【剣道着のお洗濯】洗い方や消臭法を紹介!

スポンサーリンク

 

見た目はかっこいい剣道着ですが、汗をかくとカビや汗の臭いが染みついてしまいます。

 

剣道着は色落ちしやすく、他の衣類と同じように洗ってしまうと色が抜けてしまいます。

 

今回は剣道着の洗い方と消臭方法をご紹介します。

 

剣道着の洗い方

スポンサーリンク

 

剣道着の素材は綿ポリエステルの二種類があります。

 

綿は藍染と化学染料のものがあり、ポリエステルのものは化学染料のものだけです。

 

藍染のものは色落ちするので基本的に手洗いです。

 

〇綿素材、藍染のもの

綿素材の剣道着は藍染のものが多く、色落ち縮みがあるので手洗いしましょう。

 

①大き目の桶か浴槽にぬるま湯を入れます。

このとき剣道着はお湯に入れる前に畳んで、袴はヒダを整えましょう。

 

②剣道着を押し洗いします。

これをお湯を取り替えながら数回行います。

 

色落ちを最小限に防ぎたい場合は押し洗いせず、剣道着をお湯の中で泳がせるように揺らしてください。

 

新品を洗う時はそのまま洗うと袴に色むらが出来るため、袴のヒダを止めている糸を取り除いてから洗いましょう。

 

洗剤は藍染の剣道着を洗う時は使わないでください。

洗剤が藍を分解してしまい色落ちが激しくなります。

 

③洗い終わったら、剣道着を絞って風通しの良い場所で陰干しをします。

直射日光を当てたり、乾燥機を使うと縮んだり変色する可能性があるので必ず日陰で干しましょう。

 

④干した後は形を整えて、固い紙や段ボールで挟んで布団の下に敷いて寝ると型がきれいにつきます。

 

また、新品の剣道着はお酢を溶かしたぬるま湯につけて一晩置くと色落ち防止になります。

 

〇練習用、ポリエステルのもの

ポリエステル素材の剣道着色落ちしても良い練習用の剣道着は洗濯機で洗っても良いです。

 

特にポリエステルの剣道着は化学染料を使っており、色落ちが少ないので安心して洗濯機で洗えます。

 

①洗濯機に入れる前に剣道着や袴をきれいに畳んで洗濯ネットにいれましょう。

 

②洗濯コースはおしゃれ着コースか手洗いコースで洗います。

この場合は洗剤を入れても良いです。

 

色落ちしづらいと言っても多少は色落ちします。

色移りを防ため、他の洗濯物と一緒に洗うことは避けましょう。

 

③洗濯が終わったら綿素材の剣道着と同じく、陰干ししてください。

 

剣道着の消臭方法

スポンサーリンク

 

〇干す

剣道着は使わない状態でも定期的に干しましょう。

 

藍染の剣道着は藍自体に抗菌や防虫、布を保護する効果があるので干すだけでも菌の繁殖を防ぐことができます。

 

練習用の剣道着も洗うことができない状態であっても、干すだけで臭いを抑えることができます。

 

〇頻繁に洗う

使用後は必ず洗うようにすれば、匂いの元の汗や皮脂を取り除くことできるので一番の防臭になります。

 

また、稽古中は通気性の良いシャツを下に着ると汗を吸い取ってくれるので剣道着に汗が染みずに済みます。

 

〇専用の消臭スプレーを使う

一般的な消臭スプレーは汗の臭いと混じって逆効果になります。

 

消臭スプレーは防具や剣道着専用のものが売られているのでそちらを使ってみましょう。

 

〇道具入れに炭を入れる

炭には消臭効果があるので、剣道着や防具を保管しているカバンに炭を入れておくと臭いを取り除いてくれます。

 

小さな袋に炭を入れてカバンの中に入れておきましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク