【クマ対策】熊の対策方法やオススメのグッズを紹介!


スポンサーリンク

 

 

人がクマに襲われる事件はたまにありますよね。

 

冬眠前や冬眠後は特に食糧を求めてクマが民家にやってくることがあります。

 

また、ハイキングや山菜・きのこ狩りのために山に入るときも遭遇する可能性があります。

 

そこで今回は、オススメのクマ対策グッズクマに出会ってときの対処法お家でのクマ対策をご紹介します!

 

オススメのクマ対策グッズ

 

■ロケット花火・爆竹

 

山に入る前に使うと効果的なのが、ロケット花火爆竹です。

 

これらは「人間がこれから山の中に入っていきますよ!」とクマ達に知らせる役割があります。

 

注意点としては、山の中に入ってから使用しないことです。

 

逆にクマを驚かせてしまい、近づいて襲ってくる可能性があります。

 

■ホイッスル・鈴・ラジオ

 

山に入る時に必ず身に着けてほしいグッズがホイッスルと鈴です。

 

これらを鳴らしながら歩くことにより、人間の存在ををクマに知らせることができます。

 

またラジオも同様に効果があります。

 

クマは音が聞こえると、人がいるということをわかってくれるので近づいて来にくくなります。

 

■クマ撃退スプレー

熊撃退スプレー 中型 (全国の複数の国公立機関・地方自治体正式採用品/JSDPA認定品)

 

クマが近寄ってこないように対策することが一番ですが、もしもの場合もあります。

 

急にクマが目の前に現れたり、ホイッスルや鈴の音を無視して近づいてくるクマに対して効果的です。

 

スプレーにはトウガラシなどクマの目を刺激する成分が含まれているため、嫌がって逃げていきます。

 

使用する上での注意は以下の通りです。

 

・いつでも使用できるようにする

リュックの中に入れておいても、ふいにクマが現れたときに対応できません。

 

ですので、腰に身に付けておくなど工夫が必要です。

 

・距離をとって使用する

距離が近いとスプレー中に襲われる可能性があるので、できれば4メートル以上離れたところから使用しましょう。

 


スポンサーリンク

クマに出会ってしまったら

 

■あわてて逃げない

クマがこちらに気付いていないようでしたら、素早くその場から立ち去りましょう。

 

こちらに気付いているようなら、クマの目を見ながらゆっくりと距離をとっていきます

 

急に猛ダッシュで逃げると、クマが驚いて襲ってくる可能性があります。

 

■近寄ってきたら存在をアピールする

クマが近づいてきた場合は、手を振るなど大きい動きをしたり、鈴やホイッスルを鳴らすなどして人間がいるということをクマに知らせましょう。

 

このときクマ撃退スプレーを用意する良いです。

 

■小熊に近寄らない

小熊に近づくと、子供を守ろうとする親に攻撃されてしまいます。

 

距離をとる際にも、小熊が近くにいないか確認するようにしましょう

 

■10メートル以内まで近づいてきたら話しかける

クマに話しかけて、敵意がないことを伝えましょう。

 

意味がないように思えますが、黙って立っているよりもクマからしたら違和感がありません。

 

お家でのクマ対策

 

 

山に入らなくても地域によってはご自宅にクマが現れるということがありますよね。

そういった方のための対策方法をご紹介します。

 

■ロケット花火・爆竹を使用する

 

■ホイッスル・鈴・ラジオを身に付ける

 

■クマ撃退スプレーを用意しておく

 

■屋外に食べ物を置かない

たいていのクマは食糧を求めて民家にやってきているので、食べ物やエサとなるものを置かないことが近づけさせないためには有効です。

 

■大きめの音を流す

大きめの音楽を流すことで、怖がって近づいて来にくくなります。

 


スポンサーリンク

 

まとめ

オススメのクマ対策グッズは

・ロケット花火・爆竹

・ホイッスル・鈴・ラジオ

・クマ撃退スプレー

 

クマに遭遇してしまった場合は

・あわてて逃げない

・近寄ってきたら存在をアピールする

・小熊に近寄らない

・10メートル以内まで近づいてきたら話しかける

 

ご自宅でのクマ対策は

・食べ物を屋外に置かない

・大きめの音楽を流す

 

上記の内容を参考に、クマ対策を行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク