【天井のお掃除】ヤニで汚れた天井の掃除方法を紹介!


スポンサーリンク

タバコを吸う人のほとんどが気になる、壁や天井についたヤニ。

しかも、ほとんどのお宅の壁紙は白系なので、黄色く染まったヤニが目立ちますよね。

中にはお客様が吸うために、ヤニがついてしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でもヤニの落とし方って意外と知らない方が多いですよね。

「壁ならまだしも天井なんてどうやって掃除したらいいのか分からない」

という人も多いはずです。

そこで今回は、タバコのヤニで汚れてしまった天井をキレイにお掃除する方法をご紹介します。

 

天井に付着しているホコリを取りましょう

スポンサーリンク

天井はホコリがつきにくいと思われがちですが、普段あまりお掃除しない場所だけに意外とホコリがついているものです。

ホコリがついているとヤニの影響だけではなく、ホコリ焼けを起こして黄ばんできたりしますので注意が必要です。

ではどのように天井のホコリを取るのかというと、ポリバタキを使ってホコリを取ることをおすすめします。

よく本屋さんなどでパタパタとホコリを取っている、あれですね。

でも実はポリバタキはパタパタとやってもホコリを舞い上がらせてしまうだけです。

ですので使用する前に2、3回軽く振って、静電気を起こしてからなでるだけで良いのです。

そうすると静電気の力でホコリを吸着してくれます。

まずはこれで天井のホコリを取りましょう。

また、目に見えるほどの大きなホコリは掃除機で吸い取るといいです。

 

水拭きをしましょう

ヤニそのものは水に溶ける汚れですので、軽いヤニ汚れであれば水拭きで落ちます。

ホコリを取った後は水拭きをしましょう。

この時注意していただきたいのは、天井の壁紙の素材です。

一般的に使われることの多いビニールクロスであれば水拭きが可能です。

気になる場合は目立たない場所で試し拭きをしてみてください。

 

洗剤を使ってヤニを落としましょう

スポンサーリンク

水拭きをしても落ちないヤニ汚れには洗剤が必要です。

どんな洗剤を使えばいいのかというと、意外と知られていませんがヤニ取り専用の洗剤もありますので、こういったものを使うと効果的です。

でも、なかなかこういったものをお持ちの方もいらっしゃらないと思いますので、壁紙用洗剤がある方はそれをご使用ください。

壁紙用洗剤がなければ中性洗剤(食器洗い用洗剤など)を100倍ほどに薄めたものや、オレンジオイル洗剤を薄めたものを使うとよいでしょう。

 

仕上げに水拭きをして、乾拭きをしましょう

洗剤を使用した後は水拭きが基本です。

しっかりと水拭きをしましょう。

水拭きが終わったら仕上げに固く絞ったタオルや雑巾などで拭きましょう。

水分が付着したままになっていると、カビの原因となります。

この時、換気しながら作業をすることをおすすめします。

 

 さいごに

上記の方法でお掃除すれば、黄ばんだヤニ汚れも大分キレイになります。

しかし、時間が経ったヤニ汚れを完全にとることは難しいです。

こまめに掃除することをおすすめしますが、やはり一番の汚れ防止策はタバコを吸わないことです。

完全にヤニ汚れのないお部屋にするためにはこれしかありません。

吸われる方は多少のヤニ汚れは仕方ないと割り切ることが大切です。

そして、やはりこまめにお掃除することが大切です。

ぜひ上記の内容を参考に、お掃除してみてはいかがでしょうか。

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク