【カメラレンズの掃除方法】カビの取り方や汚れ(指紋など)の清掃方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、カメラレンズの掃除方法を紹介しています。

 

指紋・ほこりの除去方法

メガネ拭き

 

普段のお手入れをするのに、メガネ拭きがおすすめです。

 

メガネ拭きは、その名もメガネに付いた指紋やほこりを取り、更にメガネレンズを傷つけない性質があります。

 

そのためカメラレンズにも適しており、ちょっとした指紋やほこりを取るためのデイリー使いに適しています。

 

掃除機

 

車内用の細かい部分を掃除するための掃除機で、カメラレンズのほこりを除去することができます。

 

細かい部分のほこりは爪楊枝でかきだしてから吸い取ると良いでしょう。

 


スポンサーリンク

 

レンズペン

 

カメラレンズだけでなく、液晶画面のメンテナンスにも使用できるレンズペンで、レンズの手入れをすることができます。

 

電動でペン先のブラシが回転し、汚れをふき取ってくれます。

 

エアダスター・シリコンブロアー

 

レンズの細かい部分の中々取れないほこりは、エアダスターの利用をおすすめします。

 

エアダスターには細いノズルが付いていますので、細かい部分まで入り込んだほこりを吹き飛ばせます。

 

また、エアダスターと同じような道具で、シリコンブロアーがあります。

 

シリコンブロアーは自分で風量や風圧を変えることができますので、慎重派の方におすすめの道具です。

 

エアダスターやシリコンブロアーは、100均でもの購入できるので手軽に試せる方法です。

 


スポンサーリンク

 

カビの除去方法

クリーニングティッシュ

 

レンズのカビを除去するなら、クリーニングティッシュの利用をおすすめします。

 

アルコールが含まれておらず、レンズや液晶用として作られているため、レンズ表面に影響することなくクリーニングをすることができます。

 

お手持ちのウェットティッシュでも手入れすることができますが、ティッシュの目の細かさがやはり違います。

 

しっかりキレイにしたい方には、クリーニングティッシュでのカビの除去をおすすめします。

 

レンズクリーナー

 

レンズクリーナーにはアルコールが含まれており、カビを根こそぎ除去してくれます。専用のクリーニングペーパーをりようすれば、レンズに傷を付けることなく拭きとることができます。またカビの除去だけでなく、普段の汚れを取ることもできるため特別な手入れとして用いる方が多いです。

 

掃除を依頼する

 

カメラレンズ内にカビが生えてしまった場合、素人の手入れは難しくなってきます。

 

そのため、業者に掃除・修理依頼をすることをおすすめします。

 

カメラのキタムラ』では、カメラの修理を行っています。

 

しばらく使用していなく古くなってしまったカメラなど、キタムラでの修理を依頼しましょう。

 

パーツを分解して修理するため、レンズはもちろん様々な部品のほこりやカビを除去して作業を進めてくれます。

 

株式会社フクイカメラサービス』では、カメラレンズに特化して修理を行っています。

 

フクイカメラサービスでは、デジタルカメラ·ビデオカメラの各メーカー8社の修理認定店なため安心して任せることができます。

 

さらに、無料集荷、無料配手数料無料、無料リサイクルなため、お近くに店舗がなくても宅配で修理の依頼ができます。

 

加えて、修理後6ヶ月長期修理保証がつくなど、様々なサービスを提供しています。

 

料金の相場

カメラのキタムラで修理を依頼すると、メーカーへの取次料として1080円(税込)で掛かります。

 

そしてカメラの種類によって料金は異なりますのでご注意ください。

 

フクイカメラサービスでも、カメラの種類によって修理費用が異なります。

 

どの業者でも数千円は相場として掛かりますので、多目に見積もっておきましょう。

 

依頼方法

カメラのキタムラに依頼するには、店頭に直接持ち込むか、インターネットから修理を依頼しましょう。

 

依頼してから10日以内で見積をだしてくれますので、その後2~3週間でカメラを修理してくれます。

 

フクイカメラサービスに依頼するには、ホームページから修理の依頼を行いましょう。

 

その後、無料宅配でカメラを送ります。その後、修理可能であればそのままプロの整備士が修理をしてくれます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク