【洗濯物のほこりの取り方】ホコリだらけになる原因や取り方、対策方法を紹介

スポンサーリンク

 

洗濯物にホコリが付きすぎて、洗濯の度にイライラしていませんか?

 

本記事では、濯物にホコリがついてしまう原因ホコリの取り方ホコリの対策方法を紹介しています。

 

ほこりがつく原因

洗濯槽の汚れ

一つ目にホコリが付く原因として考えられるのが、洗濯槽の汚れです。

 

汚れた洗濯物を毎日洗うため、洗濯機の洗濯槽も汚れていきます。

 

また、湿気が溜まってしまう場所なのでカビが発生しやすかったり、糸くずクズや洗剤の溶け残りが付着して汚れになることもあります。

 

そのため、洗濯槽が汚れたまま洗濯をしてしまうと、ホコリが洗濯物に付着や、汚れだけでなく嫌なニオイまで付着してしまう可能性もあります。

 

ドラム式洗濯機を使用している場合は、構造上 洗濯槽が汚れやすくなっているので、定期的な掃除が必要です。

 

水位が低い

洗濯機にはゴミを取るネットが付いています。

 

これは洗濯機によって様々ではありますが、多くは洗濯機の上側に付いています。

 

洗濯物の量が少なかったり、水量の少なく水位が低くなってしまうと、ゴミを取るネットに水が届かなくなってしまいます。

 

その結果、洗濯物のホコリをネットでキャッチできないため、ホコリが残ってしまうこともあります。

 

ホコリの出やすい洗濯物と一緒に洗う

洗濯槽の汚れや水位が低いこと以外で考えられるのが、一緒に洗濯しているものです。

 

グラウンドや砂場、黄砂などで非常にホコリっぽいときは、一日を通して多くのホコリが衣類に付着しています。

 

また、タオルやセーター、毛布などはホコリや糸くずが出やすいため、それらと一緒に洗濯することによりホコリが付着してしまうこともあります。

 

洗濯ネットを使いこなせていない

洗濯ネットを適切に使用することで、衣類を守るだけでなく汚れやホコリの付着を防いでくれます。

 

一方で、ネットの粗さやサイズを間違っていると効果がありません。

 

洗濯ネットは100均でも多くの種類が販売されているので、洗濯物に合わせて正しくネットを使用してください。

 

【洗濯ネットの使い方】入れると効果的なものと正しい入れ方

 

スポンサーリンク

 

ほこりの取り方

コロコロ

洗濯物に付着したホコリを取る方法として一番手軽なのが、コロコロを使うことです。

 

カーペット用でもいいのですが、洋服用のほうが使いやすいです。

 

また、衣類への負担を抑えるよう設計されていることが多いので、使用頻度が高い場合は洋服用のコロコロがおススメです。

 

 

ガムテープ

コロコロの代用として使用できるのがガムテープす。

 

輪っかにして指を入れ、優しく叩くようにしてホコリを取りましょう。

 

ホコリが広範囲についていない場合に、汚れている場所だけをチャチャっとキレイにできます。

 

エチケットブラシ

洋服のホコリ取りとして優秀なのがエチケットブラシです。

 

コロコロよりもお値段は高いですが、一度購入すれば長期間使用できるのがグッドポイントです。

 

使用したことがないという方も、使用したことがある方も、ベストトレッサープレミアムはきっと満足できる機能性です。

 

 

ホコリよけ・対策方法

洗濯槽を掃除

洗濯槽の掃除は、目安として一か月に一回とされています。

 

洗濯物の汚れや洗剤の量も影響するので、使用状況によっては頻度を決めていくのが良いでしょう。

 

掃除といっても面倒な作業はなく、洗濯槽クリーナーを使用するだけで簡単にキレイにできます。

 

ホコリだけでなく、カビや臭いも気になるという場合は、ぜひクリーナーを使って洗ってみましょう。

 

 

洗濯機が屋外に設置されている場合は、ホコリよけカバーをかけるとよいでしょう。

 

水位を上げる

水の使用量を少なくすることは、経済的かつエコですよね。

 

ただし水量を低くしてしまうと、水位がゴミ取りネットに届かず、ホコリがついてしまう原因になる可能性があります。

 

一度、ゴミ取りネットの位置を確認して、水位に気を付けてみてはいかがでしょうか。

 

洗濯機が自動で水量を決めてくれますが、ご自身でも確認してみましょう。

 

もし、少し足りないようであれば、水量を手動で多くしてもよいでしょう。

 

また、ごみ取りネット自体がいっぱいになっている可能性もあるので確認してみましょう。

 

洗濯するときに入れるとホコリを取ってくれるグッズも販売されているので、そちらも確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

ホコリの付着を防ぐ

◆洗濯ネットを使う

ホコリの付きやすいタオルや、糸くずが出やすいセーター・毛布などを洗濯する際は、網目の細かい洗濯ネットに入れるとホコリが付きにくくなります。

 

新品のタオルには、最初に洗濯するときに糸くずが大量に出るので必ず洗濯ネットを使用してください。

 

ホコリ対策で使う場合は、必ず網目の細かいネットを使いましょう。

 

【洗濯ネットの使い方】入れると効果的なものと正しい入れ方

 

◆洗濯前にホコリを取り除く

洗濯する前に軽く衣類を叩いて、ホコリを落とすことは有効な手段です。

 

タオルや毛布は想像以上にホコリが出るので、必ずホコリ落としておきましょう。

 

◆分けて洗う

ホコリが出やすいものと、その他の衣類を別々に洗濯することでもホコリの付着を防止できます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

◆ホコリが付く原因

・洗濯槽が汚れている

・水位が低くゴミ取りネットが機能していない

・ホコリの出やすいものと一緒に洗っている

・洗濯ネットをうまく使えていない

 

◆ホコリの取り方

・コロコロを使う

・ガムテープを使う

・エチケットブラシを使う

 

◆ホコリの対策方法

・洗濯槽を定期的に掃除する

・水位を上げてゴミ取りネットを機能させる

・目の細かい洗濯ネットを使う

・洗濯前にホコリを叩き落としておく

・ホコリの出やすいものと分けて洗濯する

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク