【冷凍庫の掃除方法】掃除の仕方や臭いの取り方を紹介


スポンサーリンク

冷凍庫の掃除と併せて

 

 

冷凍庫や冷蔵庫を掃除する場合、汚れを落とすのはもちろん、食材の在庫を整理するのも大切なことです。

 

いらない消費期限切れの食材が庫内に増えてくると、臭いの原因になってしまいます。

 

掃除の頻度は三か月に一度を目安にしましょう。

また季節ごとに徹底した掃除をすると良いです。

 

また冷凍庫の場合は、キレイに収納して隙間を無くすことで、冷気が逃げていきにくくなり、電気代の節約にもつながります。

 

掃除と併せて、ぜひ収納も工夫してみてはいかがでしょうか。

 

掃除方法

 


スポンサーリンク

 

掃除をする場合は、安全のためできればコンセントプラグを抜いてから作業をしましょう。

 

庫内のものを全て取り出す

掃除する箇所の中身を全て取り出して、不要なものは処分します。

 

傷みやすいものは、保冷剤や氷と一緒にクーラーボックスや発泡スチロールに入れておきましょう。

 

パーツを外す

冷蔵庫の取り扱い説明書を見て、取り外すことができるものは外しておきます。

 

庫内を拭く

手で取り除くことができるゴミは取り除きます。

その後、布やキッチンペーパーにキッチン用のアルコールスプレーを吹きかけて、丁寧に拭き取ります。

 

冷凍庫の霜が付いて拭きにくい箇所があれば、お湯拭きをすると良いでしょう。

パッキンの隙間などの細かい部分は、綿棒などを使って拭きとります。

 

外したパーツを洗う

棚板や引き出し、ポケットなどの外したパーツは、台所用の中性洗剤を使って丸洗いします。

 

柔らかいスポンジと中性洗剤を使ってきれいに洗ったらしっかりと乾かしましょう。

 

仕上げにキッチン用のアルコールスプレーを吹きかけて、きれいな布で丁寧に拭きます。

 

臭いの取り方

 


スポンサーリンク

 

庫内の臭いは、入れている食材の臭いや、汚れによるものです。

また、それらが混じり合っている臭いの場合もあるので、どちらにも対策をとる必要があります。

 

重曹を使う方法

小さめのビンに、重層を8分目まで入れます。

 

ガーゼを被せフタをして、輪ゴムで止めます。

 

2~3ヵ月で効果が無くなるので、庫内の臭いが気になるようになれば、重層を取り換えましょう。

消臭効果が無くなった重曹は、掃除や洗濯に再利用するのがオススメです。

 

クエン酸を使う方法

半月に一度を目安に、クエン酸水を使って拭き掃除をしましょう。

 

クエン酸水は、200mlの水に小さじ一杯のクエン酸を入れて溶かしたものです。

これをスプレー容器に入れて使いましょう。

 

クエン酸には殺菌効果があり、カビの繁殖やカビ臭を抑えてくれます。

自然由来の成分なので、食材を置いておく場所でも安心して使うことができます。

 

ただし、クエン酸の成分が残っていると棚板が傷む原因になるので、最後は必ず全体をきれいに水拭きしましょう。

 

市販の脱臭剤を使う方法

市販の冷蔵庫用や冷凍庫用の脱臭剤を入れておくのも良いでしょう。

 

臭いの予防方法

■古い食材を処分する

いくら冷凍でも、長期間保存していても食べないものは処分しましょう。

 

■食材は密封してから入れる

ラップだけでは密封できないので、タッパーや密封できる袋を使いましょう。

 

■こまめに拭き掃除をする

庫内を空にする掃除は頻繁にする必要はありません。

 

日頃のお手入れは、除菌効果のあるウエットティッシュで汚れを拭き取るか、アルコールスプレーを吹きかけ、きれいに拭き取るようにしましょう。

 

さいごに

 

 

汚れてしまったら、もちろん掃除しなくてはなりません。

しかし、汚れが目に見えなくても、菌や臭いのもとは常に存在しています。

 

日頃のこまめなお手入れを習慣付けることで、汚れや臭いを最小限に抑えることができます。

口に入る食材を保管する場所だからこそ、きれいに保っておきましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク