【蛇口のサビ取り方法】錆(青、赤、黒、緑青)の落とし方【水道の蛇口の掃除方法(クエン酸、重曹など)】



 

蛇口のサビは頑固で取りづらいイメージがありませんか?

 

個人的に擦っても簡単に取れないので掃除を諦めがちな場所でもあります。

 

本来の光沢感が蘇ったらどんなに気持ち良いことでしょう。

 

本記事では、蛇口のサビ取り方法を紹介しています。

 

蛇口のサビ取り

なぜサビは発生する?

10円玉が錆びる光景や食品の缶が錆びる光景はよく目にしますね。そもそもサビとは銅や鉄などの金属が、酸素に触れて時間をかけて結びついて発生します。しかし、ステンレス製キッチンの蛇口が錆びると、サビにくいステンレスがなぜ?と不思議に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?理由の1つとしては、キッチンには金属製の食器や缶、掃除用具などから「もらい錆び」しているからです。

 

蛇口などの水回りは水道水が含むミネラルなどが白く固まった水垢、金属部分の酸化によるサビができやすいでしょう。逆を言えば、水分をこまめに取り除くことでサビは防止できます。

 

サビの色について

古びた印象を持たせるサビは邪魔者扱いされることが多いですね。しかし、サビも種類によっては有益なサビもあるとご存じでしょうか?

 

道端で見かけるドラム缶が赤サビに染まっている姿をよく見かけます。赤サビは進行が早く、どんどんサビを増やして腐食させてしまいます。できた箇所は鉄が腐っていることからボロボロと崩れやすく、物としての強度は下がってしまいます。

 

一方で、同じサビでも黒サビはサビが生えるのを抑制する力があります。独特の風合いが魅力の南部鉄器は、黒サビの特性を生かして、サビを発生させないためにわざと黒サビをつけて加工しています。

 

また、大仏様の表面を覆う青サビも同様の効果があると知られています。銅製品に発生しやすく、緑青と呼ばれるサビの色です。他にも、車のホイールなどのアルミ製品に発生しやすい白サビという種類も存在します。素材によっても違う色のサビができるのですね。

 

 

サビ取り方法

 

続いては具体的なサビ取り方法について学んでいきましょう。ご自宅で活躍する掃除用品を使った取り方や専用品をご紹介しながらお伝えしていきます。

 

歯磨き粉を使う

初期のサビであれば歯磨き粉を使って落とすことができます。歯磨き粉に含まれる研磨剤がサビを落とす役割を果たします。使い古した歯ブラシでこすって水ですすぎましょう。

 

酢(クエン酸)と塩を使う

サビ落としには、お酢やクエン酸などの酸が持つ「還元作用」を利用すると効果的です。サビは金属が酸化して起こるものですが、その酸化した金属から酸素を切り離し元に戻す作用を「還元作用」といいます。還元作用を利用し、研磨作用のある塩を使うことでサビ取り効果を上げます。

 

◆必要なもの

・酢

・塩

・水

・サビ取り剤を作る容器

・スポンジや古歯ブラシ

・雑巾

・ラップもしくはキッチンペーパー

 

手順

①容器にクエン酸と塩を1:1の割合で混ぜ合わせて、適量の水を加えます。

完全には溶けきらないので、ざらざらしていても大丈夫です。

②古歯ブラシやスポンジに①をとり、サビの部分に塗ります。

③塗った部分にラップもしくはキッチンペーパーを貼り付け、30分~1時間待ちます。

④時間が経ったら、スポンジや歯ブラシを使ってこすります。

貼り付けていたラップを丸めて使って、こすっても良いでしょう。