【浴槽のサビの落とし方】ハイドロハイターや重曹、クエン酸でサビ取り!【錆止め】



 

浴槽に赤茶色いシミのようなものができたことはありませんか?

 

浴槽だけではなく、キッチンのシンクにも空き缶や鍋を置きっぱなしにしていると跡が残っていることがあります。

 

こすれば取れるだろうと時間が経ってから磨くと、全く取れる気配がなし…

 

思った以上に頑固なシミになって取れないこともしばしばあります。

 

本記事では、浴槽についたサビの落とし方を紹介しています。

 

浴槽のサビの落とし方

サビができる原因は「もらいサビ」

鉄製品が酸化したことにより、サビが発生することをご存知の方も多いでしょうか?

 

しかし、浴槽はプラスチックやタイルでできているものが多いです。鉄製ではない浴槽がどうしてサビてしまうのでしょうか?その理由として、「もらいサビ」していることが原因と考えられます。

 

もらいサビとは、鉄を含む金属製品から他の物にサビが移る現象をいいます。浴槽でよくあるのがカミソリやヘアピンなどを置いたり、水道水に含まれた鉄分が移って起こります。

 

浴槽だけではなく、キッチンのシンクに缶や鉄製鍋を置いておくと跡が残ることもあります。他にも、金属製品が装飾としてついた服や鞄などを浴槽で洗う機会があれば、それが原因となって、もらいサビする可能性もあるでしょう。

 

もらいサビを防止するには?

もらいサビを防止するには、金属製品を長時間接触させないこと・サビ止め剤を使うことで対策になります。鉄製品を長い時間接触させていると、それだけサビの成分が浸透して取れづらくなります。

 

そうはいっても忘れてしまう場合もあるので、事前にサビ止め剤をつけて予防しておくことも大事です。ちなみに、我が家ではヘアピンやヘアゴム入れを脱衣所に設置し、お風呂場の壁に吸盤でくっつけられる入れ物へカミソリを置くようにして定位置を決めています。物の定位置を決めることで、置き忘れや戻し忘れも防止できるので良いですよ。

 

 

サビの落とし方

 

サビは時間の経過とともにどんどん落としづらくなります。初期であればこすることで取れるものもあれば、頑固なものであれば専用剤を使う必要がでてきます。サビの度合いに応じて、対処方法を変えてみましょう。

 

注意
浴槽に使われる素材(大理石など)によっては、下に紹介する道具を使えない場合もあります。使用上の注意点を確認して、問題ない場合のみ使用して下さい。

 

歯磨き粉と歯ブラシを使う

歯磨き粉には研磨剤が含まれており、この力を利用してサビをこすり取ります。そこまでサビが定着していない場合であれば、根気よくこすって取れるかもしれません。ただし、こすりすぎると浴槽を傷めますので、力加減には注意しましょう。

 

クレンザーを使う

クレンザーも歯ブラシ同様に研磨剤が含まれたものです。こちらも軽度のサビに有効的な方法です。適量のクレンザーを柔らかいスポンジやメラミンスポンジにつけて、サビをこすりましょう。キッチン用などは粒子が粗いため、浴室用など粒子が細かいタイプを選べば、浴槽に傷がつきづらいですよ。

 

 

トイレ用塩酸洗剤を使う

鉄が酸に溶けることを利用した方法です。トイレ用塩酸洗剤をキッチンペーパーなどに浸してサビた部分をパックします。ゴム手袋やマスクを着用し、十分な換気が行える環境で作業しましょう。

 

パックした状態で約30分時間を置きます。サビが薄くなっていたら、キッチンペーパーやスポンジでこすり洗いし、その後しっかり水ですすぎ洗いましょう。場合により浴槽を傷める可能性もあるので、必ずご自宅の浴槽のお手入れ方法を確認してから使用して下さいね。

 

 

 

ハイドロハイタ―を使う

ハイドロハイタ―とは弱アルカリ性の「還元型漂白剤」と呼ばれる漂白剤の一種です。使い方は通常の漂白剤と変わりありません。漂白したいものに漂白剤で浸け置きしたり、直接かけて時間を置きます。

 

色柄物には使えず、白物のみに使用するように作られています。聞いたことがない方も多いかもしれませんね。

 

漂白剤といえば、塩素系や酸素系漂白剤が主流ですが、これらの漂白剤は「酸化型漂白剤」に当たります。

 

還元漂白剤と何が違うのかというと、漂白する過程に違いがあります。

 

汚れを落とす働き方が違うので、酸化型漂白剤で落とせなかった汚れも還元型漂白剤を使うことで落とせるケースもあるそうです。試してみる価値がありそうですね。

 

必要なもの

・お湯(40~60℃前後)

・還元型漂白剤

・ラップやキッチンペーパー

・スポンジ(効果を高めたい場合はストッキング)

 

手順

①約40~60℃のお湯に還元型漂白剤を溶かし、その中にキッチンペーパーを浸します。

 

②サビの上に①のラップやキッチンペーパーをしっかりかぶせ、20分時間を置きます。

 

③柔らかいスポンジでこすり、キレイに洗い流しましょう。

 

不要なストッキングを水で濡らしたもので擦るとサビがキレイに取り除けます。

 

ラップをかぶせた場合は、丸めたラップでこすってもキレイになります。

 

ハイドロハイタ―は人によって強い薬品臭のように感じる方もいるので、十分な換気をしながら作業しましょう。

 


 

 

重曹やクエン酸を使う

重曹は研磨剤として使えるアイテムです。また、クエン酸が持つ「還元作用」という働きを利用して、サビ取りを行います。還元作用とは鉄サビなどが酸化する前の状態に戻してくれる働きをさします。

 

サビの状態によっては重曹とクエン酸を単独で使用してもかまいませんが、頑固なサビの場合は両方を併用して取り除きます。

 

必要なもの

・重曹

・クエン酸

・水

・スポンジやブラシ

・ラップもしくはキッチンペーパー

 

手順

①サビた部分に粉末の重曹と少量の水をかけます。

 

サビが隠れるくらい、重曹をたっぷりかけましょう。足す水の量は多すぎると良くありません。重曹と水を混ぜてペースト状になるくらいの分量だと、粘度が高く密着度が高められます。

 

②スポンジやブラシなどでこすり洗いします。

 

③重曹をかけた所に、クエン酸を適量ふりかけましょう。

 

重曹とクエン酸が反応すると発泡し始めます。発泡が確認できない場合は水を足してみて下さい。

 

もしくはクエン酸を水で溶かしたものを、市販のスプレーボトルに入れて噴射する方法もあります。目安の割合は水200mlに対し、小さじ1です。

 

④ラップもしくはキッチンペーパーを上からかぶせ、乾燥を防いで浸透力を上げます。

 

⑤1時間そのまま待ちます。

 

⑥スポンジやブラシでこすり洗いし、サビを落としていきます。

 

⑦シャワーなどで汚れを洗い流し、キレイにします。

 

 

サビ取り専用剤を使う

サビ取りに特化したサビ取り剤を使う方法もあります。専用剤を使うことであまり労力や時間をかけずにすみます。短時間で効果を得たい場合におススメです。サビた箇所に専用剤を塗り込み、適宜キレイにこすり洗いします。チューブタイプやクリームタイプなど手で直接触ることに抵抗を感じる場合は、不要なスポンジやウエスにつけてから塗りましょう。

 

下に紹介した商品はサビが薬剤と反応すると紫色に変化し、浮き上がったサビをこすれば落とせるそうです。目に見えてサビが落ちていくのは快感ですね!

 

 

自力で取れない大がかりなサビは専門業者に依頼を!

表面上についたサビであれば、上に紹介した取り方で落とすことができます。

 

しかし、ホーロー浴槽などは、サビが浸透・進行することで穴が開くこともあります。

 

表面上のサビであれば、補修材を塗ることで対処できますが、それ以上となると専門業者で適切な対処をしてもらう必要があります。

 

特にホーロー浴槽は鉄素材の上にガラス素材が特殊加工されたものも多く、取り換えるとなると費用も高く、大変な作業になるそうです。そうなる前にこまめなお手入れを実践して、サビが進行しないようにするのが大切ですね。