綺麗にしてくれる生き物を紹介しています。

 

掃除の必要性と頻度

掃除しないのはあり?

金魚の飼育を行う上で、定期的な掃除は欠かせません。

 

エサの食べ残しや、フンなどの排泄物により、水質悪化は避けられません。

 

金魚にとって水質の悪化は大きな問題であり、呼吸が困難な状況になってしまいます。

 

水槽がきれいな状態でなければ、金魚は長生きどころかすぐに弱って死んでしまうので、定期的な掃除が必要です。

 

水換えの頻度

水換えの目安は週に1回です。

 

ここで重要なのは水を1度に全部に変えないことです。

 

3分の1程度の水を換えたら1~2週間空け、また3分の1程度の水を換えましょう。

 

金魚は環境の変化にとても弱いので、金魚の命を守るためにも少しずつ行っていくことが大切です。

 

掃除のタイミング

水槽内や水槽外の掃除はコケの量や、水槽の大きさ、飼育環境によって違ってくるので、掃除の頻度を決めるのは難しいです。

 

ただし、いくつかのサインがでたら、それが掃除するタイミングといえます。

 

・水が白っぽく濁ってきた

 

・水が臭う

 

・フィルターやエアレーションの泡が消えづらくなってきた

 

・エサを食べなくなった

 

・金魚が鼻上げをしている

(鼻上げは、水面付近で口をパクパクさせていることで、水質が悪化していて呼吸が苦しいサインです。)

 

上記のような状態になったら、水質悪化のサインです。

 

すぐに掃除をしてあげましょう。

 

忘れがちな砂利の掃除は、水換えと同じくらいの頻度で行うのが理想的です。

 

エサの食べ残しやフンが溜まると菌のエサとなり、菌が増殖してしまいます。

 

スポンサーリンク

 

掃除の仕方

大まかな手順

 

①金魚を水槽からバケツへと移動させます。

 

 

②水の3分の1を汲み上げます。

 

 

③砂利の掃除を行います。

 

 

④水温合わせとカルキ抜きをした水を入れ、水換えをします。

 

単純に水を入れ替えるだけだと金魚は弱ってしまうので、水温合わせカルキ抜きは必ず行いましょう。

 

⑤水を変えた後、10~15分程ろ過装置を回します。

 

 

⑥金魚をバケツの水ごと戻します。

 

洗剤は必要?

掃除に洗剤は必要ありません。

 

水槽のガラス面に付着したコケであればスポンジで簡単に落とせます。

 

洗剤を使ってしまうと洗い残しが発生するので、金魚が死んでしまいます。

 

また、洗剤を使ってキレイにしすぎると、水槽内のプランクトン減少にも繋がるので控えましょう

 

水温合わせ・カルキ抜き

水温は、同じお部屋に半日程度おいておくことで同じくらいになります。

 

カルキ抜きに関しても、半日~1日置いておくことで塩素が抜けていきます。

 

素早く確実にカルキ抜きしたい場合は、中和剤を使用するのがよいでしょう。

 

 

水槽本体

スポンジを使って、水槽の内側・外側をキレイにこすりましょう。

 

洗剤は使用禁止なので、水だけで汚れがよく落ちるメラミンスポンジがよいでしょう。

 

 

ポンプ

ポンプに関しては、チューブの表面をスポンジなどでこするだけで十分です。

 

チューブは、固くって来たら買い替えのタイミングになります。

 

コケ

スポンジで落とせますが、より効率的に落とすにはコケ専用のクロスがオススメです。

 

コケをしっかり吸着してくれるので、頑固なコケを落とすのに大活躍します。

 

 

砂利

砂利の掃除に必要なものは砂利専用のクリーナーです。

 

掃除機のような感覚で、汚れや隙間に落ちたエサ・フンを吸い上げてくれるので、効率良く作業ができます。

 

 

生き物が水槽の掃除屋!?

 

大掃除の面倒なコケですが、実はコケを食べてくれる生き物が存在します。

 

 

草食性の熱帯魚は、水槽のガラス面のコケ掃除を少量ではありますがしてくれます。

 

もっともポピュラーな熱帯魚は「オトシンクルス」という熱帯魚です。

 

吸盤のような口が特徴のこの魚は、主に茶ごけを食べてくれます。

 

水草のコケも食べてくれるので評価の高いのですが、コケが主食なのでコケが無い綺麗な水槽での飼育は困難です。

 

オトシンクルスを飼育する際には、綺麗にしすぎないこと(コケを保つ)ことも必要となります。

 

大きな金魚を飼育している場合は、オトシンクルスが食べられてしまう場合もあります。

 

エビ

 

 

コケ取りをしてくれるエビは数種類いますが、もっともポピュラーなエビは「ヤマトヌマエビ」です。

 

アオミドロなどの糸状のコケを食べてくれるので、綺麗になることを実感できます。

 

一方で、水草まで食べられてしまうこともあるので注意が必要にもなります。

 

水草を食べないコケ取りをするエビは「ミナミヌマエビ」です。

 

ヤマトヌマエビよりも小さく、コケを食べるスピードが遅いこともあり、ヤマトヌマエビの3倍の数を飼育する必要があります。

 

金魚に食べられてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

 

出典:アクアリウム図鑑 ラムズホーン

 

巻貝は金魚に食べられることもなく、コケ取り能力も優れており、ガラス面がとても綺麗になります。

 

コケ取りをしてくれる巻貝の中で、見た目の良さで選ぶのであれば「ラムズホーン」がオススメです。

 

繁殖力がとても強いため、増えすぎてしまうこともあります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

◆金魚の水槽掃除は絶対に必要

 

◆水換えは週一が目安

 

◆水槽掃除を行うタイミング

・水が白っぽく濁ってきた

・水が臭う

・フィルターやエアレーションの泡が消えづらくなってきた

・エサを食べなくなった

・金魚が鼻上げをしている

 

◆掃除の手順

①金魚を水槽からバケツへと移動させる。

②水の3分の1を汲み上げる。

③砂利の掃除を行う。

④水温合わせとカルキ抜きをした水を入れを行う。

⑤水を変えた後、10~15分程ろ過装置を回す。

⑥金魚をバケツの水ごと戻す。

 

◆水槽のコケを食べてくれる生き物

・草食性の熱帯魚、

・一部のエビ(ヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビなど)

・一部の巻貝(ラムズホーンなど)

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク