【革製の靴・スニーカーのお手入れ】汚れの落とし方を紹介!


スポンサーリンク

 

カジュアルでありながら、しっとりと大人の雰囲気を醸し出してくれる革スニーカー

使えば使うほど味が出て、世界で一足だけのオシャレアイテムになります。

 

ですが、長く使うにつれて汚れはつきもの。

今回はそんな革スニーカーのお手入れ方法をご紹介します。

 

合皮製のスニーカーであれば、さっとブラシで払ったあと水洗いすることが可能です。

一方で本皮製のスニーカーの場合、少し特殊なお手入れが必要です。

 

一般的な革靴のお手入れ方法

スポンサーリンク

 

まずは、一般的な革靴のお手入れ方法を簡単にご紹介します。

①ブラシで汚れを払う

 

②革用のクリーナーをつけた布で汚れを取る

 

③革用のクリームで磨く

 

④ブラシで余分なクリームを払う

 

 

本皮スニーカーのお手入れ方法

 

■必要な道具

  • ブラシ(埃、汚れを払う用)
  • ブラシ(クリームを塗り込む用)
  • ブラシ(余分なクリームを払う用)
  • 布(柔らかめの綿。着古したTシャツが最適です)
  • 革靴用リムーバー
  • 革靴用クリーム

まずはこれだけ揃っていれば本皮のスニーカーもピカピカになります!

 

■手順

では、本皮スニーカーの汚れを落とすお手入れ方法をご紹介します。

 

①まず、紐を外します。

スニーカーといえば紐が付いているデザインが多いですね。

 

ブラシで表面の汚れを払います。

ここは一般的な革靴のお手入れと同じです。

 

③次に、リムーバーでスニーカー全面を拭きます。

購入後の革スニーカーは予めクリームが塗ってあります。

ですので、その上から新たにクリームを塗ってしまうとふたつが混ざり合い、ついていた汚れを巻き込んでしまうのです。

 

表面を傷つけないよう丁寧に、布で拭き取っていきましょう。

 

ブラシで乳化性クリームを塗り込んでいきます。

布じゃなくてブラシで?

と思われるかもしれませんが、細かい縫い目の多いスニーカー。

 

隙間にムラなく塗り込むにはブラシが便利なのです。

おすすめはペネトレイトブラシです。

 

クリームには無色と色付きがありますが、スニーカーにはさまざまな色や性質に使用できる無色をおすすめします。

 

⑤余分なクリームをブラシで払います。

 

①で外した紐ですが、革素材でない限り洗剤をつけた布で拭き取りましょう。

汚れがひどい場合はぬるま湯に溶かした洗剤につけ置きしてもよいです。

 

【靴ひものお洗濯】靴紐の汚れの落とす洗い方を紹介

 

突然の雨でひどく汚してしまったときの対処方法

スポンサーリンク

 

基本的に本革のスニーカーは水洗いはできません。

突然の雨で汚れてしまった、泥だらけの水たまりに飛び込んでしまった場合に思い切って水洗いする方法もあります。

 

革専用洗剤とタオルを追加でご用意ください。

 

①紐を外し、革スニーカーの表面をブラシで払います。

 

②リムーバーで汚れを拭います。

ここまでは通常の洗い方と同じですね。

 

ぬるま湯につけます。

しっかりと浸すのではなくさっとくぐらせます。

 

④少量の革専用洗剤を布につけ、表面を優しく拭います。

 

⑤ぬるま湯で洗剤をすすぎます。

 

洗剤が残っているとシミや色ムラの原因になりますので完全に落としましょう。

 

⑥タオルで水気を拭きます。

 

⑦風通しのいい日陰で干します。

 

⑧完全に乾いたらブラシでクリームを塗り込みます。

 

⑨余分なクリームをブラシで拭います。

 

専用洗剤という新しいグッズが出てきましたが、汚れはすぐ対処するのがベストです。

万が一のために前もって準備しておくのがいいかもしれません。

 

なお、革靴は頻繁に水洗いすると色落ちの原因にもなります。

表面を傷めることにもなりますので本当に緊急時の手段としてとっておいてください。

 

また、合皮のスニーカーも表面が硬くなってしまうのでつけ置き洗いはNGです。

洗い終えたあとは必ず日陰で干してくださいね!

 

さいごに

 

本皮のスニーカーを洗おうと思うと少し手間がかかります。

ですが、その維持も含めて「大人の履き物」と言えるのかもしれません。

ピカピカに磨き上げて、かっこよく履きこなしましょう!

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク