【仏壇の掃除方法】道具や掃除の仕方、運気との関係性などを紹介


スポンサーリンク

 

本記事では、仏壇の掃除方法を紹介しています。

 

仏壇と運気

仏壇は長い年月に渡り家に置いておくものですから、知らず知らずのうちにほこりをかぶってしまったりカビが生えてしまったりと劣化が進んでいきます。

 

自分の立場になって考えてみると、そのように手入れのされていない仏壇に納められたいでしょうか?

 

仏様も同じです。

 

きちんと手入れのされた仏壇であれば、家族を見守り安らかに過ご過ごすことができるでしょう。

 

仏様が安らかな気持ちで過ごされているご家庭は、自ずと運気が上がると言われています。

 


スポンサーリンク

 

仏壇と運気の関係性

 

一般的に亡くなられた方はお葬式で供養されますが、その後仏壇に奉られた後でも供養は続いていくと考えられています。

 

そのため、仏壇と運気の関係性は強く、良い気を貯め込みやすいのも、悪い気を貯め込みやすいのも仏壇と言われています。

 

また、風水学的にも神様は汚れて手入れされていない仏壇を見ると、居心地が悪くその家からは立ち去ってしまうとも言われています。

 

それ故運気は上がりにくくひどい場合には悪運を呼び込んでしまいます。

 

掃除は開運につながるのか

 

やはりきれいなお家であれば開運に繋がります。

 

お寺や神社に参拝されたあと、多くの人が願いや思いを達成できるよう神様や仏様にお願いをされますよね。

 

参拝の後は、神様や仏様が自宅へ付いてこられます。

 

その時にまずきれいにしておかなければならないのが、玄関です。玄関が汚いと神様仏様はその時点でお住まいに帰られます。

 

その後、寝室に行きひと休みをされたのちに、神様仏様もお腹がすくため台所へ向かいます。

 

もちろん寝室、台所が汚くても帰ってしまいます。

 

更に仏壇を必ず確認し、先祖を大切にしているかどうかを見ていると言われます。

 

仏壇がきれいであれば、先祖を大切にしていると判断され、運気を上げたりその家をお守り下さりますので仏壇に限らず掃除は日ごろからしておきましょう。

 


スポンサーリンク

 

掃除のやり方

 

仏壇は大きく分けて2種類に分かれます。

 

一般的なのが唐木製の仏壇で、もう1つが金箔であしらわれた仏壇です。

 

それぞれに適した掃除グッズがありますのでいくつかご紹介します。

 

唐木製

◆道具

唐木製のものは手入れがしやすいため、美術用品の『筆』最適です。

 

取り出せる仏具は出して、筆でほこりを落としていきましょう。

 

更に細かいところは、『綿棒』がおすすめです。

 

綿棒にほこりや汚れが絡み付くので、その後の処分も簡単です。

 

◆洗剤

一般的な洗剤を使うと洗い流さなければならず、余計な水分を含んでしまいますのでおすすめはしません。

 

そんな時には仏具用クリームがありますので、古布にクリームを少量付けて仏具を磨く様にしましょう。

 

筆や綿棒でほこりを撮った後に行うとより一層輝きを取り戻すでしょう。

 

金箔製

金箔製のものは素人の手入れは難しく、出来れば業者に依頼することが望ましいです。

 

しかし自分で手入れされたい方には、仏具クリームや仏具スプレー、金属磨きなどがおすすめです。

 

それらを丁寧に仏具に塗ったり吹きかけるだけで手入れは完了します。

 

金箔製のものは特に湿気に弱いため、からっと晴れた良い天気の日に行うようにしましょう。

 

 

掃除方法

まず、現状の仏具の位置を忘れないためにも携帯で写真を撮っておくようにしましょう。

 

そして掃除は、高い所から低い所へと順に追って行っていきます。

 

①初めに仏具を全部取り外す。

 

 

②筆や綿棒を使ってほこりを落とす。

 

 

③仏具用クリームを塗ってつやを出す。

 

 

④写真を見ながら正しい位置に仏具を納める。

 

この時に、絶対にしてはならないことが濡れ雑巾で拭かないことです。

 

仏壇は湿気に弱いため、必ず空拭きを行いましょう。

 

目の粗い雑巾は仏具を傷つけますので、パイル製の雑巾や不要なストッキングでも傷つけることなく手入れをすることができます。

 

業者に依頼する

◆依頼できる業者

『仏壇修理.com』では修理から手入れ・クリーニングまで行ってくれます。

 

全国対応していますのでどなたでも利用が可能です。

 

◆料金

業者によって異なりますが、掃除料金は5万円~20万円が相場と言われています。

 

もちろん大きな仏壇や金箔製のものはより多くの料金が掛かると想定しておきましょう。

 

◆依頼方法

依頼方法は、業者のホームページにアクセスをし専用フォームや電話での依頼が多いです。

 

仏壇修理.comでは24時間365日無料でお電話での問い合わせが可能です。

 

まずは気軽に相談からしてみましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク