【革靴のシミ・黒ずみの取り方】汚れの落とし方・染み抜きのやり方!



 

使うほど足に馴染み、風合いが出てくる革靴。

 

使い続けていくうちに自分好みの柔らかさ・色合いになってくると、とても愛着が湧きますよね。

 

しかし、使う頻度や年数が多くなるほど気になってくる汚れ…

 

黒い革靴もですが、茶色い革靴だと汚れが目立ちやすかったりします。

 

本記事では、革靴の「シミ」「黒ずみ」の落とし方を紹介しています。

 

水シミの落とし方

 

水シミを落とすには全体をキレイな水に浸して、濡れた部分と濡れていない部分のムラをなくしていきます。

 

「表面の色味をぼかすことでシミが目立つのを改善する」といったイメージです。

 

落とし方①

シミが軽度の場合は、濡れタオルを使った方法を試しましょう。タオルは色移りしてもよいものをご用意下さい。そのほか、着古したTシャツやキッチンペーパーでも代用可能です。

 

◆必要なもの

・不要なタオル

・新聞紙

・靴用ケアクリーム

 

手順

①靴紐やインソールなどがある場合、事前に取り外しておきます。

靴用ブラシをお持ちであれば、表面を軽くブラッシングしておくと水気がなじみやくなります。

②タオルにしっかり水を浸し、軽く水気を残した状態に絞ります。

③②のタオルを使って、水シミができた箇所を覆うように靴全体に包みます。

④約30分~1時間置きます。

状態を確認しながら、時間は調整して下さい。

⑤水ジミが目立たなくなったら、新聞紙を靴の中へ入れて陰干しします。

新聞紙を詰めることで型崩れ防止や速乾効果が期待できます。

⑥しっかり乾いたら、靴用ケアクリームをムラなく塗って保湿しましょう。

クリームにムラができると、再びシミをつくる原因になってしまいます。少量を取り全体的に薄くのばし、足りない場合は追加していきましょう。余分なクリームは取り除きましょう。

 

落とし方②丸洗いする

シミが革内部まで到達している場合、表面の革を濡らす方法ではおそらく改善されないでしょう。そんな時は最終手段として、丸洗いしてしみ抜きすることも可能です。丸洗いする方法は黒ずみができた場合や、油シミがひどい場合にも効果的です。頑固な黒ずみや油シミに悩む方は合わせて確認しましょう。

 

※注意点※

革に含まれる固形成分の多くを占めるのはタンパク質です。そしてタンパク質はアルカリ性に弱いとされます。通常洗うときに使う固形石鹸や洗剤はアルカリ性に分類されるものが多いため、洗うことで革を少なからず傷めてしまうことは覚えておきましょう。少しでも傷みを軽減させるために、必ず靴専用のサドルソープを使うようにして下さい。

自分で行うことが心配な場合は、無理せずに靴専門のクリーニング店へお願いしましょう。

 

必要なもの

・サドルソープ

・革靴用リムーバー

・靴用ケアクリーム

・不要なタオル×2枚

・スポンジ

・新聞紙

 

手順

①靴紐やインソールがある場合は取り除きます。

靴用ブラシがある場合は、表面をブラッシングしてならしておきましょう。

②タオルに革靴用リムーバーをつけて、表面の残った油分を取り除いておきます。

③靴全体を水で濡らしましょう。

④サドルソープを泡立てて、スポンジで洗います。

⑤タオルで泡をキレイに拭き取っていきます。

⑥靴の中に新聞紙を詰めて、陰干ししましょう。

乾きやすくするために、新聞紙は2~3時間ごとにかえます。乾燥が不十分な場合、シミや変色の原因になりますので、しっかり乾かして下さい。

⑦靴用ケアクリームを薄くのばして塗り、保湿します。