【蛇口のサビ取り方法】錆(青、赤、黒、緑青)の落とし方【水道の蛇口の掃除方法(クエン酸、重曹など)】



 

蛇口のサビは頑固で取りづらいイメージがありませんか?

 

個人的に擦っても簡単に取れないので掃除を諦めがちな場所でもあります。

 

本来の光沢感が蘇ったらどんなに気持ち良いことでしょう。

 

本記事では、蛇口のサビ取り方法を紹介しています。

 

蛇口のサビ取り

なぜサビは発生する?

10円玉が錆びる光景や食品の缶が錆びる光景はよく目にしますね。そもそもサビとは銅や鉄などの金属が、酸素に触れて時間をかけて結びついて発生します。しかし、ステンレス製キッチンの蛇口が錆びると、サビにくいステンレスがなぜ?と不思議に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?理由の1つとしては、キッチンには金属製の食器や缶、掃除用具などから「もらい錆び」しているからです。

 

蛇口などの水回りは水道水が含むミネラルなどが白く固まった水垢、金属部分の酸化によるサビができやすいでしょう。逆を言えば、水分をこまめに取り除くことでサビは防止できます。

 

サビの色について

古びた印象を持たせるサビは邪魔者扱いされることが多いですね。しかし、サビも種類によっては有益なサビもあるとご存じでしょうか?

 

道端で見かけるドラム缶が赤サビに染まっている姿をよく見かけます。赤サビは進行が早く、どんどんサビを増やして腐食させてしまいます。できた箇所は鉄が腐っていることからボロボロと崩れやすく、物としての強度は下がってしまいます。

 

一方で、同じサビでも黒サビはサビが生えるのを抑制する力があります。独特の風合いが魅力の南部鉄器は、黒サビの特性を生かして、サビを発生させないためにわざと黒サビをつけて加工しています。

 

また、大仏様の表面を覆う青サビも同様の効果があると知られています。銅製品に発生しやすく、緑青と呼ばれるサビの色です。他にも、車のホイールなどのアルミ製品に発生しやすい白サビという種類も存在します。素材によっても違う色のサビができるのですね。

 

 

サビ取り方法

 

続いては具体的なサビ取り方法について学んでいきましょう。ご自宅で活躍する掃除用品を使った取り方や専用品をご紹介しながらお伝えしていきます。

 

歯磨き粉を使う

初期のサビであれば歯磨き粉を使って落とすことができます。歯磨き粉に含まれる研磨剤がサビを落とす役割を果たします。使い古した歯ブラシでこすって水ですすぎましょう。

 

酢(クエン酸)と塩を使う

サビ落としには、お酢やクエン酸などの酸が持つ「還元作用」を利用すると効果的です。サビは金属が酸化して起こるものですが、その酸化した金属から酸素を切り離し元に戻す作用を「還元作用」といいます。還元作用を利用し、研磨作用のある塩を使うことでサビ取り効果を上げます。

 

◆必要なもの

・酢

・塩

・水

・サビ取り剤を作る容器

・スポンジや古歯ブラシ

・雑巾

・ラップもしくはキッチンペーパー

 

手順

①容器にクエン酸と塩を1:1の割合で混ぜ合わせて、適量の水を加えます。

完全には溶けきらないので、ざらざらしていても大丈夫です。

②古歯ブラシやスポンジに①をとり、サビの部分に塗ります。

③塗った部分にラップもしくはキッチンペーパーを貼り付け、30分~1時間待ちます。

④時間が経ったら、スポンジや歯ブラシを使ってこすります。

貼り付けていたラップを丸めて使って、こすっても良いでしょう。

⑤落とし終えたら、しっかり水ですすぎます。

⑥濡れたままにしておくと、新たなサビの原因になるので、必ず最後に雑巾やタオルでしっかりと拭きましょう。

 

重曹とクエン酸を使う

重曹をペースト状にすることで研磨作用が働き、汚れを落としやすくしてくれます。水垢やサビには「酸性」のクエン酸が効果的で、カビの栄養源になる手垢や石鹸カスなどの汚れには、「アルカリ性」の重曹が効果的です。2つを組み合わせることで汚れ落ちをアップさせることができるでしょう。

 

必要なもの

・重曹

・クエン酸

・水

・混ぜ合わせる容器

・古歯ブラシ

・ラップもしくはキッチンペーパー

・雑巾

 

手順

①容器に、重曹とクエン酸を1:1の割合で混ぜ合わせ、水を少量加えてペーストを作ります。

加える水の量を減らせば、より粘度が高く密着しやすいペーストになりますよ。

②①で作成したペーストを、古歯ブラシで汚れの気になる部分に塗布します。

③ラップやキッチンペーパーを上から貼り付け、30分~1時間時間を置きます。

④少し時間を置いた後、古歯ブラシで軽くこすり、お湯で流します。

⑤最後に雑巾やタオルでしっかりと拭いて、磨きましょう。

 

金属磨き用品を使う

最終手段として金属磨き用品を使うという方法もあります。お風呂場や洗濯機の蛇口などにできた点々のサビなど、こすることで除去に取れていきます。最近はこすっても表面を傷つけにくい加工がされた商品も多数あるので、試してみると良いでしょう。しかし、蛇口の素材によっては、強くこすりすぎると表面に傷をつけて、逆にカビやサビを発生させる原因になります。使用時は目立たない箇所で試してから、作業して下さい。

 

 

専用のサビ取り剤を使う

しっかりサビを取り除きたい!という方は専用のサビ取り剤を使えば、手軽に掃除が可能です。蛇口だけでなく、自転車や自動車などのサビ取りにも使える商品も多いので、色々な場所で大活躍しそうです。簡単に取れると進んで掃除したくなりそうですね。

 

 

注意
トイレの酸性洗剤を使ってサビを取る方法があるとされていますが、適切な方法や分量で行わないと逆効果になることがあります。トイレ用の汚れの代名詞・尿石汚れに対して、大量の水と洗浄・清掃することを大前提で作られています。誤った方法で行うと蛇口が黒ずむ危険性や変色する危険性が発生します。変色してしまったら素人ではどうすることもできません。どうしても落とせないサビについてはプロの専門業者に相談しましょう。

 

 

サビの予防法

 

落とすのに一苦労なサビなので、日頃の使い方を注意して予防しておきたいものですね。簡単にできるサビの予防方法を知って、実践しましょう!

 

金属製のものを近くに置かない

シンクにありがちなのが、金属製の食器を洗わずにそのまま置きっぱなしにすることです。もらいサビで蛇口が錆びる危険性があるので、溜めこまずになるべく早く片付けるようにしましょう。また、他にも掃除用具として便利な金タワシも掃除後は片付ける、など工夫して離して保管すると良いでしょう。

 

水滴をこまめに拭き取る

水滴がついたままにしておくと、水垢やカビ、サビの原因になります。こまめに拭き取るように心がけましょう。蛇口周りにクロスを常備して、使用後に拭き取る癖をつけておくと常にキレイな状態を保てますよ。

 

防錆剤を塗る

直接口が触れないような場所であれば、防錆剤を塗って予防しても良いでしょう。屋外に設置してある蛇口やトイレの流れ口、排水パイプなどにも利用してみてはいかがでしょうか?スプレータイプの防錆剤は、一旦布にふきつけてから、塗りたい場所に広げればキレイな仕上がりにできるそうですよ。サビができると使用感を左右する、自転車やバイクのチェーンなどにも使えます。

 

 

サビは時の流れを感じさせる骨董品?

サビが生えた物=古びた物という捉え方ばかりではありません。近年流行りの古民家カフェなどでは、サビた物を使った家具や道具をインテリアの一つとして捉える場も増えています。ブリキ製ジョウロは観葉植物を入れる鉢植えとしても人気が高いです。もちろん、それぞれの場所に合った雰囲気でサビは取り除いた方が良い場合もありますが、サビは時の流れを感じられるレトロ品でもあります。捉え方ひとつでサビの印象も変わりそうですね。