【靴紐の洗い方】靴ひもの汚れの落とし方や洗濯方法を紹介!

スポンサーリンク

 

スニーカーや革靴など靴本体だけでなく、靴紐のお手入れもオシャレには欠かせません。

 

特に白や薄い色の紐の場合、汚れが目立ってしまい残念な印象になってしまいますよね。

 

本記事では、靴紐の汚れの落とし方洗い方ハトメの掃除方法などを紹介しています。

 

靴紐を洗う方法

 

靴紐は主に綿(コットン)でできているので水洗いできます。

 

革製の靴紐は水洗いは不可なので注意しましょう。

 

中性洗剤で洗う方法

◆用意するもの

・中性洗剤

 

・洗濯用ブラシまたは古歯ブラシ

 

中性洗剤を使用することで、生地への負担を抑えることができます。

 

中性洗剤はおしゃれ着用洗剤として販売されているものがおススメです。

 

 

◆手順

①乾いている状態の靴紐を伸ばし、中性洗剤を染み込ませます。

 

靴紐の汚れは主に泥汚れになります。

 

この泥汚れは、水で濡らすと繊維の奥に泥が入り込み、汚れがさらに落ちにくくなる可能性があります。

 

ですので、靴紐は濡らさず乾かした状態にすること、中性洗剤は水で薄めないように注意しましょう。

 

 

②中性洗剤を染み込ませた靴紐をもみ洗い、または古歯ブラシで優しくこすります。

 

色落ちしやすい素材もあるので、歯ブラシでこするのが適さないこともあります。

 

 

③もみ洗いが終えたら、水やぬるま湯でよくすすぎます。

 

 

④すすぎ終えたら、日の当たらない風通しの良い場所で乾かしましょう。

洗濯ネットに入れ脱水を行ってから乾かしてもよいでしょう。

 

平紐(平らになっている紐)は最後にアイロンをかけてあげるとピシッとして見栄えが良くなります。

 

特に泥汚れがひどいのであれば、中性洗剤の代わりに泥汚れ専用洗剤を使用してみてください。

 

 

【中敷き(インソール)の洗い方】中敷きの洗濯方法!靴(スニーカー)の中をキレイに!

 

スポンサーリンク

 

固形石鹸で洗う方法

 

泥汚れには固形石鹸が効果的です。

 

洗剤や漂白剤で浮かすことのできない泥汚れを落ちやすくしてくれます。

 

◆用意するもの

・固形石鹸

 

・洗濯用ブラシまたは古歯ブラシ

 

◆手順

①靴紐をぬるま湯で濡らし、濡れてもよい場所にまっすぐ伸ばして置きます。

 

②ブラシに固形石鹸をつけて、汚れをゴシゴシとこすります。

 

③水で綺麗にすすぎ、泥汚れが落ちていることを確認します。

 

④洗濯ネットに入れ洗濯機で洗い、洗い終えたら乾かして完成です。

 

スティックのりを使う

 

泥で汚れている場合にはスティックのりを使用すると効果的です。

 

のりが泥汚れを掴んで、そのまま水に溶けだしてくれます。

 

◆用意するもの

・スティックのり

◆手順

①汚れている部分にスティックのりを塗ります。

 

②塗った後、数分置いて乾かします。

 

③乾いたら、小さめの洗濯ネットに入れて洗濯機で洗います。

のりは水の中に溶け出すので心配ありません。

 

④洗濯後に乾かして完成です。

 

重曹・スクラブ洗顔料・歯磨き粉

スクラブや細かい粒子が繊維に入り込み、泥汚れを掻き出してくれます。

 

◆用意するもの

・重曹orスクラブ入り洗顔料or歯磨き粉

 

・洗濯用ブラシまたは古歯ブラシ

 

◆手順

①泥汚れが気になる部分に重曹などをのせます。

 

②重曹などを付着させたら、ブラシを使って優しくこすります。

 

③こすり終えたら、水やぬるま湯でよくすすぎます。

 

④洗濯ネットに入れ洗濯機で洗い、よく乾かして完成です。

 

白い靴紐は漂白剤でつけ置き

 

粉末の酸素系漂白剤を使って、靴紐をさらにキレイにしましょう。

 

酸素系の漂白剤であれば色落ちの心配がほぼないので、白以外にも使用できます。

 

◆用意するもの

・粉末酸素系漂白剤

 

・浸け置きする容器

 

・ぬるま湯(40~50℃)

 

水では効果が薄くなってしまうので、水温は汚れが落ちやすくなる40℃くらいにするのがポイントです。

 

◆手順

漂白剤を使った浸け置きは、他の方法で汚れを落とした後に行いましょう。

 

例)中性洗剤を染み込ませてもみ洗いする→すすぐ→浸け置き

 

①容器にぬるま湯と適量の漂白剤を入れて混ぜ、靴紐を浸け置きします。

 

浸け置き時間の目安は1~2時間です。

 

②汚れが浮いてきたら取り出し、流水で揉み洗いしながら、よくすすぎます。

漂白剤を使用するので、手荒れが気になる方はゴム手袋を着用してください。

 

③洗濯ネットに入れ洗濯機で洗い、乾かして完成です。

 

【中敷き(インソール)の洗い方】中敷きの洗濯方法!靴(スニーカー)の中をキレイに!

 

革製靴紐の洗い方

革靴の靴紐が革製である場合は、専用のクリーナーで洗いましょう。

 

その他にもオシャレ着用洗剤を使って洗う方法があります。

 

生地を傷めてしまう可能性もあるので、そのリスクを承知した上で行ってください。

 

基本は革製品用のクリーナーを使用しましょう。

 

 

◆用意するもの

  • 中性洗剤(オシャレ着用洗剤)

 

◆手順

①中性洗剤を手洗い用の濃度になるよう水で薄めます。

 

②布に①の液体を染み込ませ固く絞り、優しく靴紐を拭きます。

 

③最後に水を染み込ませてよく絞った布で丁寧に拭き取り、風通しの良い場所で陰干しします。

 

クリーニングに出す

お家で時間をかけて、落ちない汚れと戦い続けるのは大変ですよね。

 

だからといって、クリーニング屋に持っていき、取りに行くというのも面倒なものです。

 

そんなときにオススメなのが、宅配で靴をクリーニングしてくれるサービスです。

 

靴紐だけでなく、靴全体を高い品質で仕上げてもらえるので、お気に入りの一足やお手入れの難しい素材でも安心してお任せできます。

 

くつリネット

 

スポンサーリンク

 

ハトメの金属部分に付着したことによる汚れ

 

上記の方法で、多くの紐靴の汚れは落ちるのですが、他に非常に厄介な汚れがあります。

 

それは、ハトメ(紐を通す部分)に擦れてできた黒ずみです。

 

このハトメの汚れは金属が反応してできた汚れなので、落としにくい汚れになります。

 

私個人の意見としては、思い切って買い換えるのをおすすめします。

 

それでもあきらめきれない場合は、下記の方法を試してみてください。

 

レモン汁、クエン酸水を使う

◆用意するもの

・レモン汁またはクエン酸水

 

・ラップ

 

◆手順

①黒ずみ部分にレモン汁をかけて、その部分をラップで巻きます。

 

②ラップを巻いた状態で1日置きます。

 

③時間が経ったら、中性洗剤や固形洗剤、重曹などを使った汚れの落とし方で洗います。

 

重曹を使う

◆用意するもの

・重曹

 

・洗濯用ブラシまたは古歯ブラシ

 

◆手順

①重曹に水を少しづつ加えて、ペースト状にします。

 

②黒ずみ部分に重曹ペーストを塗り、3時間ほど放置します。

 

③時間がたったらブラシでこすり、水で洗い流します。

 

さいごに

 

 

◆靴紐の汚れを落とすのに使えるグッズ

 

・中性洗剤

 

・泥専用洗剤

 

・固形石鹸

 

・スティックのり

 

・重曹・スクラブ洗顔料・歯磨き粉

 

・酸素系漂白剤

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク