【ゴム印の掃除方法】ゴミ取りの仕方やグッズ(輪ゴム、ブラシなど)を紹介!



 

本記事では、ゴム印の掃除方法を紹介しています。

 

掃除方法

空押し

◆空押しでの掃除

ゴム印は、使用するたびに、空押しを行いましょう。

 

不要な紙の上で、トントンと何回か空押しを行い、印面に残っているインキを吸着させてください。

 

インキ残りがあると、ホコリや紙粉などが付着しやすくなります。使用後、空押しを行ってから、保管することを心がけましょう。

 

◆注意点

空押しは、コピー用紙などの真っ白な紙を使って行ってください。

 

新聞紙やチラシなどで行うと、印刷したインキを拾ってしまい、かえって印面が汚れてしまうことがあります。

 

また、インキが取れないからといって、何度もガンガンとゴム印を押していると、印面を傷めてしまいます。

 

ゴム印の印面は柔らかく、繊細なため、叩きつけるように空押しするのは避けましょう。

 

セロハンテープ

◆セロハンテープでの掃除

セロハンテープを使って、ゴム印の印面の汚れを取ることができます。

 

ホコリや紙粉、繊維クズなどの汚れ落としには、テープに付着させて落とすのが一番です。

 

文房具のセロハンテープは、粘着力が適度であり、印面を傷めない程度に汚れを吸着させることができます。

 

一方、ガムテープやビニールテープなど、粘着力の強いテープを使うのはあまりお薦めしません。

 

テープの粘着力で印面が欠けたり、台座から印面が外れてしまうなど、破損するリスクがあります。

 

◆掃除方法

セロハンテープを適度な大きさに切り、粘着する部分を外側にして、指の腹に挟みます。

 

ここにゴム印を押し当てながら、汚れを取っていきます。

 

文字の隙間など、奥深くに汚れが溜まっている場合は、ゴム印をぎゅっと押し当てた後、左右に重心を傾けてください。

 

角度を変えてみることで、汚れが落ちやすくなります。

 

なお、ゴム印が壊れないよう、くれぐれも力の入れすぎには注意しましょう。

 

練り消し

◆練り消しでの掃除

練り消しを使って、ゴム印の印面を掃除することができます。

 

練り消しは、やや固めで、弾力のあるものを選んでください。

 

柔らかくベタつきの強い練り消しは、ゴムに貼り付きやすく、印面にへばり付いてしまうことがあるので注意しましょう。

 

ちなみに、ゴム印の汚れ消し専用の練り消しも売っています。

 

専用練り消しでは、伸びや柔らかさが程良く、印面の掃除に使いやすいです。

 

◆掃除方法

練り消しは、最初によく錬って、柔らかくします。

 

印面に練り消しを軽く押し当てて、インキ残りやホコリなどの汚れを吸着させてください。

 

練り消しの汚れた部分は、内側に折り込むようにして練り込みます。

 

練り消しのきれいな部分を使い、何度か印面を押し当てながら、掃除を行っていきます。

 

専用クリーナー

◆専用クリーナーでの掃除

ゴム印の汚れがひどいときは、専用のクリーナー液を使う方法があります。

 

とくに、インキ残りが固まっているなど、頑固な目詰まりなどには、クリーナーでの掃除がお薦め。

 

クリーナーには、インキを溶かす成分が入っているので、力を入れなくても汚れを落とすことができるのです。

 

専用クリーナーは、スタンプクリーナーなどの名前で、数百円ほどで販売されています。

 

 

◆掃除方法

専用クリーナーには、ボトルにスポンジが付いているタイプと、スポンジがなく溶剤がそのまま入っているタイプとの2種類があります。

 

スポンジタイプでは、ゴム印にスポンジを直接押し当てて、クリーナー液を滲み出させながら浸透させます。

 

その後、ティッシュなどで拭き取ります。

 

スポンジがないタイプでは、ティッシュなどにクリーナー液を染み込ませてから、印面にしばらく押し当てます。

 

その後、新しいティッシュなどで拭き取ります。

 

なお、ティッシュの繊維残りが気になる人は、マイクロファイバークロスなど、毛羽立ちのないクロスで拭き取るといいです。

 

輪ゴム

輪ゴムを使って、ゴム印を掃除する方法があります。

 

使うのは、普通の輪ゴム1本だけ。

 

まず、人差し指と中指に、輪ゴムをグルグルと巻き付けてから、輪ゴムで印面を撫でるように掃除します。

 

輪ゴムが消しゴム代わりとなり、繊維クズなどを吸着して、汚れを落としてくれます。

 

ゴミトール

印鑑汚れに使うゴミトールを、ゴム印の掃除に使うことができます。

 

粘着性シートで汚れを取るタイプなので、ゴム製の印面を傷めません。

 

ただし、付属の印鑑ブラシは、毛がやや固く、ゴムを傷めるリスクがあるため、ゴム印には不向きです。